ORICON STYLE

2010年10月06日
 この夏、デビュー5周年のメモリアルイヤーに突入したしょこたんが、10月6日に3枚目のアルバム『Cosmic Inflation』をリリース。前作から1年10ヶ月ぶりの新作ということもあり、アイドルポップからヘビーなロックまでが詰まった、しょこたんならではの超貪欲な1枚になっている。

自分のやりたいことができた最新アルバム

中川翔子

── 今回の『Cosmic Inflation』、しょこたんは、どんなアルバムにしたいと考えて制作に臨んだんですか?
【中川】 今回は新曲たちもすごい激しいロックや甘いアイドルポップがやりたいって言ったし、タイトルは『Cosmic Inflation』がいいなとか、ジャケット写真は80年代を意識した顔のドアップがいいなっていうことも言ったんですよ。だから、かなり自分のやりたいことを通させてもらったアルバムになりました。2枚目のアルバムの『Magic Time』から1年10ヶ月も空いたし、その間にツアーが2回と日本武道館でのコンサートもできて、まさに“Inflation(拡張)”みたいに、自分の歌がたくさんの人に広がって行っているのを感じてました。たくさんコンサートをやるなるで、生まれも育ちも全然違うメンバーが奇跡のように集まって、こうやって同じ歌を一緒に歌って生きて行ってるんだなぁっていうことを実感したので、これからもこんなふうにどんどん自分の歌が広がって、みんなの心がつながっていけばいいなぁって思って、このアルバムを作ったんです。
── 今しょこたんが言ったように、“王道アイドルソング!”っていう感じの「Jewelry heart」もあれば、ヘビーロックチューン「TYRANT too young」もあったりして、ものすごく振れ幅が広いですよね。
【中川】 ゴリゴリのロックとすごいアイドルポップと、どっちもハッキリしてる。そういうところは1枚目のアルバム『Big☆Bang!!!』のイメージに近いかなって思います。『Big☆Bang!!!』がおもちゃ箱っぽい感じだったんで、次の『Magic Time』はちょっと落ち着いた大人っぽい雰囲気にした。でも、丸4年たって、やっぱり自分はこういうのが作りたいんだ!って明確な意志を持って作ったのが今回のアルバムです。だから、実はタイトルもつながっていて、1枚目の“Bigbang”っていう現象のあとに“Inflation”があるということなので。それと今回はシングル曲もたくさん入っていて、そのなかには全部自分で作詞した曲とかも入っているので、ある意味、4周年の集大成的なふうにできたらなっていうことも思ってました。
── なるほど。本当に盛りだくさんですもんね。それにしても「TYRANT too young」には、かなり衝撃を受けましたよ。
【中川】 “大丈夫!?”っていう感じですよね(笑)。でも、これも私が速くてゴリゴリで激しい曲をやりたいって言ったんです。そしたら、思ったよりすごい曲が来たので、レコ―ディングでは噛んだりもしましたけど(笑)。ただ、さすがに私も“大丈夫かな、みんなに受け入れてもらえるかな?”と思ったので、この間ファンクラブイベントで一足早くみんなに聴いてもらったんですよ。そうしたらすごく反応が良かったので、ホッとしました(笑)。あと、30才前後のスタッフさんのノリがやたら良いのも印象的ですね。なかには「今まで一番好きな曲だよ」って言われちゃいました(笑)。

“みんなでライブを成功させよう!”っていう闘いモードで来てほしい

── かと思えば、「Jewelry heart」は超アイドルソング。やっぱり、こういうのもずっとやっていきたいと思っているんですか?
【中川】 そうですね。シングルでは意外にアイドルポップっぽい曲がないんですけど、今回こうやってアルバム曲としてできたので嬉しいです。“ハートできらめいて”とか、平成になってから絶対ない歌詞だと思うんですけど(笑)、歌っていて超楽しかった。自分でも、いつか作詞してみたいなって思いました。それに、ライブでより盛り上がる曲といえば、ロックと甘いシリーズなんですよ。でも、シングルは結構落ち着いた曲が多かった。だから、もちろん自分がそういうのが好きっていうのもあるんですけど、アルバムでは振り切った曲がやりたかったんです。コンサートのセットリストを自分で組むようになると、他にこういうのもあったらいいなとか、こういうのが欲しいなっていう曲がいろいろ出てくる。それも、このアルバムで実現させた感じですね。
── そのコンサートですけど、なんと5周年突入記念の“超貪欲☆まつり”は幕張メッセで開催することが決定!しかも2Days!これは、かなりすごいことになりそうですね。
【中川】 幕張メッセ2Daysは、自分にとってターニングポイントになるなって思っています。だから、以前だったらスタッフにだいぶ考えてもらっていたと思うんですけど(笑)、セットリストも今から自分で考えてます。でも、2Daysだけに、すごく難しい。1日分を、これで完璧だぜ!って組むだけじゃなく、もう1日分を考えなきゃいけないので。
── あ、2日間違うメニューにするんですね。
【中川】 はい、全部ではないですけど変えたいなって思っています。今回のアルバムに入っている新曲たちは、それを目指してのものだったりもしますから。それに、ファンの人たちが提案してくれた屋台とか踊り振り付け大会とかもやる予定なので、コンサートの時間以外も文化祭みたいにみんなでアイディアを出し合って楽しむっていう感じにしたい。だから、自分も主役だと思って、“みんなで成功させよう!”っていう闘いモードで来てほしいですね。

(文:高橋栄理子)

Cosmic Inflation【CD+DVD】
中川翔子
発売日:2010/10/06[アルバム] 価格:\3,800(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7381/2

Cosmic Inflation【通常盤】
中川翔子
発売日:2010/10/06[アルバム] 価格:\3,059(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7383

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

【生年月日】1985年5月5日
【出身地】東京
【血液型】A型
【趣味】映画鑑賞、お菓子作り、グッズ収集(ブルース・リー、松田聖子、戦隊もの)
【特技】広東語、イラストを書くこと(楳図かずおタッチ)
2002年、『ミス週刊少年マガジン2002』に選ばれる。独特なキャラクターを活かし、グラビア、TV、CM等で活躍中。
2006年7月5日、シングル「Brilliant Dream」でCDデビュー。
2007年5月2日、カバーアルバム『しょこたん☆かばー 〜アニソンに恋をして。〜』をリリース。
2008年3月19日、アルバム『Big☆Bang!!!』をリリース。
2009年1月1日、アルバム『Magic Time』をリリース。
2010年3月10日、アルバム『しょこたん☆カバー3〜アニソンは人類をつなぐ〜』をリリース。
2010年10月6日、アルバム『Cosmic Inflation』をリリース。

▲このページの最初に戻る