ORICON STYLE

2008年10月15日

 7月にリリースしたシングル「SUMMER PARTY/LAST EMOTION」が初登場10位を獲得するなど、いまノリにのっているDAIGO率いるBREAKERZの2ndシングルが到着。「灼熱」では、T.M.Revolutionのサポートでも知られるBULLZ ZEICHEN88のIkuo氏(B)やGLAYのデビュー当時から参加し続けているToshi Nagai氏(Dr)も参加するなど、彼らの音楽に対する情熱が一層伝わってくる熱いロックナンバーに仕上がった。

CDショップに行ったら、感激して思わず泣いちゃいました

――――デビュー曲「偶然の確率」が大反響ですが、まずは、その感想を聞かせてください。
【井上】 驚きです!たくさんの方に聴いていただけて、素直に嬉しいですね。
【鈴木】 僕自身は、大反響かどうかは正直実感がないんですよ。でも、デビューシングルを多くの方に聴いてもらえたんだとしたら、すごく嬉しいです。
【千紗】 私、実はデビュー日にCDショップに行ったんですよ。そしたら、自分たちのCD がいっぱい並んでいて、ポスターもたくさん貼ってあったのでビックリしました。自分の想像をはるかに超えていたので、感激して思わず泣いちゃいました。


――そんな勢いのなか、早くも2ndシングル「Drive away」をリリース。今回は、とてもアッパーでパワフルなナンバーになってますけど、どのようにして生まれた曲なんですか?
【鈴木】 ライブをイメージして、サビから作ったものなんです。だからライブのときは、この曲で盛り上がってもらえたら最高ですね。もともとはもう少しバンドサウンドっぽいアレンジだったんですけど、2ndシングルに決まってから、今の形に作り直したんですよ。


――ギターもスピード感抜群ですよね。特に、まさにエンジン音のような音が聴こえてくる部分は印象的でした。
【井上】 ああ、あそこは照明とのコンビネーションを意識したんです。サビ前に、この音に合わせてライトが動いて欲しい!みたいな(笑)。それに、僕らはまだスタートラインに立ったばかりなので、さらに飛び出していくような感じも表現したかった。だから、そういう勢いも出ているじゃないかと思います。


私の元気がいっぱい注入された曲

――歌詞の内容もとてもポジティブ。千紗ちゃん自身の考え方も反映したものですか?
【千紗】 はい。私は今まで、いろんなアーティストさんの歌を聴いて励まされてきたんですよ。だから、今度は自分もそんな応援歌を作りたいなって思ったんです。私の元気がいっぱい注入された曲なので、聴いてくれたみなさんに元気が届けられたら嬉しいですね。


――歌詞にも歌にも、みんなで前に進んでいこうというようなメッセージ性を感じるんですが、それは意識してたんですか?
【千紗】  はい!世界中のみんなと一緒に走っていけるようにっていうことは意識しました。そこに、これからどんどん夢に向かって進んで行きたいっていう自分自身の気持ちもプラスして楽しく歌っています。


――今回のミュージックビデオには、ダンスシーンもタップリ。曲だけじゃなく、これも、かなりのチェックポイントですよね。
【千紗】 やっぱり自分が今までずーっとやってきたダンスをみなさんに観ていただける1作目なので、とても気合が入りました!でも、すごく楽しかったので、私らしい表情が出ていると思います!!

―― 一方、2曲目の「幸福の条件」は、ちょっとダークさのある抑え目のA、Bから爽快なサビへの展開が印象的なナンバー
【鈴木】 この曲は80年代のプログレをイメージして作ったもの。1曲目とのコントラストを意識して、4つ打ちだけど、違うバリエーションになるようにしてみました。
【井上】 サウンド的にも80'Sのテイストを意識しています。ただ、古臭くならないように、音色選びとフレーズには気を遣いました。

【千紗】  歌詞にはレッスンの日々が続く中で、先が見えなくて不安になったという私の実体験がリアルに書かれています。でも一番伝えたかったことは、そんななかでも“私ならできる”って信じることの大切さ。だから、そこに共感していただけると嬉しいですね。

(文:高橋栄理子)

Drive away/幸福の条件【CD+DVD】
GIRL NEXT DOOR
発売日:2008/10/08[シングル] 価格:\1,890(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-31485/B

Drive away/幸福の条件【CDのみ】
GIRL NEXT DOOR
2008/10/08[シングル] 価格:\1,050(税込)
エイベックス・トラックス 品番:AVCD-31486

CDを購入する(Amazon)

■Profile

千紗(Vo)、鈴木大輔(key)、井上裕治(G)の3人組。
関西を中心にダンス活動をしていた千紗は、上京後にはダンス、ボーカル、演技などのレッスンを重ね、CMや映画・ミュージカルなどで経験を積んでゆく。鈴木大輔は、2002年8月day after tomorrowのキーボーディストとしてデビューし、現在は多くのアーティストへの楽曲提供と精力的な作家活動を行う。井上裕治は、サポートギタリストとしてプロになった後、自身のグループでメジャーデビューするが1年で解散。スタジオ、サポートギタリストを続けつつ、本格的に作曲活動に力を入れ始め、数々のプロジェクト、サポートに入りつつ現在にいたる。
2008年9月3日、シングル「偶然の確率」でメジャーデビュー。初登場3位を記録。
} 2008年10月8日、シングル「Drive away/幸福の条件」をリリース。

OFFICIAL SITE

■過去のインタビュー

▲このページの最初に戻る