ORICON STYLE

2009年01月21日
歌で何かを表現したい

――ついに1stアルバムが完成しましたね。
【西野】 幼い頃からフィギュアスケートとクラシック・バレエをやっていたこともあり、エンターテインメントの世界にはとても興味を持っていました。でも選手としてフィギュア・スケートをやっていた当時は、芸術性よりもジャンプなどの競技性が重視されていて、自分がやりたい“表現の追及”とは違ってきてしまったので、途中で辞めてしまいました。フィギュアを辞めたあとは、なかなか自分のやるべき道が見つけられず悶々とした日々を過ごしていたのですが、大好きな映画を観ているときに“やはり何かを表現する人になりたい”という思いがとても強くなってきたんです。もともと歌うことが好きだったので、歌で何か表現したいという思いがあったのですが、そんなときに海外アーティストのPVを観て、私が好きなアーティストの多くは歌だけでなくダンスのレベルも高いことを知りました。私も歌に挑戦するのなら、ダンスも踊れないといけないと思いダンスをはじめるようになりました。そこから自分で海外アーティストの真似をしたり、バレエの動きから創作していくなかで友達から「高校生のダンス大会に出場しない?」と声をかけてもらって、『スーパーチャンプル』などのテレビ番組に出るキッカケとなったSQUALL NOIZEというチームを作ったんです。

――ダンスで注目を浴びる一方で、歌のほうも続けていたんですよね?
【西野】 そうですね。でも、ダンスをやっている人が歌うと聞くとHIP HOPやR&Bをイメージされる人が多いと思うのですが、私はロック好きということもあり、どうしても自分がR&Bを歌う姿が想像できなかったんです。どちらかというとアコースティックなギター1本で歌うようなスタイルに興味があったんですよね。そんな時に『RENT』という映画(ブロードウェイ・ミュージカルを映像化した作品。日本公開は2006年4月29日)の「OUT TONIGHT」という曲に出合い、劇中でロックな曲に合わせて歌い踊る姿がすごくおもしろいと思ったんです。これなら私もロックな曲で踊りながら歌うということができると思い、信じて追求していった結果、今回デビューする事につながりました。

PVで過去と現在の自分を表現

――研究熱心なんですね。
【西野】 ダンスも歌もそうなのですが、自分の中で完成形が出来上がっていたとしても、よりいいものができるなら、一度壊して新たに作り直してもいいと思っています。そのためにいつもおもしろいメロディーを探していますし、映画も“ショー(エンターテインメント)”感覚で、映画によっては「どうして最後が予測できるのに感動してしまうんだろう?」って無意識に考えたりしてしまいます(笑)。

――プロデューサー的な感覚を持っているんですね。
【西野】 表現者としてしっかりしなきゃという気持ちが常にあって、できるだけ自分のことも客観的に見るように、そして、これから先自分がどうしたいのかっていうことを意識しています。でも、それは音楽とダンスのことだけで、そのことから離れるとまったくのダメダメ人間かもしれないですね(笑)。

――「Open your eyes」のPVのダンスはさすがだと思いました。
【西野】 このPVでは、ダンサーをバックに歌って踊るシーンとバンドをバックにした2つの設定があるのですが、これはロックが大好きなシンガーの私と、ダンサーの私を表現しているんです。最後にその2つのシーンが交差することで現在の私が生まれる。カッコいいPVに仕上がったので是非みなさんに観てほしいですね。

――今後の目標は?
【西野】 アーティストとして、これからは私が今までやってきた経験がより作品に生かせる場所だと思うので、例えばライブひとつでもダンスで得た感性を生かし構成をしっかり考えて、おもしろいと思うことを楽曲やライブなど自分の作品に積極的に取り込んで、自分自身をどんどん進化させていきたいですね。将来的にはジャンルや音楽のスタイルを超えるアーティストになりたいと思います。

(文:田井裕規)
RELEASE
Open your eyes【初回盤】

Open your eyes【初回盤】
西野名菜
発売日:2009/01/28[シングル] 価格:\1,500(税込)
よしもとアール・アンド・シー 品番:YRCN-90048
CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう

Open your eyes【通常盤】

Open your eyes【通常盤】
西野名菜
発売日:2009/01/28[シングル] 価格:\1,260(税込)
よしもとアール・アンド・シー 品番:YRCN-90049
CDを購入する(Amazon)

PROFILE
1986年4月29日、東京都生まれ。
4才よりクラシック・バレエ、小学2年生からフィギュアスケートを始める。
その後、歌って踊ることに自分の本当に表現したいことを見出し、スケートの選手コースからエンターテイメントの道を目指す。
ダンサーとして、高校2年生の時に結成したダンスチーム『SQUALL NOIZE』で活動。
2009年1月28日、シングル「Open your eyes」でメジャーデビュー。