ORICON STYLE

2009年07月22日
ドキュメント映像公開!第2子妊娠〜出産で魅力が増したその素顔に迫る!
 まだ喋れない赤ん坊が、何かを初めてした時に発せられた声“ATTA”。約2年ぶりのオリジナルアルバム『ATTA』には、そんな“新鮮な驚き”が詰まっている。そこで今回ORICON STYLEでは、アルバム制作と共に、第2子妊娠〜出産を経験した、UAのドキュメント映像を公開!2児の母親になり、歌手として、人間として魅力が増したUAの素顔に迫ります!!
UA Special interview
ドキュメント映像
レコーディング風景 素の表情&細野晴臣 大きなお腹で撮影 赤ちゃんをあやす
more MOVIE
妊娠中も「とにかく音楽を楽しみたかった」

 独自のポップ感を取り入れた前作『Golden green』で新たなファンを獲得した後、娘の出産を経て、ポジティブでリズミックな新作『ATTA』を完成させたUA。UAならではの世界観や人生観を心地よい歌とサウンドで綴っている傑作だ。

「アルバムタイトルにはとても迷ったのよね。『11』も、ちょうど妊娠中にレコーディングしていたから、それにに絡めてタイトルを『12』にしようと思っていたんだけど、曲を数えたら13曲に増えていて(笑)」

 UA待望のニューアルバム『ATTA』は、妊娠中から出産後にかけてレコーディングされた。『11』とはUAの1stアルバムであり、名盤でもある大ヒットアルバムのことだ。

「『11』との共通点は“妊娠中”ということ以外にもあって、グルーヴを意識していたこと。妊娠していると“地面とつながっている”感じになるというか、なんかズン、ズン、と(響いて)くるものがあって。でも、今回は当時やっていたようなクラブサウンドじゃないよ(笑)。ビートを意識したかったのは、やっぱり音楽にグルーヴは大切だし、ポジティブなアルバムにしたかったから」

 “とにかく音楽を楽しみたかったの”と、UAが笑顔で話すのは、長年の親交からとても信頼しているミュージシャンたち曲を依頼したところ、サプライズに溢れた素晴らしい楽曲ばかりが届いたからだ。

 青柳拓次、鈴木正人、栗原務、というLITTLE CREATURESの3人に、細野晴臣、YOSHIMIO、内橋和久、半野喜弘、YAMP KOLT(a.k.a.mai fujinoya)といった面々から届いた曲は、どれも個性的ながら、UAのボーカルが乗ることで滑らかな音楽に変わっていく。

 インドネシアのガムランの入った土着的な歌「TIDA」、チェロ6台の弦楽奏とエレクトロサウンドが美しく溶け合う曲「Purple Rain」、おだやかな時間を感じさせる細野晴臣とのデュエット「月がきえてゆく」をはじめ、聴くほどに発見のあるサウンドの層が広がっているのだ。

自分の大切なものはそばに“あった”

「娘ができたことで感じ方が変わってきている部分は、絶対にあると思う。歌詞に関して言えば、もし大魔神が出てきても、今は子供が泣かないように、“怖くないから、お茶を出しておこうか”って思うし。「怪物」という曲もあるけど、この世とあの世の合間みたいなところで、怪物って人間かもしれないし、隣りのあなたかもしれない。結局は、愛すべき怪物について歌っている歌で。私はもともとファンタジーやユーモアは好きだったけど、それが自然と歌詞に出るようになったと思う」

 ポジティブになったというか、大らかになったというか。サウンドも歌詞も、新しい宇宙が生まれたかのように、すべてに関して広がりを感じさせる内容になっている。

「結局、アルバムタイトルを『ATTA』にしたのは、娘がいつも耳元で“あった、あった”って喋っていたのが脳裏に残っていたから。“あった”っていう言葉の響きがまず良かったし、いつも“ない”と思って探しているものが“あった”、という意味でいいかな、と思ったし、文字で書いても並びがきれいだし。あと、やっぱり大切なものは愛で、でも自分自身を愛せないと、人からも愛されない。私はいつも何かと夢見がちだけど、でも結局求めているものは自分のそばにあるのだから、“あった”という言葉が、今の心境をとてもよく表わしていると思ったの」

(文:伊藤なつみ)

RELEASE

ATTA
UA
2009/07/22[アルバム]
¥3,045(税込)
ビクターエンタテインメント
VICL-63363
CDを購入する(Amazon)着うた配信このCDについて語ろう

profile

1972年3月11日生まれ、大阪府出身。母方の故郷は奄美大島。
UAとはスワヒリ語で“花”“殺す”という対極的な意味を持つ言葉。
1995年6月、シングル「HORIZON」で歌手デビュー。
1996年6月、シングル「情熱」がヒット。知名度を一気に上げる。
1996年10月、1stアルバム『11』をリリース。3位を獲得。
1998年4月、2ndアルバム『アメトラ』リリース。2位を獲得。
1999年10月、3rdアルバム『turbo』リリース。6位を獲得。
2000年、浅井健一らとAJICOを結成。翌年2月、アルバム『深緑』をリリース。4位を獲得。 2003年、第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品『沙羅双樹』(監督:河瀬直美)の音楽を担当。
2003年4月より、NHK教育テレビ番組『ドレミノテレビ』に、歌のおねえさん“ううあ”としてレギュラー出演。
2003年9月、初のベストアルバム『Illuminate 〜the very best songs〜』、クリップ集DVD『Illuminate 〜the very best clips〜』をリリース。それぞれ4位、16位を獲得。
2004年3月、5thアルバム『SUN』、アルバム『うたううあ』をリリース。
2006年7月、ジャズサックス奏者・菊地成孔とスタンダードジャズアルバム『cure jazz』をリリース。
2007年6月、松本人志初監督映画『大日本人』に小堀マネジャー役で出演。
2009年7月22日、約2年ぶりとなる8thアルバム『ATTA』をリリース。


▲このページの最初に戻る