ORICON STYLE

2010年01月20日
GIRL NEXT DOOR SPECIAL INTERVIEW
さらなる進化が感じられるバラエティに富んだ最新アルバム!
次に向かう方向性のヒントが隠されたアルバム

――今回のアルバムは、やはり1stアルバムとは異なる味わいの1枚になりましたね。
【鈴木】 そうですね。1stアルバムがダンスミュージックをやりますよという決意表明の1枚だとしたら、今回はそこからさらに幅を広げ、自分たちでも今後どういう方向に行くのかを模索しながら作った、非常に実験的なアルバムです。もちろんダンスミュージックというカテゴリーではあるんですけど、そのなかでも、何か違ったアプローチができればなと思いながら作っていきました。

――タイトルも『NEXT FUTURE』だけに、まさに次の扉をあけるための1枚なんですね。
【鈴木】 そう。例えば「Tri△ngle」はバキバキのダンス系で、「Winter Crystal」はせつな系。かと思えば「sa・ku・ra」は和テイストの楽曲で、「無防備な純愛」は結構ロック色が強いじゃないですか。だから、GIRL NEXT DOORがこれからどこに行くのかは秘密だけど(笑)、そのためのヒントはいろいろ隠されているんですよ。

――ギターのアプローチの幅も広がっていますよね。
【井上】 そうですね。「空へ」や「涼風薫花」はアコースティックをフィーチャーしてますけど、「Jump」や「無防備な純愛」「恋の魔法」はエレキギターで行き切っている。だから、すごくカラフルなアルバムだと思います。ただ、だからといってGIRL NEXT DOORのコンセプトに変化はない。やっぱりリズムパートだけを聴くと、キックとかの音色はダンスミュージックですね。

2ndアルバムだから、少し大人な部分も見せていきたい

――そうそう。ちゃんと1本スジは通ってる。そのなかでバリエーションがあるんですよね。
【井上】 そうなんです。あまりにもいろんな方向を向きすぎちゃうと、そこにいかないでよ!ってなりかねないですからね。そういう意味では1曲目の「Jump」とか、GIRL NEXT DOORらしさもありつつ、進化した今の僕らも出ている曲になっていると思います。

――勢いがあってエネルギッシュな「Jump」は、本当にオープニングにピッタリなナンバー。早くライブで聴きたいです。
【千紗】 ありがとうございます。まさに、ライブでみんなが笑顔でジャンプしてくれるのをイメージしながらKato Kennさんと歌詞を書きました。以前はライブ経験が少なかったので、そういう歌詞を書くときも想像しかできなかったんですよ。でも、ライブをたくさんやってきた今は、それがリアルに書ける。だから、大輔さんから楽曲をもらった瞬間、“絶対に<Jump>っていうフレーズをここに入れる!”っていう気持ちが沸いてきたんです。みんなとのライブの思い出があったからこそ、この楽曲が生まれたんだなって思いますね。

――この1年の経験が、今回のアルバムの中にいろいろな形で実を結んでいるんですね。
【鈴木】 それは間違いないと思います。それとデビューして1年たったということは、人間だったら1才年を取ったということ。だから、GIRL NEXT DOORとしても少し大人な部分も見せていきたいということも考えましたね。
【千紗】 その、ひとつ大人になったという意味で、今回のアルバムの中では恋愛を取り入れた歌詞が、だいぶ多くなっています。今は残念ながらできてないんですけど、私も今までそれなりに恋愛はしてきましたから(笑)。それに、ライブを重ねたことによって声量や表現力も自分なりに探求していくことができました。だから、恋愛の曲を歌っても以前よりも深みが出せるようになったと思いますね。

――確かに。ついに初の全国ツアーも決定したということなので、そこでこのアルバムの楽曲たちが生で聴けるのを楽しみにしています。
【鈴木】 今回のツアーのテーマは“ライブのGIRL NEXT DOOR”。まずはみなさんの顔が見える距離でやりたいと思ったので、ライブハウスになってます。そして、秋くらいからは“エンターテインメントのGIRL NEXT DOOR”をテーマにアリーナクラスでやる予定。それぞれのツアーで、まったく違うGIRL NEXT DOORを見せるつもりなので、できれば両方を見ていただけると、より楽しいんじゃないかと思いますね。

(文:高橋栄理子)
Release

NEXT FUTURE【CD+DVD/初回盤ブックレット付】
GIRL NEXT DOOR
発売日:2010/01/20 [アルバム] 価格:\3,800(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-38021/B

NEXT FUTURE【初回盤REMIX AL付】
GIRL NEXT DOOR
発売日:2010/01/20 [アルバム] 価格:\3,059(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-38022/B

CDを購入する(Amazon)
着うた配信
Profile

千紗(Vo)、鈴木大輔(key)、井上裕治(G)の3人組。
関西を中心にダンス活動をしていた千紗は、上京後にはダンス、ボーカル、演技などのレッスンを重ね、CMや映画・ミュージカルなどで経験を積んでゆく。鈴木大輔は、2002年8月day after tomorrowのキーボーディストとしてデビューし、現在は多くのアーティストへの楽曲提供と精力的な作家活動を行う。井上裕治は、サポートギタリストとしてプロになった後、自身のグループでメジャーデビューするが1年で解散。スタジオ、サポートギタリストを続けつつ、本格的に作曲活動に力を入れ始め、数々のプロジェクト、サポートに入りつつ現在にいたる。
2008年9月3日、シングル「偶然の確率」でメジャーデビュー。初登場3位を記録。
2008年12月24日、アルバム『GIRL NEXT DOOR』をリリース。
2008年12月、『第50回日本レコード大賞』で新人賞を受賞。
2008年12月31日、『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場。
2009年4月15日、シングル「Seeds of dream」をリリース。
2009年6月10日、シングル「Infinity」をリリース。
2009年11月25日、シングル「Orion」をリリース。
2010年1月20日、アルバム『NEXT FUTURE』をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
PV「かみさまでもえらべない。」