ORICON STYLE

2010年08月18日
 声帯のう胞を患い、ギリギリの状態でまわったツアー『2009tour“Q.E.D.”』。その真っ只中で歌詞を書いたというのが、昨年11月の日本武道館ライブ以降、復活の狼煙(のろし)となるシングル「Re:birth」だ。その、あまりにも生々しい言葉たちの源を探る。

歌えない歌い手に何の存在意義があるのか……

── 声帯のう胞を患いながらのツアー『2009tour”Q.E.D.”』は、ノドだけではなく、精神的にも過酷でしたか?
【yasu】 ライブだと、ノドの調子が顕著にわかっちゃいますからね。僕の場合、歌えない歌い手に何の存在意義があるのかって思っているから、歌えなくなった途端、一気に自分が必要なくなったような気になってしまって。相当、もどかしさはありましたよ。
── ということは、「Re:birth」の歌詞から窺い知れる閉塞感や絶望感は、進行形のものではなく、その当時感じていたものなわけですか?
【yasu】 そうそう。ネガティヴな言葉しか並んでないでしょ?まさに、『Q.E.D.』のツアー中に書いてた歌詞ですからね。曲としては、ゲーム(『Another Century's Episode:R』)のイメージソングのお話をいただいて、昨年の春ぐらいに選ばれたものなんですけど、そのレコーディング中にノドがおかしくなって、なおかつツアーもあって。正直、参ってました(苦笑)。ただね、ひとつ言っておきたいのは、“俺、こんなにツラかったんだよ”っていうことを言いたいわけじゃない、ってことなんですよ。葛藤なんて、日々、誰もが抱えてるものだし。
── ただ、それを口当たりのいい言葉でくるむか、ありのまま言葉にするかで、伝わり方はかなり変わってきますよね。光に向かおう!という着地ではなく、結局答えは出ていないですし…なんて救いがないんだ!と思いましたよ。
【yasu】 ははは、ネガティヴな言葉しか並んでないですらね。でも、もともと、イイこと言おうみたいな風潮にアンチテーゼを示したい人間なんで。それに、一番良くないのは、ウソになることかなって思うから。やっぱり、悩みや苦しみを最終的に解決してくれるのは、時間かなと思うし。時間と共に乗り越えていくというか。その過程で、精神的に強くなったり、オトナになったりするものなんじゃないかなと思うんで。ゲームの曲だしポジティヴに作らなきゃいけないかなとは思ったんですけど、そういう歌詞を、ゲームの制作者サイドの方にも意外に気に入って頂けたので。上っ面でイイこと言わなくて良かったなって、ホント思いましたね。

歌えるって幸せだなということを、ライブでより噛みしめられる

── 加えて、曲調までダークだったら重すぎたかもしれませんが、軽やかでポップですから…そのへんのコントラストも効果的なのかもしれません。
【yasu】 こういうゲームをやる人は、そういう曲調が好きなんじゃないかなって。ま、ポップだと思ったら歌詞はダークなんで、そのギャップに驚いてもらったらしてやったりかな。
── さらに、“Recreation Track”はTOM☆CATの「ふられ気分でRock'n'Roll」(84年のヒット曲)カヴァーですが…イイ感じにバンドなテイストで蘇らせてくれたなと。
【yasu】 インディーズのときみたいに、スタジオに入ってサポートメンバーとアレンジしていきましたからね。普通、歌のキーぐらいは決めていくんです。だけど、キー決めも一緒にやっていって。これまで、自分が作る曲ではそういうやり方をしたことがあんまりなかったから、新鮮だったし、10代のころのバンドを思い出して、楽しかったですよ。
── そうやって再び歌を、音楽を楽しめる歓びは、『Re:birth』と題して9月に行なわれる4本のライブで、より実感できるでしょうね。
【yasu】 そうですね、歌えるって幸せだなとは思っています。それは、ライブでより噛みしめられるかなって。自分自身、期待してますよ!

(文:杉江優花)

Re:birth【初回生産限定ジャケットA CD+DVD】
Acid Black Cherry
2010/08/18[シングル] 価格:\1,680(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-32164/B

Re:birth【通常盤 ジャケットB】
Acid Black Cherry
2010/08/18[シングル] 価格:\1,050(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-32165

CDを購入する(Amazon)

Re:birth【期間限定生産 ジャケットC】
Acid Black Cherry
2010/08/18[シングル] 価格:\1,050(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-32166

CDを購入する(Amazon)

1999年5月19日、Janne Da Arcのメンバーとしてシングル「RED ZONE」でメジャーデビュー。15位を獲得。
2000年3月8日、1stフルアルバム『D・N・A』をリリース。
以降、Janne Da Arcとして精力的にリリース、ライブ活動を行う。
2007年7月18日、シングル「SPELL MAGIC」で、ソロプロジェクト“Acid Black Cherry”としてデビュー。
2008年2月20日、アルバム『BLACK LIST』をリリース。
2009年8月26日、アルバム『Q.E.D.』をリリース。
2010年6月30日、アルバム『Recreation 2』をリリース。
2010年8月18日、シングル「Re:birth」をリリース。

▲このページの最初に戻る