ORICON STYLE

2008年10月29日

“アコギを弾いて歌う”っていうことをもう一度大切にしたい

――前作『コントラスト』から本作に至る過程は、秦さんにとってもすごく意味のあるものだったと思うのですが。
【秦】 そうですね。『コントラスト』を作り終えた時点で、“自分にしかできない表現って、何だろう?”ってことをすごく考えたんです。そこから最初に出てきたのが、「虹が消えた日」だったんですよ。サウンド的なことでいえば、12才で音楽を始めたときから続けてきている“アコギを弾いて歌う”っていうことをもう一度大切にしたいなっていう。

――秦さんの基本のスタイルを確認した、と。
【秦】 そのことを確認できたことで、2ndアルバムの方向性がおぼろげに見えてきて。その後、“どこまでポップになれるか”をテーマにした「キミ、メグル、ボク」ができたことで、それがさらにハッキリしてきたんですよね。

秦 基博

――その2曲がアルバムの両輪になったのかもしれないですね。「新しい歌」は?これもアルバムの大きなポイントだと思うんですが。
【秦】 うん、そうですね。このメロディー自体は『コントラスト』のツアー中からあったんですけど、歌詞ですごく悩んでしまったんですよ。自分のオリジナリティを追求したいという思いもあり、一方では、よりたくさんの人たちに広がってほしいっていう気持ちもあって。そのなかで、なかなか歌詞が進まなくなってしまって。

“歌う意味”について考えたアルバム

――なるほど。
【秦】 「フォーエバーソング」では、自分の中にある強い気持ちを歌うことが大事なんだ、って歌っていて。それを踏まえたうえで「新しい歌」では、ありのままの自分を表現するっていうところに向っているんですよ。それが現時点での、ひとつの答えかなって。もうひとつ、この曲は1曲目の「夕暮れのたもと」とも対になっているんです。

――と、いうと?
【秦】 これはアルバムのタイトルにも繋がっていくんですけど、両方とも“歌う意味”について歌っているんですよね。”自分はどうして歌ってるんだろう?”って考えてみると、自分の作品が、聴いてくれている人にとって、ちょっとした勇気だったり、前向きな気持ちになるための小さなきっかけになってくれたらいいな、っていう思いに結びついていて。それを言葉にすると、“大丈夫(ALRIGHT)”ってことになるんじゃないかなって。僕もそうなんですよ。迷ったり悩んだりすることも多いけど、それでも前に進んでいけるのは、回りの人たちからの“大丈夫だよ”っていう言葉だったり、気持ちだったりするので。

――すべての必然がこのタイトルに繋がっていったというか。一方でこのアルバムは、すごくカラフルでポップな作品でもあると思いました。「ファミソラシドレミ」みたいな可愛らしいポップスもあるし、「最悪の日々」っていうノリノリのロックンロールもあって。
【秦】 「ファソラシドレミ」は、どこまでユルく遊べるかっていうのがテーマ。「最悪の日々」は明らかにアルバムのなかで浮いてるんだけど(笑)、いい意味の裏切りもどんどんやっていきたいので。出来上がってみるとポップなところもちゃんと出てたので、安心しました(笑)。

――アルバムの最初のテーマだった“自分らしさ”も見つかった?
【秦】 今感じてるのは“ひとつの思いにどれだけフォーカスできるか?”ってことですね。それがいちばん伝わりやすいと思うし、自分らしさをシンプルに表現できることにも繋がると思うので。

(文:森朋之)

Release

ALRIGHT【初回生産限定盤DVD付】
秦 基博
2008/10/29[アルバム] 価格:\3,360(税込)
BMG JAPAN 品番:AUCK-18036/7

CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう!

ALRIGHT【通常盤】
秦 基博
2008/10/29[アルバム] 価格:\3,059(税込)
BMG JAPAN 品番:AUCK-11014

CD購入(Amazon)
着うた®配信

Profile

1980年10月11日、宮崎県生まれ横浜育ち。
2004年1月20日、インディーズアルバム『オレンジの背景の赤い静物』をリリース。
2006年7月、『Augusta Camp 2006』にオープニングアクトとして出演し、一躍注目を集める存在となる。
2006年11月8日、シングル「シンクロ」でデビュー。
2007年3月7日、アルバム『僕らをつなぐもの』をリリース。
2007年6月6日、シングル「鱗(うろこ)」をリリース。
2007年9月26日、アルバム『コントラスト』をリリース。
2008年4月23日、シングル「キミ、メグル、ボク」をリリース。
2008年6月4日、シングル「虹が消えた日」をリリース。
2008年10月29日、アルバム『ALRIGHT』をリリース。

OFFICIAL SITE