何かを残したいという強い気持ち

――「Rem_」は咲人さん作詞作曲ですが、とても疾走感のある爽やかな曲ですね。

【咲人】 この曲は、アップテンポでちょっと明るめな感じの曲調がほしいなっていうところから始まりました。

【YOMI】 最初聴いたときから、突き抜けた感じで歌えたらいいなっていうイメージがあって。歌詞に、<突き抜ける>だったり、<飛ぶ>みたいなワードもあるので、それでよりこう歌って行こうっていうのが具体的になって行きましたね。


――そういう感じを表現したいと思っていたのは、どういう理由から?

【咲人】 アルバム『majestical parade』のリリースとホールツアーが終わってからの1発目というのもあったし、アルバムが曲調的に暗い方向に向かっていたので、また違った方向性のものっていうところですかね。

【YOMI】 10周年に向かうっていうところでピッタリかなっていうのはありましたね。ピッタリにしたいなっていうか。

――歌詞では、タイトルでも匂わせている、rememberという言葉がポイントになっていますよね。

【咲人】 友達でも出会いとか別れがあって、自分のなかでだんだんその人の存在が消えていっちゃうこととか、またその逆もありますよね。でも、自分も忘れたくないし、忘れられたくないっていう気持ちがあって。たぶん寂しかったんでしょうね(笑)。


――それが自然に出た?

【咲人】 (それが個人的なことだけではなくて、バンド対ファンであったり、スタッフだったりとか、音楽とか。今の世の中って音楽がすごく消費されている感があるけど、そういうのもイヤだなって思ってて。何かを残したいっていう気持ちも強かったですね。


バンドとしての新しいイメージ“白”

――タイトルの表記の意図は?

【咲人】 remって始まるすべての単語というか、“_”が結構重要で。rememberだったり、remainだったり。それで始まる言葉の総称っていう意味合いでつけた感じです。

――カップリングはガラッと雰囲気が違う、RUKAさん作詞作曲の「love addict」。

【YOMI】 大人っぽいなっていう印象だったんで、この曲調に合う歌い方ができるか、初めのうちはちょっと不安でした。でも、ピアノとボーカルの演奏があるバーとかに意識して通ったりしているんですけど、そこで歌っているような感じにしたいなって思いました。

【咲人】 リズムはわりと一定なので、ギターもシンプルにしています。リズム隊が淡々とリズムを刻んでいくなかで、シンプルななかに“ため”を作って深みを加えたり、人間っぽさを出したりしましたね。


――新しい面を打ち出した作品ですが、衣装もこれまでにはないイメージなんですよね。

【YOMI】 咲人が、全員白で行きたいっていい出して。いつも黒がベースな感じなんで、皆で白で合わせるのは初めてでした。最初は若干不安を感じていたんですけど、皆でアーティスト写真とか撮ってみて、これもありだなって。バンドとしても新しくて、いいなって感じですね。

(文:村山幸)