ORICON STYLE

2010年08月04日
元ちとせ SPECIAL INTERVIEW 10年経って改めて自分を振り返りたい!


10年経って自分を振り返りたいという思いも・・・

――今回、カバーアルバムを発表しようと思った理由を教えてもらえますか?
【元ちとせ】 インディーズ時代に私は『Hajime Chitose』というカバーアルバムを出しているんですけど、その作品で初めてカバーをしてから、10年という月日が経ったんだなという節目を感じたんです。そのインディーズの活動から私の音楽活動――元ちとせとしての歌が始まったんだなっていう思いが強かったので、10年経って自分を振り返りたいという思いもありました。

――オリジナルとはまた違うカバーならではの声や歌い方が印象的な作品になりましたね。
【元ちとせ】 オリジナル曲だと私の声を前提として曲を作って頂いているんですけど、カバーだと曲それぞれの私の声色が楽しめると思います。私自身もカバーのなかで自分の私の声色を改めて知ることができたんです。

――洋楽と邦楽では元ちとせさんの歌い方も声色もちょっと違う。
【元ちとせ】 邦楽はまず言葉が耳に入ってくるので風景が見えやすかったり、曲に入り込みやすかったりすると思うんです。洋楽は英語詞ということもあるんですけど、声も音の一部として楽しんでもらえたら嬉しいですね。

――洋楽も邦楽もバラエティーに富んだ選曲ですけど、これまでカバーした曲だけではなく、新録のカバー曲も収録されています。
【元ちとせ】 自分を振り返りたいからこそ、今の私が歌っている新録ものも入れたくて。今まで私が歌ったカバー曲とはちょっと違うイメージのものだったり、アルバムの中でバリエーションを付けられる曲だったり、ライブで歌って映える曲を新録ものでは選んでみました。

自分自身を見るキッカケを作ってくれる作品に

――今回カバーアルバムを作ってみて、感じたことは?
【元ちとせ】 オリジナルとカバーの違いはなんですか?って取材などでよく聞かれるんですけど、私のなかではそんなに違いがないんです。原曲があるかないか、私がオリジナルになるかならないかの違いだけで。ただ、歌いたい歌がそこにあるならば私は歌いたいんだなという思いを、再確認したようなところはありましたね。改めて自分の声というものをここでおさらいできたので、きっとこれからのオリジナル曲に今まで以上の幅ができるんじゃないかなって楽しみにしているんですよ。あと、私を知ってほしい、私の歌を好きになってほしいという思いよりも、“元ちとせ”というフィルターを通して、聴いてくれた方が自分自身について考えてもらえたらと思っています。原曲とカバーのどっちが好きなんだろうとか、初めて聴いた歌だけどなんで私はこの曲が好きなんだろうっていう自分への問いかけが、自分自身を見るキッカケを作ってくれる作品になるんじゃないかなって。

――ところで、『Orient』は“日出ずる国=東の意”、『Occident』は“日沈む国=西の意“だとか。とても素敵なタイトルですね。
【元ちとせ】 でも、最初は『着物』と『ドレス』にしようかってなんて話もあったんですよ(笑)。

――9月には、大阪と東京のビルボードでのライブがありますね。
【元ちとせ】 特別な雰囲気や空間を持った会場でのライブなのでとても楽しみにしています。

(文:松浦靖恵)
Release

Orient【初回生産限定盤】
元ちとせ
発売日:2010/08/04[アルバム] 価格:\2,625(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3470

Orient【通常盤】
元ちとせ
発売日:2010/08/04[アルバム] 価格:\2,500(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3471

CDを購入する(Amazon)着うた配信

Occident
元ちとせ
発売日:2010/08/04[アルバム] 価格:\2,500(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCP-4

Profile

1979年1月5日生まれ、鹿児島県奄美大島出身。
高校3年生の時、『奄美民謡大賞』の“民謡大賞”を史上最年少で受賞。
2002年2月6日、シングル「ワダツミの木」でメジャーデビューし、同曲が大ヒットとなる。
同年7月10日、アルバム『ハイヌミカゼ』をリリース。2週連続1位を獲得。
2003年9月3日、アルバム『ノマド・ソウル』をリリース。初登場1位を獲得。
2006年5月10日、アルバム『ハナダイロ』をリリース。
2008年7月16日、アルバム『カッシーニ』をリリース。

LIVE INFORMATIONARTIST COMMUNITY ARTIST PAGE OFFICIAL SITE
元ちとせの特集&インタビュー 一覧はこちら