ORICON STYLE

2009年09月30日
新しい可能性や魅力のある曲を収録したアルバム

――再結成後初のオリジナルアルバムということで、今までと取り組む意気込みは違いました?
【伴】 新しいものをやりたいって気持ちは常にあったけど、今回はますますその想いが強くなって。1曲1曲生命力というか、『ETERNAL FLAME』(=永遠の炎)っていうタイトルにも繋がる情熱的な曲が入れられたと思います。
【大渡】 ただ、ラッキーなことに再結成前と同じ制作陣でやっているので、コミュニケーションの部分は和気あいあいで何も変わってなかったんですよ。その中で何か違うことをやりたいって思いがみんなあって。
【伴】 これまでは作曲はいつもひとりの方にお願いしてたけど、今回はたくさんの作曲家さんにお願いしました。


――楽曲を一般公募したんですよね。その中の3曲が採用されていますが。
【大渡】 一般公募はプロデューサーが大胆な人でプロもアマも関係ない、一般から集えばいいじゃんって言い出して。僕らもその手があったかってことでやってみたんだけど、結果的に今までのDo As Infinityを踏襲(とうしゅう)しつつ、新しい可能性や魅力のある曲を選べたかなと。


デビュー10周年に武道館に立てるのは嬉しい

――新しい魅力とは?
【大渡】 3曲ともオーソドックスな魅力がある。今までの曲ってトリッキーなところがあったんだけど、一般公募の曲はJポップに寄り添ったベーシックな曲なんですよ。伴ちゃんはそういう曲だとより良さが出るというか、歌声の魅力なり個性が再生されやすいって印象を受けたんですよね。
【伴】 私自身はあまり意識したことはないんだけど、3曲とも聴いた瞬間、自分が歌ってる姿がイメージできました。すんなり消化できる曲ではあって、そういう意味ではDo As Infinityらしく、でも新しいチャレンジができた曲になったと思います。
【大渡】 でもDo As Infinityらしさと新しさの両方の部分をもっとも出せたのは、やっぱりシングルの「生まれゆくものたちへ」ですよね。この曲はDo As Infinityの良さを持ちつつ、何か違うって雰囲気を持っていて、満場一致で再結成一発目として取り掛かった曲なんですよ。


――すごくスケール感のある曲ですよね。
【大渡】 壮大というか、派手じゃないけど響く。ここからまた始まったってことでも一番印象深い曲だし、今の僕らのすべてが集約されてる気がしますね。


――11月29日には再結成後初の武道館ライブも決定してますが、どんな気持ちで挑みたい?
【伴】 デビュー10周年に武道館に立てるのは嬉しい。プレッシャーもないことはないけど、楽しんでやりたいです。じゃないとお客さんが心配するから(笑)。
【大渡】 今作が思いのほかロックなボーカルアルバムに仕上がって、武道館にふさわしい内容になったかなと。実感も湧いてきてるし、再結成したDo As Infinityが立っても恥ずかしくないステージになると思いますよ。


――ちなみに先ほど制作陣との雰囲気は再結成前と何も変わってなかったと言ってましたが、2人の中でも変わったことはないんですか?
【伴】 ないですね。ツアーのときも相変わらず2人とも呑みにケーションだったし(笑)。
【大渡】 まぁ、お互い昔と変わらずよく呑むなと。ただ伴ちゃんは前より物事を面で捉えられるようになって、視野が広くなった感じはしますね。
【伴】 亮君は・・・白髪が増えた?(笑)。変わったのはそれぐらいです。

(文: 若松正子)
Release
ETERNAL FLAME【CD+DVD】

ETERNAL FLAME
Do As Infinity
発売日:2009/09/30[アルバム]
エイベックス・トラックス


【CD+DVD】
価格:¥3,990(税込)
品番:AVCD-23922/B

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

【CDのみ】
価格:\3,059(税込)
品番:AVCD-23923

CDを購入する(Amazon)着うた配信
Profile

伴都美子(Vo)、大渡亮(G&Vo)の2人組。
1999年結成。デビュー前から渋谷ハチ公前を中心に路上ライブを行い、いまや伝説として語られている。
1999年9月29日、マキシシングル「Tangerine Dream」でデビュー。
デビュー後はCDリリース、ライブ活動を精力的に行い、アルバム『NEW WORLD』『DEEP FOREST』、ベストアルバム『Do The Best』が3作連続で週間アルバムランキングで1位を獲得するなど、ミュージックシーンの中心で活動を続けていた。
2005年9月、音楽の方向性の相違、メンバーのソロ活動の活発化に伴い、惜しまれながらも解散を宣言。
2005年11月25日、日本武道館でラストライブを開催。6年間の活動にピリオドを打つ。
2008年春、メンバーとスタッフが再会したことがきっかけとなり、再結成を決意。同年夏、『a-nation'08』にてシークレットアーティストとして1曲のみ演奏し、再結成を発表。
2008年9月29日を再結成の日とし、再始動する。
2009年9月30日、アルバム『ETERNAL FLAME』をリリース。

OFFICIAL SITE