ORICON STYLE

2010年07月07日
清水翔太 Special Interview
優等生じゃない自分を表現した新曲とは!?
PV「GOODBYE」COMING SOON
音を意識して作った、新たな清水翔太サウンド
清水翔太の写真

――別れがテーマの歌でありながら、サウンドの手触りがサラッとしていますよね。
【清水】 そうなんですよ。ドライ感は意識しました。今っぽいR&Bの音を取り入れたり、いろいろと新しい清水翔太を見てもらえるように作りました。今の海外のR&Bの音に近づけつつも、リリックに関しては自分から出てくる日本語の言葉のオリジナリティを失いたくなかったんです。だからいつもは、まずメッセージ性を大事にしてるんですけど、今回はメッセージはありますけど、どっちかというとサウンド面とか言葉が耳にどう聴こえてくるか?というところを第一に意識しました。

――とても素直な言葉だから、心にスッと入ってきますね。それをドライなサウンドで表現しているのは、別れの歌詞だからウエットになりすぎないようにという意識から?
【清水】 そうですね。今までの僕って、優等生なことを書く事が多かったので、優等生じゃない自分を表現したくて。だから一方的に別れを切り出すという、ちょっと冷たい男性像を描いているというところもありますね。でも冷たいだけじゃなくて、自分に苛立っているところもあるんですよ。それは、相手の女性のちょっとした行動に嫉妬したりする男性の未熟さに対してだったり。この先も一緒にいることを選択できるんだけど、強がって相手に冷たく接してしまったり、別れを選んじゃったり。そういうところを描きたかったんです。

――そうだったんですね…。ちなみに、優等生とは自分で感じたんですか?それとも周りに指摘されたとか?
【清水】 自分でも感じてますね…。ホームページの掲示板への、みんなの書き込みを見ていると、なんか申し訳ない気持ちになってくるんですよ(笑)。

――というのは?
【清水】 僕、そんなにいい子じゃないんだけど…みたいな?

――(笑)。
【清水】 まぁ、ちょっと冷たい清水翔太も見せたいなと(笑)。

――ちょっとはみ出してみようと思ったワケですね(笑)。でもね、思うんですけど、自分から別れを告げることって、辛かったりもするじゃないですか。それを選ぶ勇気っていうのも、この歌詞にはあるんじゃないかな?と思ったりもしたんですけど。
【清水】 うーん…。もっと細かいことをいうと、それは優しさとかじゃなくて、そうすることでしか保てない男のプライドなんですよね。そういう弱さのせいで別れを選んじゃった…みたいな?

――男には、そういうところがあるんだと。
【清水】 はい。特に僕はあるんですよ(笑)。本当は別れたくないんだけど、こんな気持ちになるくらいだったらもう!みたいな、破滅願望に近いというか(笑)。そういうのを描きたいと思いました。

――サビ前のフレーズでは、やり直したい自分と、もう無理な自分、2人いるような描き方ですよね。
【清水】 そういう迷いは絶対にあるんですよね。だけどそこには、2人が実際に感じたハッピーな気持ちを汚したくないというピュアな気持ちもあるんですよ。……悲しいですよね(苦笑)。

――(笑)いや、そこはきっと男性のロマンティックな部分なんでしょうね。
【清水】 それはありますね。

――恋人同士って、長く付き合っていくと何かが変わっていきますよね。いつまでも新鮮な気持ちでいるには、どうしたらいいんでしょうね?
【清水】 常に意識をすることで、いつまでもフレッシュな関係でいられると思うんですよ。たとえば一緒にいてくれることや好きでいてくれることを当たり前と思わないこと。常に相手に対して感謝の気持ちや、悪いことしたら謝るとか、人間関係における基本的なことだと思うんですけど、それをいつも意識していることが僕の中ではすごく大事なことなんです。

誰とコラボをしても、自分らしさを出していきたい

――今、翔太くんがいった大切なことを歌っているのが「Again」なのかな?と。「GOODBYE」の関係を乗り越えたあとのような。
【清水】 乗り越えたあとというか、“乗り越えませんか?”っていう提案ですね。このあと、きっと乗り越えるんじゃないかな?乗り越えられるはずだよ…っていう歌です。これ、実は16〜17才の頃、曲を作り始めて3〜4曲目ぐらいに作った曲なんですよ。

――当時の自分と比べて、何か思うことはありますか?
【清水】 ここまでリリースして、いろんなチャレンジをしてきましたが、結局一番、清水翔太らしいサウンドはこれだなって思いましたね。トラックのコード進行とかメロディーとか、リリックのアプローチの仕方とか全部含めて、ナチュラルで自分らしいなと思います。

――「“Be With You”duet with JOE」は、包容力と温かみのあるバラードですね。R&Bシンガー、JOEとのコラボですが。
【清水】 距離が離れてて会いたくてもすぐに会えないから、さみしく思っている…というリリックのテーマをJOEが考えていて、僕もそれにすごく共感したんですよ。1番のリリックをJOEが、2番を僕が書きました。僕らしさを英語でも出せるように意識しましたね。

――翔太くんの優しい声と、気持ちよく混ざり合っています。
【清水】 ありがとうございます。JOEとやるからといってR&Bを意識するのではなく、日本でやっていることの延長線上で自分らしさを出していかないと意味がないと思ってました。誰とコラボをしても、いつも清水翔太でありたいという気持ちではあります。

――最後に、翔太くんがこの夏やりたいことを教えてください。
【清水】 夏だし、ダイエットします(笑)。今、ツアー中なんですけど、ファイナルのZepp Tokyoではカメラも入るだろうし、それに間に合うようにがんばりたいです(笑)。

(文:三沢千晶)
Release

GOODBYE
清水翔太
発売日:2010/07/07[シングル] ソニー・ミュージックレコーズ


【初回生産限定盤DVD付】
価格:\1,575(税込) 品番:SRCL-7320/1


【通常盤】
価格:\1,223(税込) 品番:SRCL-7322

CDを購入する(Amazon)着うた配信
Profile

地元・大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられたことをきっかけに作詞・作曲・アレンジを行うようになる。
2007年7月18日、デビューに先駆け、童子-Tのシングル「ONE LOVE feat.清水翔太」に参加し、新人らしからぬ堂々たる歌唱にファンの間で話題になる。
2007年9月26日、セリーヌ・ディオンのトリビュートアルバム『セリーヌ・ディオン トリビュート』では、国内の実力派アーティストたちと肩を並べ、「I'M YOUR ANGEL」を加藤ミリヤ&清水翔太名義で参加。セリーヌ・ディオン&R.ケリーによるオリジナルを独自の解釈で歌い上げ、日本人離れした、ソウルフルかつ圧倒的な歌唱力を印象付けた。
2008年2月20日、シングル「HOME」で待望のメジャーデビュー。新人ながら異例の初登場5位を獲得し、各方面より話題を集める。
2008年11月26日、アルバム『Umbrella』をリリース。
2009年5月13日、加藤ミリヤ×清水翔太名義でシングル「Love Forever」をリリース。
2010年3月3日、アルバム『Journey』をリリース。
2010年7月7日、シングル「GOODBYE」をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
PV「かみさまでもえらべない。」