ORICON STYLE

Check 2010年10月27日
新旧問わずの全13曲、ひいらぎの歌を入れてみました

――1stアルバム完成おめでとうございます。路上で10年歌ってきたひいらぎならではというか、どの曲もすぐそばで弾き語っているような空気感が漂っていますね。
【恵梨香】 名刺代わりの1枚になるといいなと作っていたので、新旧問わずの全13曲、ひいらぎの歌を入れてみました。シングル曲を作るときはどうしても肩に力が入るというか、頭でっかちになってしまいがちなんですが、今回はタイミングが良かったのか、すごく楽しく曲作りができたんです。どんな楽曲でも自分たちがしっかり書いて作ったものであれば、ひいらぎの一面になると思って、やればやるだけ曲がどんどん出てくるっていう感じでした。
【千晶】 そう。恵梨香、本当にすごかったんですよ。


――という千晶さん作詞・作曲の作品も、ここでお目見えですね。
【千晶】 はい。「僕らの明日」は曲が先で詞は後からつけたんですが、ライブに向けて明るい曲にしたいなと思って作った曲です。私は恵梨香の作った「ゼロとイチ」がすごく好きで、ここでみんなとこんなふうに掛け合いができるなとか、想像するだけで早くライブをやりたくなるんですよね。
【恵梨香】 私も「僕らの明日」は好きな曲で、ひいらぎにとって千晶さんの曲が入ったというのは、すごく新らたな一歩。自分とは作る方向性がぜんぜん違うし、面白いなと思いました。

ひいらぎには、核となるものがしっかりある

――なるほど。じゃあ、恵梨香さん自身が作った曲の中で、特に思い入れの深い曲となるとどれでしょう?
【恵梨香】 思い入れはそれぞれ深いんですけど「二人の記憶」と「あの頃の私は。」という曲は、2つでひとつというか。「二人の記憶」は失恋した直後に書いた詞で、生々しすぎるくらいだったんです。例えばの話ですが、その人がこのアルバムを聴いて「こいつ、まだオレのことが好きなんじゃないのか?」って思われるのがイヤで、それで「あの頃の私は。」を書いたんです。
【千晶】 セットにしてね(笑)。
【恵梨香】 うん。少し時間が経ってその頃の自分がバカらしくなって「あんなにひどいことされたのに、なんであんなに好きだったんだろ?」という思いを、この曲に。実際もう私、そうじゃないので。そう思われたら、シャクにさわるので(一同笑)。でも本当にどの曲にも思い入れはいっぱいです。もしかしたら、こんなにいろんな曲が入っているのでバラけた印象を与えてしまうかも?とも思っていたんですが、結果そうはならなかった。核となるものがしっかりあるからだなって、あらためて思いました。
【千晶】 やっぱりひいらぎは、ギターが聴こえていて2人の歌が前に出ているので。そこを基本にアルバムを作り進めていって良かったです。早くライブをやりたいですね。
【恵梨香】 10月29日から11月にかけて、結成10周年を記念して`『十年十色「本当、色々ありました」』ライブをやるんですよ。『地平線と秋の空』というタイトルのように、ひいらぎのいろんな表情を見てもらえると思うので、ぜひライブへ遊びにきて下さい。


(文: 鉄石美保子)
RELEASE

地平線と秋の空【初回生産限定盤DVD付】

地平線と秋の空【初回生産限定盤DVD付】
ひいらぎ
2010/10/27[アルバム] 価格:\3,500(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7400/1
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

地平線と秋の空【通常盤】

地平線と秋の空【通常盤】
ひいらぎ
2010/10/27[アルバム] 価格:\3,000(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7402
CDを購入する(Amazon) 着うた(R)配信

PROFILE

千晶(Vo&G)、恵梨香(Cho&G&h)からなる札幌・路上ライブ発のアコースティック・デュオ。 中学2年の時、恵梨香がゆずに感銘を受けギターを始め、路上で歌い始める。高校に入り、恵梨香と同級生だった愛美が妹の千晶と2人で、恵梨香の路上ライブを観に行ったことをきっかけに、2人も路上ライブを始める。 2000年10月、3人で“柊”を結成。 2003年、地元コミュニティーFMにてラジオレギュラーを始め、精力的に弾き語りライブを行う。その後、解散、再結成を経て「ひいらぎ」として、2009年2月4日に「みず」でメジャーデビュー。
2009年7月10日をもって愛美が卒業し、千晶と恵梨香の2人での活動を開始。
2009年8月1日、メンバーの憧れの場でもあったZepp Sapporoにてワンマンライブを行い、新生・ひいらぎとしてスタートを切る。
2009年8月26日、シングル「かけら」をリリース。
2010年2月24日、シングル「花びらの舞う季節」をリリース。
2010年9月22日、シングル「裸」をリリース。
2010年10月27日、アルバム『地平線と秋の空』をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
過去の特集

■シングル「花びらの舞う季節」インタビュー
 『この春卒業の2人のリアルな思いを綴った卒業ソング!』(2010/02/24)

■シングル「かけら」インタビュー
 『札幌発☆独特な世界観を持つひいらぎの魅力に迫る!!』(2009/08/26)

PLAYPLAY