ORICON STYLE

2010年02月17日
“毒”を排除したのにすごく冷たい…未知な領域に来れた
キリト

――「光の記憶」を制作するにあたっては、『テガミバチ』の内容を意識したんですか?
【キリト】 歌詞を書くにあたっては、原作を見たりしました。でも、今までの自分の作風から外れていない感じで、上手くリンクできるような言葉選びをしましたね。曲については先にメロディーができて、ストリングスとかピアノとか、何となくいろんな音のイメージがあったので、それが元になっています。


――歌詞の<言葉>とか<届けて>みたいな単語や、歌を綺麗に聴かせているところは、アニメのストーリーとのリンクを感じます。
【キリト】 歌詞の内容にもありますけど、“言葉を伝える”っていうことは、歌う上でも意識したところです。


――音や歌詞のイメージは冷たいぐらい綺麗ですけど、そういう世界観を表したかったんですか?
【キリト】 曲が必要とするなら、ときに過激だったり毒のある表現を容赦しないで使うほうなんですけど、この曲はそういう毒を意図的に排除したところがあるんです。それでいて、綺麗だって見方もできれば、温度感でいえばすごく冷たいとも感じられるし。温かい感覚と冷たい感覚との対比がすごくあると思います。それって、すごく痛々しい温度感だなと思うし、そういう意味では、あえて毒のある表現を全部排除したのに、考えようによっては手触りが痛々しいものになったなと。透明感とか純粋さも、極端まで行くと冷たさでヒリヒリするものになるんですよね。そういう未知な領域に来れたかなと思います。だから、新しいものに挑戦できたと思えますね。


中途半端はできない。やるときは徹底的に

――新しいものに挑戦して、純度の高い、痛々しいものになったっていうのは、またキリトさんらしいところでもあるんですか?
【キリト】 自分がやるには、そこまでやってみないとっていう意識は多少あったと思うんです。中途半端な感じがなかなかできなかったりするので(苦笑)。やるときは徹底的に。


――カップリングの「Last song」や、通常盤のみ収録の「RAINBOW」は、また曲調が違っていて。
【キリト】 曲としては単体で考えていますし、曲調も違いますけど、歌詞やテーマ的なものは、「光の記憶」と関連性があります。“光”っていうテーマがあって、各々全然違うタイプの曲に、言葉の部分ではちょっとつながるようなところがあるんです。


――でも、3曲とも歌がすんなり入って来るのは共通点ですよね。
【キリト】 今回は全部、メロディーから作りました。いつもはリフとかリズムからとか作るときもあるし。いろんな要素があると思うんで、Angeloの楽曲のいろんなタイプの中から、今回はこうでした、ってことですよね。


――次の作品ではまた違う面が見られたり?
【キリト】  そうでしょうね、当然。


――ツアー中ですが、今後の活動としては?
【キリト】 ライブもありますし、次のリリースもありますし、前向きに活動して行きたいですね。イベントとかもお話があれば出たいですし、いろいろできることはやっていきたいです。


(文:村山幸)
Release
光の記憶【初回生産限定盤 DVD付】

光の記憶【初回生産限定盤 DVD付】
Angelo
発売日:2010/02/17[シングル] 価格:¥1,900(税込)
ミュージックレイン 品番:SMCL-185/6
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

光の記憶【通常盤】

光の記憶【通常盤】
Angelo
発売日:2010/02/17[シングル] 価格:¥1,300(税込)
ミュージックレイン 品番:SMCL-187
CDを購入する(Amazon) 着うた配信

光の記憶【テガミバチ盤】

光の記憶【テガミバチ盤】
Angelo
発売日:2010/02/17[シングル] 価格:¥1,300(税込)
ミュージックレイン 品番:SMCL-188
CDを購入する(Amazon)

Profile

Angelo(アンジェロ)
キリト(Vo)、KOHTA(B)、TAKEO(Dr)の3人で2006年8月に結成されたロックバンド。Angelo(アンジェロ)とは、イタリア語で天使を意味する。
キリトの全国ツアーファイナル公演で結成を正式に発表した後、2006年10月に代々木野外ステージにて、フリーライブ『The creature was reborn out of hades』を敢行。続く11月にはデビューシングル「REBORN」をリリースした。
2008年3月、初の日本武道館ライブ『THE FRENZIED EMPIRE FINAL at NIPPON BUDOKAN』を行う。
2009年3月、メジャーデビューシングル「薄紅の欠片」を、4月には3rdアルバム『METALLIC BUTTERFLY』をリリース。
2009年12月末、東京・代々木第二体育館で自身初のカウントダウンライブ2days『Angelo09 CLIMAX SHOW CASE「CRACKING ROSARY」』『Angelo09 CLIMAX SHOW CASE「REWRITING」』を開催。
2010年1月30日よりライブツアー『SEARCH THE LIGHTWAVE』(全国5都市7公演)をスタート。
2010年2月17日、シングル「光の記憶」をリリース。
2010年4月11日、新曲リリースイベント『UNTIED RADIAL LIGHT』を東京・日比谷野外大音楽堂で開催(開場16:15〜/開演17:00〜)。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE
PLAYPLAY