ORICON STYLE

2008年10月29日
the generous (ジェネラス) Special Interviewthe generous特集 第2弾 初のPV撮影での思わぬハプニングとは・・・!?
PV「Melody」
Artist Page Official Site
いつ聴いても色あせないスタンダードなものを作りたかった

――このアルバムに収録された曲たちは、どんなテーマで選ばれたんですか?
【yoko】 テーマとかコンセプトとかを決めずに、いろんなタイプの楽曲を私はデモテープ作りのなかで歌っていたんです。半年ぐらいの作業だったんですけど、このアルバムに収録したのは、今年の初めにデモ作りした曲ばかりなんですよ。それは別に意識してそうしたって感じではなくて・・・。
【大西】 なぜだか、そう自然と決まっていきました。
【yoko】 王道なのが集まってきたって感じかもしれない。
【大西】 yokoの声を活かせる曲って、王道の歌ものだと思うんです。いつ聴いても色あせないスタンダードなものを作りたかったし、そのスタンダードの中にもいろんな形があると思うので、じっくりと聴かせる曲、ライブで映える曲、ロックな曲という感じで、ミニアルバムではあるけれど、the generousの王道のバリエーションはここでひとつ届けられたかなって思います。
【yoko】 ミニアルバムでもシングルよりも多く曲が入れられるし、フルアルバムとはまた違うミニアルバムならではのバリエーション感があって、お得だと思います(笑)。

――王道な歌ものギターサウンドといったthe generousの軸がしっかりと伝わってくるアルバムになりましたね。ところで、yokoさんが歌うときにいつも心がけていることはなんですか?
【yoko】 歌いながら、それは自分の表情も含めて、想いを伝えるということを大切にしています。詞の中にある気持ち、メロディー、メッセージ、その全てを私の歌で伝えられたらなぁって。

――アルバムの1曲目に収められた「Melody」は王道のバラード曲ですけど、歌詞の中には“平和の鐘を鳴らそうよ”という大きなメッセージが刻まれてる。
【yoko】 そのメッセージを聴いてくれる方が、1人ひとりそれぞれの感じ方で受け止めてくれたら嬉しいです。
【大西】 うん。押し付けたメッセージではなくてね。
【yoko】 夢だったり、希望だったり、未来だったり。“平和の鐘”っていうひとつの言葉にはいろんな思いがあるはずだから。

PV撮影は初めての経験だったので、何もかもが新鮮で楽しかった

――yokoさんは作詞も手がけていますね。
【yoko】 共作もあるので、今回のアルバムで私が詞を書いたのは、5曲中2.5曲なんですけど、自分が書いた詞からも新しい発見があったし、作詞をしてもらった歌詞やメロディーからもいっぱい発見があって、歌うのがとても楽しかった。私の言葉じゃなくても、その言葉に思いを重ねたり、この詞を私はどう歌おうって、ボーカリストとしてたくさん勉強ができたレコーディングでした。

――1曲目「Melody」のPV撮影エピソードを聞かせて下さい。
【大西】 富士山の5合目まで行って撮ったんですけど、足元が不安定な場所だったので足を踏ん張っていないとギターが弾けなくて(苦笑)、ちょっと体勢を変えただけでよろけちゃったり・・・。でも、富士山でギターを弾くなんて経験はなかなかないですよね。貴重な経験をさせてもらいました!
【yoko】 なぜか私の周りにハチがいっぱい寄ってきちゃって、なんでハチに好かれてるんだろうって思いながらも、歌っていました(笑)。とにかくPV撮影は初めての経験だったので、何もかもが新鮮で楽しかったです。
――今後の目標は?
【yoko】 とにかくライブをたくさんやりたいです!
【大西】 ライブをやっていくなかで、the generousをどんどん成長させていきたいですね。

(文:松浦靖恵)
Release

the generous【初回限定盤】
the generous
発売日:2008/10/29 [アルバム] 価格:\1,800(税込)
tearbridge records 品番:NFCD-27129

the generous【通常盤】
the generous
発売日:2008/10/29 [アルバム] 価格:\1,500(税込)
tearbridge records 品番:NFCD-27130

CDを購入する(Amazon)
Profile

yoko
12〜18才まで思春期の多感な時代を米国・LAで過ごす。LAで様々な音楽に刺激を受けたyokoは本格的にミュージシャンになる事を決意し、数えきれないほどのスーパースター達のボイストレーナーとして知られるセス・リグス氏に師事。2008年春、上智大学を卒業後、デビューに向けてさらに精力的なレッスン、レコーディングを開始。


大西克巳
1999年、布袋寅泰に見いだされ、2人組ユニット“JET SETS”としてデビュー。ギター、作曲、アレンジを担当。布袋寅泰プロデュースのもとシングル4枚、アルバム1枚を発表し、2003年まで活動。その後はギタリスト・コンポーザーとして個人での活動を開始。近年では布袋寅泰をはじめ宇多田ヒカル、NOKKO等のライブにギタリストとして参加、またコンポーザーとしては倖田來未をはじめ様々なアーティストへの楽曲提供など、様々なアプローチでの音楽活動を展開。


2007年、yokoが制作した1本のデモテープをきっかけに、様々なクリエイターと楽曲制作を進めていくなか大西克巳と意気投合し、2008年にユニットとしてthe generousが誕生。
2008年10月29日、アルバム『the generous』で待望のデビュー。


OFFICIAL SITE
PV「RED CLIFF 〜心・戦〜」