ORICON STYLE

2008年10月22日
the generous (ジェネラス) Special Interview
結成秘話に影響を受けた人、子供の頃の夢まで、注目のユニットを徹底解剖!!
yokoの写真
CLOSE UP★yoko

Q1. 影響を受けたアーティストyokoの写真

クリスティーナ・アギレラの1stアルバム(『クリスティーナ・アギレラ』)は、一番衝撃を受けた作品です。すごくパワフルな声、彼女が持っているエネルギーの強さ、彼女の歌から私はたくさんの力をもらいました。

Q2. 好きな作家yokoの写真

大学がドイツ文学科だったこともあるんですけど、ミヒャエル・エンデが好きです。ファンタスティックな『はてしない物語』や『モモ』が好きですね。マンガでは矢沢あいさんの『NANA』が、音楽やバンドがストーリーの中の大切なシーンの中に描かれているし、恋愛もリアルに描かれているのでとても好きです。かと思うと、男っぽいマンガのギャンブルの世界を描いている『ナニワ金融道』とかも好きです(笑)。

Q3. 好きな映画yokoの写真

キラキラした青春の恋愛を描いた映画がすごく好きです。『きみに読む物語』がとても好きで、胸がキュンとなったり、涙がドーッと出ちゃったりして、感情移入しまくりでしたね。結婚したこんな夫婦になりた〜いって思いました!!

(文:松浦靖恵)
Photo Gallery 貴重なショットが満載☆画像をクリック!!
Release

the generous【初回限定盤】
the generous
発売日:2008/10/29 [アルバム] 価格:\1,800(税込)
tearbridge records 品番:NFCD-27129

the generous【通常盤】
the generous
発売日:2008/10/29 [アルバム] 価格:\1,500(税込)
tearbridge records 品番:NFCD-27130

CDを購入する(Amazon)
Profile

yoko
12〜18才まで思春期の多感な時代を米国・LAで過ごす。LAで様々な音楽に刺激を受けたyokoは本格的にミュージシャンになる事を決意し、数えきれないほどのスーパースター達のボイストレーナーとして知られるセス・リグス氏に師事。2008年春、上智大学を卒業後、デビューに向けてさらに精力的なレッスン、レコーディングを開始。


大西克巳
1999年、布袋寅泰に見いだされ、2人組ユニット“JET SETS”としてデビュー。ギター、作曲、アレンジを担当。布袋寅泰プロデュースのもとシングル4枚、アルバム1枚を発表し、2003年まで活動。その後はギタリスト・コンポーザーとして個人での活動を開始。近年では布袋寅泰をはじめ宇多田ヒカル、NOKKO等のライブにギタリストとして参加、またコンポーザーとしては倖田來未をはじめ様々なアーティストへの楽曲提供など、様々なアプローチでの音楽活動を展開。


2007年、yokoが制作した1本のデモテープをきっかけに、様々なクリエイターと楽曲制作を進めていくなか大西克巳と意気投合し、2008年にユニットとしてthe generousが誕生。
2008年10月29日、アルバム『the generous』で待望のデビュー。


OFFICIAL SITE
PV「Melody」 Artist PageOfficial Site