ORICON STYLE

2010年03月03日
“花鳥風月”は変わらないものの象徴

――新作『花鳥風月』は初のセルフ・プロデュース作になりましたね。
【藤巻亮太】 昨年はベスト盤を出したりして、節目の年だったこともあって、そこで一度自分たちは何をやりたいのか、向き合った結果、出てきたことがセルフ・プロデュースというアイディアだったんです。


――実際やってみて、どうでしたか?
【前田啓介】 セルフとはいっても3人だけじゃなく、トーレ・ヨハンソンさん、キーボードの皆川真人さん、椎名林檎さんなどを手がけているエンジニアの井上雨迩さんほか、いろんな人とコラボレーションという形で響き合えました。こういうことがやれるのは、セルフ・プロデュースの醍醐味だと思いましたね。
【神宮司治】 3人であれこれ言いながらのプリプロ作業も、すごく楽しかったです。今回はほとんど歌詞が最初にあったことで足並みも揃いやすかったし、作業もすごくスムースでした。
【藤巻】 曲によっては煮詰まったものもありました。でも、それは“もっと聴きやすくするには?”“もっと描けるものがないか?”という高次元でのものだったから、苦ではなかったです。


――歌詞は全体に、家族など身近な人たちと地元の山梨に対する感謝の気持ちや、小さな幸せを感じることの素晴らしさを歌っていますね。
【藤巻】 そうですね。20代の駆け抜けていた時期に見る景色は、どうしても流れて見えていて。今30代になって、立ち止まったりゆっくり見回したりすることで、駆け抜けるスピードではとらえられなかったものが見えて来て、どんなスピードであっても変わらないものがあると気づけたんです。それは人と人との繋がりや、そこに小さな幸せが隠れているということ。タイトルの『花鳥風月』は、何万年も変わらず咲き続ける花、飛んでいる鳥、吹き続ける風、昇り続ける月・・・変わらないものの象徴として付けました。
【前田】 光に向かって走っていた20代中盤、後半はその影で多くの支えてくれた人がいるっていうことを実感しました。光と影というのは必ず半々で、光がある分だけ影もある。そういう部分で感じたものを形にする、今がそのタイミングだったんだと思います。だから30代に入ったレミオロメンを象徴する、すごく大切な1枚になったと思います。
【神宮司】 今回は「東京」という曲名や、歌詞にも等々力や東麻布など東京の地名も出て来る。東京に住んでいるからこその歌詞と、だからこそ見えてくる山梨のこと、その両方が描かれていますね。東京に住んでいる人に限らず、どんな人でも共感してもらえる部分があると思います。

ライブをまだ観たことがない人は必見のDVD!

――いろいろなことを感じ考えさせてくれるアルバムになりましたね。
【藤巻】 このアルバムで描かれていることは、どの街にもある日常的な風景だと思うんです。そのなかに、いろんな“あや”があって、それを1個スパッと切り取った縮図みたいなものが、このアルバムにはある。これを聴いて、ここから見えて来る自分たちの生活を、もっと大事にしてもらえたら嬉しいですね。


――最後に初回特典のDVDですが、アルバム収録の全曲をライブ収録した、全曲PVのような豪華な1枚ですね。
【藤巻】 僕らのライブをまだ観たことがない人にも、観てほしいという気持ちからの企画です。神奈川のみなとみらいホールで2日間、山梨の笛吹川フルーツ公園で1日かけて撮りました。バンドとしての肉体感やパワー、スピード感を、より感じてもらえると思います。あと、歌詞にある人と人が繋がっていく感じも、より伝わるんじゃないかって思いますね。

(文:榑林史章)
Release
花鳥風月 

花鳥風月
レミオロメン
発売日:2010/03/03[アルバム] ORS

【CD+DVD】
価格:\3,990(税込) 品番:AVCO-36032/B
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

【CDのみ】
価格:\3,045(税込) 品番:AVCO-36033
CDを購入する(Amazon)

Profile

2000年12月、結成。メンバーは小、中、高の同級生だった藤巻亮太(Vo&G)、前田啓介(B)、神宮司治(Dr)の3人。バンド名はメンバーがじゃんけんで勝った順に一文字ずつ好きな言葉をつなげて作った。群馬・前橋を拠点にライブ活動をスタート、日本語を大切にした歌で動員数を次々に増やす。
2003年3月、ミニアルバム『フェスタ』をリリース。レコード店のインディーズチャートで軒並み上位をマーク。その後もリリースごとに順位を上げていく。
2005年3月9日、アルバム『ether[エーテル]』をリリース。また同日、日本武道館にて『レミオロメン 3月9日 武道館ライブ』を行う。
2005年11月16日、シングル「粉雪」をリリース。『1リットルの涙』(CX系)の挿入歌に起用され、ロングセールスを記録。
2006年5月17日、アルバム『HORIZON』をリリース。1位を獲得。
2006年11月1日、アルバム『Flash and Gleam』をリリース。
2007年12月19日、アルバム『朝顔』をリリース。
2008年10月29日、アルバム『風のクロマ』をリリース。
2009年1月7日、シングル「夢の蕾」をリリース。
2009年2月14日、au『LISMO』CMソングの「Sakura」を配信限リリース。
2009年3月9日、ベストアルバム『レミオベスト』をリリース。
2009年7月15日、シングル「Starting Over」をリリース。
2009年11月25日、シングル「恋の予感から」とDVD『Special Live at SAITAMA SUPER ARENA』をリリース。
2010年3月3日、アルバム『花鳥風月』をリリース。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE
PLAYPLAY