ORICON STYLE

2010年06月23日
みんなが悶々と思っていることを歌に

――2ndシングルとなる「教えてよ〜miseducation〜」を作ったのはいつ頃ですか?
【舞花】 デビューシングルの「never cry」と同じ高校2年生の時です。歌詞の対象は学校の先生なんですけど、将来のために……とか建前を言う前に、もっと大切な愛や夢を教えてよっていう想いがあって。実際に誰かに訴えることはできないんだけど、みんながきっと悶々と思っているだろうなってことを歌にしました。


――大人に対して反発しながらも、本音で分かり合いたいという気持ちが根底にありますよね。
【舞花】 私ってけっこう不器用なのかなって最近気づいたんですけど(笑)。本当はちょっと甘えたいだけなのに、うまく伝えられなかったりして。この歌詞でも反抗的な言い方をしているけど、一番言いたいのは、分かり合うことを諦めないで、愛を伝えてほしいっていうことなんです。


――アレンジ面での舞花さんのリクエストはあったんですか?
【舞花】 基本的に私はアコギを弾いて歌っているんですけど、この曲ではエレキギターを弾くイメージがあったんです。あとはシンプルなバンドサウンドだけじゃなくてホーンを入れて、ちょっとファンクな感じにしています。


――そしていよいよ1stアルバム『Possible』がリリースされます。完成させた今の率直な心境は?
【舞花】 ひとつの節目というか、新たなスタートに立ったなっていう気持ちです。今までやってきたことを形にできたことが嬉しいし、早くみんなに届けたくてワクワクしてます。


10代のうちにリアルに伝えたい言葉と感情

――タイトルにはどういう思いを込めているんですか?
【舞花】 落ち込んでいる歌詞もあるんだけど、最終的にはそれを乗り越えていこうっていう内容の曲が多かったので、やっぱり自分の精神性の基本はポジティブなんだなと。音楽を届けて、私が夢を追っている姿を見せることで、聴く人が一歩踏み出せるようなアルバムになったらいいなと思って。最初“Positive”と迷ったんですけど、より広い意味でいろいろな人の状況や気持ちにあてはまるように、「可能」っていう意味を持つ“Possible”にしました。


――収録曲はどうやって決めていったんですか?
【舞花】 10代で書いた曲は10代のうちに出した方が言葉も感情もリアルに伝わると思ったので、初期の作品を早く出したいという気持ちがありました。1stアルバムに入れるのはこの辺の曲、っていうビジョンがはっきりあったので難航はしなかったですね。私を知ってもらうにはすごく分かりやすい、名刺のような1枚になっていると思います。


――制作で苦労したことはありましたか?
【舞花】 自分が持っているアレンジのイメージをうまく伝えられなくて、ディレクターさんとぶつかることがけっこうありましたね(笑)。でも、何度も話し合いながら最終的にはきちんと要望を汲み取って形にしてもらえてるし、人に任せてみることで発見もあって、とても勉強になりました。


――アルバムを作るなかで、次にトライしたいことなどもみえてきたと思うんですが。
【舞花】 今は基本的にバンドサウンドが多いんですけど、HIP HOPやエレクトロ、オルタナティブ……いろいろな音楽が好きなので、ひとつのジャンルにとらわれずに、いくつもの切り口で作っていけたらいいなと思いますね。

(文: 國府田かおり)
INFORMATION
アルバム購入者全員をライブにご招待!
8/1(日)熊本・8/3(火)大阪・8/5(木)東京
時間・会場などの詳しい情報は“maika.asia”をcheck!
RELEASE
教えてよ〜miseducation〜

教えてよ〜miseducation〜
舞花
発売日:2010/06/23[シングル] 価格:\1,000(税込)
ユニバーサル J 品番:UPCH-5657
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう 着うた(R)配信

Possible

Possible
舞花
発売日:2010/06/30[アルバム] 価格:\1,980(税込)
ユニバーサル J 品番:UPCH-1781
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

PROFILE

1990年8月31日生まれ。熊本県出身。O型。
2007年、ヤマハが主催する『The 1st Music Revolution』に出場。九州AREA FINALにてグランプリを受賞し、JAPAN FINALに出場。
2009年3月に上京。
2010年4月14日、シングル「never cry」をリリースし、メジャーデビュー。
2010年6月23日、シングル「教えてよ〜miseducation〜」をリリース。
2010年6月30日、1stアルバム『Possible』をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
PLAYPLAY