ORICON STYLE

2010年06月16日
 福原美穂の2ndアルバム『Music is My Life』は、タイトルどおりの潔さ。音も歌いっぷりも気持ちよすぎの渾身の快作です。「未来―ミライー」は本人出演の大塚製薬『SOYJOY』CMソング、「もしかして」は恋愛バラエティ『グータンヌーボ』(関西テレビ系)のテーマソング。福原美穂の届けたいという想いが伝わってくる1枚になりました!

生音のライブ感であったり、潔さを収録してみんなに届けたかった

── タイトルからして潔いアルバムですね。所信表明のような、生きる道を決めたような真っすぐさ。
【福原】 昨年1stアルバムを出してワンマンツアーを廻って、夏フェスを体験した頃に、それまで以上に“あぁ、私はステージであったりバンド形態であったり、生音の熱さをすごく愛しているんだな”とすごく実感した時期があったんです。海外アーティストのライブを観に行っても音楽が私のパワーになっているし、支えになっているっていうのを本当に感じて、自分の芯の部分と向き合ったり、確信を持ったモノを届けたいなと思うタイミングだったので、自然とこのタイトルになった感じですね。
── 生音はアルバムのポイントのひとつ?
【福原】 はい。楽器があってミュージシャンがいて、“今日はこの曲を録る”っていうことだけで成り立っちゃうという気持ちよさ。そんな生音のライブ感であったり潔さを収録してみんなに届けたかったんです。
── 気持ちいいといえば、亀田誠治さんプロデュースの「未来―ミライ―」。メロディーが耳にスッと入ってきて、美穂さんのポジティヴポップにピッタリですよね。
【福原】 亀田さんは、ものすごくポジティヴな人ですね!私は1人でいるとあまりポジティヴではないんですけど、亀田さんはミュージシャンの魅力の引き出し方とか盛り上げ方が本当にすごいんですよ。“お互いのプラスなモノをどんどん引き合わせていこうよ!”っていう、野生の本能というか、男性的というか(笑)。その情熱の剥き出し方が本当にすごくて、一緒に音楽を作っていて、すごく刺激をもらいました。
── 「もしかして」は一転、やわらかくてシンプル。
【福原】 これはかなりパーソナルな部分ですね。メロを歌いながら、同時に歌詞が出てきたんですよ。これもまた生音になることで、キラキラ感と、近くにある素朴感が出たなあと思います。
── 美穂さんって、“本当はすごく不器用なのかな?”って感じたんですけど・・・。
【福原】  (笑)そうなんですよね。「もしかして」もそうなんですけど、今回のアルバムでは「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」とか、けっこう恋愛をテーマに自分の実体験から書いている曲が多くて、恥ずかしいくらいなんですけどね。本当に不器用なので(苦笑)、そういう歌詞が多いです。 ── これは『グータンヌーボ』のテーマソングでもあるし、今後、恋愛について語る機会が増えるのでは?
【福原】 実際に『グータンヌーボ』にも出ましたし・・・恥ずかしかったです(笑)。このアルバムを聴けば私がどういう恋愛をしているのかバレバレですよ(笑)。

1曲1曲を大切に伝えていきたい

── 恋愛に不器用という一方で、「TOUCH & LOVE」のようなパワフルさも・・・歌詞にある“暴れ出すライオンガール”って、美穂さんのことですよね?
【福原】 異性に対しての私です(笑)。その頃、スタッフと草食系男子チェックとかやってて、逆に肉食系女子判断っていうのもあって、私はライオンだったんですよ。それでライオンガールにしようと(笑)。 ── へぇ(笑)。美穂さんは草食系男子が好きなんですか?
【福原】 好きなんですよ。けっこうインドア派の人に惹かれますね。自分が肉食系なので、そっちのほうがバランスが取れるからだと思うんですけど、マッチョのライオン男性だと、たぶんぶつかっちゃうと思うんですよね。
── 話は変わりまして、アルバムはラストに向かって、だんだんサウンドもシンプルに、心に近い歌詞になっていってますよね。
【福原】 まったく意識はしてなかったんですけど、ラスト3曲が、本当に必然かのようにドラマになったなぁと。この1年間で私が感じたメッセージや今言いたい気持ちがこの3曲に詰まっていますね。
── 「Sotsugyou」では、家族への想いを。
【福原】 はい。いい意味で巣立ちの歌になりました。
── 聴いていると、泣けてきます・・・。
【福原】 これは本当に私も録りながら、うぇ〜ん(涙)って泣きそうになりながら歌っていましたね。鼻水の音が入らないか心配でした(笑)。で、次の「THANK YOU」では、いろんな人への感謝の想いを。そして「あいのうた」では、隣にいる大切な人への想い。
── この3曲、ライブでやったらヤバイですね…。
【福原】 まず自分が泣かないようにしないといけないですね(笑)。
── 7月からツアーが始まりますしね。こうして聴いていると、いろんな人のエネルギーで生きていて、それが美穂さんのチカラになっていると感じるアルバムだなと。
【福原】 そうですね。そして、そのエネルギーを歌で返したいっていう想いがあります。1曲1曲を大切に伝えていきたいですね。

(文:三沢千晶)


Music is My Life【初回生産限定盤DVD付】
福原美穂
2010/06/16[アルバム] 価格:\3,500(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7288/9

Music is My Life【通常盤】
福原美穂
2010/06/16[アルバム] 価格:\3,059(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7290

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

北海道出身。
両親が音楽好きなこともあり、さまざまな音楽に囲まれ育つ。16才の時、地元テレビ局のカラオケ企画に出演したところをたまたま観ていた音楽関係者が大きな衝撃を受け、即オファーを受ける。
2007年リリースのセリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバムでは、無名の新人ながら参加を抜擢され話題を呼ぶ。
2008年4月16日、シングル「CHANGE」で待望のメジャーデビュー。
2009年1月28日、アルバム『RAINBOW』をリリース。
2009年6月17日、シングル「HANABI SKY」をリリース。
2009年9月9日、シングル「LET IT OUT」をリリース。
2009年12月2日、シングル「なんで泣きたくなっちゃうんだろう」をリリース。
2010年5月19日、シングル「未来−ミライ−/もしかして」をリリース。
2010年6月16日、アルバム『Music is My Life』をリリース。

▲このページの最初に戻る