ORICON STYLE

2010年02月17日

フジテレビ系人気バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』の最終兵器がCDデビュー!新たなおバカキャラの頂点をゆく山田親太朗、新撰組リアンのリーダー森公平、そしてヘキサゴンオーディションでグランプリを獲得した松岡卓弥。沖縄の伝統菓子の名前を持ったイケメン男子ユニット“サーターアンダギー”が、J-POPシーンに旋風を巻き起こす!

全国のイベントに参加してくれる人たちへサーターアンダギー粉をプレゼントするため、沖縄製粉に無料提供をお願いすることに。自己紹介では名刺代わりに「ヤンバルクイナが飛んだ」のCDを差し出した。常務は笑顔で1000ケース(1万袋!)を提供すると約束。もらった粉で早速サーターアンダギーを作ってみることに。作り方のコツは、親太朗曰く「女性にやさしく接するように」ということだ。1個ずつ丸めて、油で揚げて、出来たてホヤホヤを試食。「ウマイっ!これはもうサーターアンダギーを超えたね!」(親太朗)「え?じゃ、これ何(笑)?」(公平)「スーパーアンダギー」(親太朗)。さすが、親太朗は朝っぱらから飛ばしていた。

人気番組『ハッピーアイランド』に生出演。「僕、地元の友だちにこういう姿を見られるのが、すごく恥ずかしいんですよ〜(照)」と話す親太朗に、いきなりパーソナリティーから「ヘキサゴンの回答は本当なの?」という質問が飛んだ(笑)。天然の掛け合いが続いたと思えば、親太朗「僕、沖縄のクリーンキャンペーンに参加したいんです。沖縄をキレイにしたいんです!」と、熱い想いを語るひと幕も。公平新選組リアンとユニットを掛け持ちしている話や、卓弥が初めて飛行機に乗った話など、通常10分のコーナーを、25分も喋ったという前代未聞の事態に(笑)。生放送を見に来てくれたギャラリーたちと握手をして、3人は次のラジオ番組へ!

山田親太朗、サーターアンダギー大使(那覇市観光大使)任命を求めて、那覇市長を訪問。ここではさすがの親太朗も市長の前でテンパり気味。3人とも背筋がピンと伸びている(笑)!「私、サーターアンダギー大使、もらいに来ました。…あれ?おかしいな?(公平と卓弥を見て)カンペどおりに言えてる!?」(親太朗)。もちろん公平卓弥は「えっ…?」という顔で固まるし(笑)、市長はそんな彼らを優しい笑顔で包みながら「那覇市の発展につながれば」と快諾。そんなこんなで、無事に大使任命式が行われたのだった!那覇市職員たちの花道を通って、市庁舎を後にした。残すはデビュー記念イベントのみ!

「お客さん、400人は来てほしいなぁ」という親太朗の希望をはるかに上回り、会場に集まった人数は、なんと1000人以上!5分前のステージ裏では、緊張を隠せない3人の姿。卓弥「キンチョーしてきたー!」と叫び、公平は真顔で振り付け確認中。親太朗公平と向き合って、踊りだす。本番直前には、3人とも引き締まった表情になっていた。そして初のステージへ、笑顔で飛び出していった!
お客さんは大興奮。早速「ヤンバルクイナが飛んだ」を歌い始めると、さらに沸く会場。親太朗は超笑顔で2人のメンバーにときどき目をやり、公平は切れのいいダンスを見せる。卓弥はシリアス顔で真剣に歌う!それにしても、バックステージの子どもみたいな顔とは別人のようにカッコいい!

3人とも1曲歌っただけで汗ビッショリ。「めっちゃ恥ずかしいです、俺!」(親太朗)「緊張して足が震えてますからね(笑)」(公平)「すっごく気持ちイイですね!」(卓弥)。続いて歌った「僕らは遠い昔、海からやって来たんだ。」では、マイクスタンドを立てて歌いながら、両手を前に差し出す振り付けをクールにキメる。そして最後にもう1度「ヤンバルクイナが飛んだ」を歌い始めると、ファンの方から手拍子が起こる。3人も見事なパフォーマンスでそれに応える。「沖縄が最初でよかったー!」(親太朗)「ハイサーイ!」(公平)「後ろのほうの方も、ありがとうございましたー!」(卓弥)。その後の握手会では、みんな笑顔全開!

初イベントの感想を聞いてみた。「初めて沖縄に来たんですが、沖縄の人って温かいですね!これからもっと知って、もっと好きになっていきたいです。もちろんリアンとして京都も盛り上げますよ。今後もいろんな地域の人と触れ合っていきたいです」(公平)「初めての地方イベントだったんですが、たくさんの人が来てくれて、最高に感動しました。もっともっと頑張って、ファンとの絆を深めていきたいです。めっちゃ楽しかったです!」(卓弥)「沖縄の人の前で歌うのは恥ずかしいと思ってたんですが、今日歌ってみて、めっちゃ気持ちよかったです。恥ずかしさも吹っ飛びましたよ。また気合を入れ直して頑張ります!ありがとうございました!」(親太朗)。生ライブ、ファンとの触れ合いが、たった1日で彼らを成長させたような気がする。終わった後の充実した表情は、今朝、彼らに会った時よりもたくましく見えた。この日、本当の意味で、彼らはアーティストとしてのスタートを切ったのかもしれない。

(文:三沢千晶)

ヤンバルクイナが飛んだ
サーターアンダギー
発売日:2010/02/10[シングル] ¥1,260(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCCA-03119

フジテレビ系人気バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生したイケメン3人組ユニット。
メンバーは、同番組で新たなおバカキャラの頂点をゆく山田親太朗、島田紳助プロデュースのイケメンユニット・新撰組リアンのリーダー森公平、『ヘキサゴンオーディション2009』でグランプリを獲得した松岡卓弥の3名。
ユニット名にもなっている「サーターアンダギー」とは、球状の揚げドーナツの名前で、沖縄の伝統菓子。
2010年2月10日、シングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でデビュー。

【関連特集】
■ヘキサゴンファミリーライブレポート
  『“スペシャルすぎる”演出続出の豪華ライブを完全レポート!』(2009/11/06)

■ヘキサゴンオールスターズ「泣いてもいいですか」特集
 『待望の新曲は、夏を彩る『26時間テレビ』のテーマソング!』(2009/07/08)

■ヘキサゴンオールスターズ特集
 『大人気ユニットが続々誕生!魅力を徹底検証』(2008/10/22)


▲このページの最初に戻る