ORICON STYLE

2009年12月10日

デビュー5年目となるUVERworldの初ベストアルバム『Neo SOUND BEST』は、シングル曲からコアなアルバム曲まで、ベスト盤の概念を覆すこだわりのラインナップ。その革新的な試みに“ネオサウンド”の真髄を見た!

新たな発見がある異色のベストアルバム

 「曲順と曲の内容を基準に、初めて手に取る人に向けてUVERworldをわかってもらえるようにした」(TAKUYA∞)。 初ベスト盤となる『Neo SOUND BEST』についてそうコメントした彼ら。ベストというと、通常はシングル曲やヒット曲を集めたダイジェスト版、あるいは過去から現在までの総決算的なイメージがあると思うんだが、UVERworldのベスト盤はいい意味でその期待を裏切ってくれる。デビューからの軌跡を網羅しつつ、今まで見せなかった顔や新たな側面を見せるラインナップ。初めての人はもちろん、今まで聴いてきた人達にも新たな発見がある異色のベストアルバムなのだ。  それをまず感じるのは1曲目の「D-tecnoRize」。デビュー曲「D-tecnoLife」の原型になったインディーズ時代の曲で、今回新たにレコーディングし、さまざまな音の仕掛けや予測できない曲の運びには彼らのこだわりや遊び心が満載。オープニングでこの曲を聴いた瞬間、このアルバムがUVERworldの過去ではなく、現在と未来を見据えた1枚だとはっきり伝わってくる。  また、この他にもシングル「endscape」のカップリングで、「すごく気持ちのこもった曲」(克哉)という名バラード「モノクローム〜気付けなかったdevotion〜」などコアなナンバーをはじめ、「Roots.」「99/100騙しの哲」「優しさの雫」など、シングルとはひと味違う新旧のアルバム曲がズラリ。なかでも「99/100騙しの哲」は「この曲で歌詞の世界観が変わった」とTAKUYA∞がもっとも印象に残った曲として挙げており、彼らにとって“ベスト盤の選曲=ヒット曲の羅列”ではなく、エポックメイキング的な捉え方をしているのがわかる。  さらに、シングル曲でも「CHANCE!」は「ずっとライブでやり続けている曲で時期によっても感じ方、考え方、いろいろな変化があった曲。自分の調子や上達を感じる基準にもなる曲です」(真太郎)と、新たにレコーディング。進化して登場した新生「CHANCE!」に、新鮮な驚きを覚えるはずだ。

過去の自分達と今の自分達にブレがない

 そして、そんな選び抜かれた曲達のラストを飾るのは「D-tecnoLife」。記念すべきデビュー曲ということで「デビュー前からやっていて印象深い」(彰)「リリースした当時、どれぐらいの人が、どんな人達が聴いてくれるのかドキドキしていました」(信人)と、彼らにとっても最も思い入れの強いナンバーだが、聴く方も感慨はひとしお。最後にこの曲を聴いた瞬間、まずその初期衝動の迫力に圧倒される。そして何年たっても色褪せないUVERworldサウンドのルーツとしてアルバム全体を、ひいては彼らの歴史を照らすような輝きと強いインパクトを感じるのだ。  ベストアルバムを完成させ「過去の自分達と今の自分達にブレがないこと」(TAKUYA∞)に改めて気づいたという彼らだが、リスナーの想いもきっと同じ。過去と現在を繋ぐ架け橋と、まだまだ未知数のUVERworldの未来を『Neo SOUND BEST』から感じるに違いない。

(文:若松正子)

Neo SOUND BEST【初回限定盤DVD付】
UVERworld
発売日:2009/12/09[アルバム] 価格:¥3,500(税込)
ソニーレコード 品番:SRCL-7173/4

Neo SOUND BEST【通常盤】
UVERworld
発売日:2009/12/09[アルバム] 価格:\3,059(税込)
ソニーレコード 品番:SRCL-7175

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

TAKUYA∞(Vo)、克哉(G)、彰(G)、信人(B)、真太郎(Dr)の5人組。
2002年6月に結成。
バンド名の由来は、“自分達の世界をも越える”という意味を持つ。
疾走感溢れるロックなアプローチから、心地よいクラブミュージックのアプローチまで、オリジナル度が高い次世代のサウンドを紡ぎだす。
2005年7月6日、シングル「D-tecnoLife」でデビュー。4位を獲得し、3週連続TOP10入りを果たす。
2006年2月15日、アルバム『Timeless』をリリース。5位を獲得。
2007年2月21日、アルバム『BUGRIGHT』をリリース。
2008年1月16日、アルバム『PROGLUTION』をリリース。
2009年2月18日、アルバム『AwakEVE』をリリース。
2009年8月5日、シングル「GO-ON」をリリース。
2009年10月28日、シングル「哀しみはきっと」をリリース。
2009年12月9日、アルバム『NEO SOUND BEST』をリリース。

▲このページの最初に戻る