ORICON STYLE

2009年12月09日
自分自身が感じていることをリアルに気づきたい!

──「君が好き」を作るキッカケは何だったんですか?
【清水】 普段はあまりやらないんですけど、今回はトラック先行でいただいたんですよ。今までとは作り方が違っていたおかげもあって、普段の自分では出てこないメロディーラインが出てきたりして、すごくいい感じの化学反応が起きましたね。で、歌詞はトラックを聴いてラブソングを書きたいと思ったところから始まったんです。今までは、自分の身の周りのものを歌にしていた感覚がすごくあったし、そういうものを少しでも曲にしたいという想いがあったんですよ。でも今回は、外のものを書いていきたいと思ったんですよね。

――外のものとは?
【清水】 ラブソングなんで、世の中の男性は、好きな女性に対してどういうことを言いたくて接しているのか?とか、逆に女性は、どんなことを言ってもらいたいのか?とか。自分以外の世界の人たちが、何をどう感じているのか?ってことを考えたんですよ。それって、今まであまりしてこなかったことなのでね。でも、あくまでも自分が歌うので、自分自身のリアルなものも歌の中に反映されているところもありつつ。

――この歌は。恋人とのケンカをキッカケに、相手の大切さを実感するというところから始まっていますよね。そういうことって多々あると思うんですけど、翔太くん自身も、そういう経験はあるんですか?
【清水】 僕は「HOME」という曲を書いたときから、自分にとって大切な瞬間だったり、輝いている瞬間を、できる限り見逃さないようにしようとすごく思っているんですよ。つらかったり痛かったりしても、あとから考えるといい経験だったと思えることがたくさんあると思っているので、どんなにつらかったり痛かったりしても、“これは自分にとってどういう瞬間なのか?”っていうのを常に考えてるんです。だから、あとから気づくんじゃなくて、その瞬間に感じていることをリアルに気づきたいという想いはあったりしますね。

――じゃ、あまり後悔しないほう・・・?
【清水】 後悔しますね(笑)。でも、できるだけしたくないと思っています。

――この歌は究極の愛に目覚めた瞬間のような歌ですよね。
【清水】 あまり僕は意識してなかったんですけど、この間のライブで、この歌を初めて歌ったんですよ。そのリハのときにバンドメンバーの方に「この歌って結婚式の歌だよね?」って言われちゃって。僕は全然意識してなかったんですけど、そう言われてみると、それくらいの決心を、この歌の主人公はしてるんだろうなと思ったんですよ。だからかなり熱いラブソングだとは思います。

――翔太くんは“外に目を向けるようになった”と言っていましたが、それはいろんな方とのコラボの経験あってのこと?
【清水】 それもあると思いますね。やっぱり自分が作ってないメロディーを歌うこともありますし、コラボする相手のカラーを考えながら歌詞を書いたりもします。なので今回は、本来の自分自身が書くような内容とはちょっと離れて、いろんなことをやってみて、自分自身とよりたくさんの人とのバランスの中で楽曲を書くということの、とりあえずのひとつの答えがこの曲というか・・・。あるひとつの解釈が、今回のシングルだという気はしますね。

僕たちの世代感が出た楽曲

――2曲目の「Family」では、KEN THE 390さん、SHUNさん、COMA-CHIさん、みんなでコラボしてますね。
【清水】 3人のみなさんの音楽がすごく好きで、イベントとかで一緒になることが多いので、話をしたりして交流が深まってきたところで、「一緒に曲をやりませんか?」という感じで始まりました。

――そうしたときに出てきたテーマが、ファミリーだったんですか?
【清水】 いろいろ考えたんですけど、ファミリーが一番おもしろいかな?と思って。今回は、元になるトラックと構成だけを決めて、他のみなさんには、自分の身に起こったすごく具体的なテーマを歌ったり、ラップするなりしてもらって、僕は3人の具体的な内容を広く包み込む感じのサビを歌いました。ひとつのテーマではあるんだけど、みんな違う内容で書けるんじゃないかな?と思ったのが、ファミリーなんです。ファミリーって家族でもありますし、HIP HOPの中では仲間という意味もあります。で、仕上がってみると、みんな仲間的な意味合いでファミリーを書いてたんですよね。それって僕たちの世代感でもあるし、音楽で仲間を描くっていうこと自体が人気なんだなと感じました。

――温かさが伝わる歌ですよね。3人は、翔太くんファミリーなんですか?
【清水】 そうなればいいなと思っています(笑)。まだ僕のなかでは、ファミリーっていうのは憧れだったりするんですよ。ファミリーって、家族にしても仲間にしても、毎日一緒にいるイメージがすごくあって。上京して仕事をしていると、なかなかファミリーって作れないなぁ・・・と。僕、すごくシャイなんで・・・だから、できないかもしれないです(笑)!

――(笑)そんなことはないですよ〜!逆に翔太くんと友だちになりたいと思っている人、たくさんいると思いますよ。
【清水】 ぜひ、そちらから声をかけて下さるよう、お願いします(笑)。

(文:三沢千晶)
Release
君が好き【初回生産限定盤DVD付】
君が好き【初回生産限定盤DVD付】
清水翔太
発売日:2009/12/09[シングル] 価格:\1,575(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7129/30
CDを購入する(Amazon)このCDについて語ろう
君が好き【通常盤】
君が好き【通常盤】
清水翔太
発売日:2009/12/09[シングル] 価格:\1,575(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ 品番:SRCL-7129/30
CDを購入する(Amazon)着うた配信
Profile

地元・大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられたことをきっかけに作詞・作曲・アレンジを行うようになる。
2007年7月18日、デビューに先駆け、童子-Tのシングル「ONE LOVE feat.清水翔太」に参加し、新人らしからぬ堂々たる歌唱にファンの間で話題になる。
2007年9月26日、セリーヌ・ディオンのトリビュートアルバム『セリーヌ・ディオン トリビュート』では、国内の実力派アーティストたちと肩を並べ、「I'M YOUR ANGEL」を加藤ミリヤ&清水翔太名義で参加。セリーヌ・ディオン&R.ケリーによるオリジナルを独自の解釈で歌い上げ、日本人離れした、ソウルフルかつ圧倒的な歌唱力を印象付けた。
2008年2月20日、シングル「HOME」で待望のメジャーデビュー。新人ながら異例の初登場5位を獲得し、各方面より話題を集める。
2008年11月26日、アルバム『Umbrella』をリリース。
2009年5月13日、加藤ミリヤ×清水翔太名義でシングル「Love Forever」をリリース。
2009年7月15日、シングル「美しき日々よ/さよならはいつも側に」をリリース。
2009年12月9日、シングル「君が好き」をリリース。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE
関連リンク

■シングル「美しき日々よ/さよならはいつも側に」インタビュー
 『新たな部分と芯の部分が共存した最新シングル!』(2009/07/15)
■加藤ミリヤ×清水翔太 シングル「Love Forever」インタビュー
 『同年代のふたりが共通して言える“LOVE”とは?!』(2009/05/07)
■清水翔太 アルバム『Umbrella』インタビュー
 『10代の今だからこそ歌える温かい気持ちが詰まった待望の1stアルバム』(2008/11/26)