ORICON STYLE

2008年10月01日

■INTERVIEW

シングルでは伝えていない表情も閉じ込めたアルバム

──最新アルバム『絆歌』。このタイトルに込めた思いとは?
【中】 今回のアルバムは全曲“絆”をテーマにした歌ばかりが収録されていると思いましたので。

──なぜ“絆”ばかりの楽曲になったのでしょう?
【中】 前作『ユライ花』をリリースして以降、全国ツアーを2度経験し、他にも多くのイベントに出演させていただいたりして、僕の歌を楽しみに待っていてくださる方と出会えた。そういうリスナーのみなさん、またスタッフのみなさんの支えや繋がりがあるからこそ、自分は音楽ができるんだということを表現したくて。

──ゆえに、今回は前作以上にライブを意識した構成になっている気が。
【中】 そうですね、(シングル曲の)「絆」や「春」のようなじっくり聴かせる歌から始まって、途中では「ラララ」「この窓の向こう」といった、みなさんと一緒に盛り上がれる曲があり、最後の「あいのうた」では、元気な気持ちになってもらえるような構成にしたつもりです。

──確かに。「ラララ」や「この窓の向こう」は、突き抜けた明るさを感じる曲で、新鮮でした。
【中】 シングルでは、じっくり聴かせるタイプの楽曲を歌うことが多いですが、アルバムでは僕の持ついろんな表情を伝えたくて。この2曲では、未来に向かってはばたくイメージを表現でき、楽しい仕上がりになったのかなって。

──今作には奥田民生さんの「手紙」のカバーも収録。シタールを使ったオリエンタルなサウンドと、奥田さんの独特の世界観を放つ歌詞、それらを中さんの歌声を通して聴くと、無国籍なムードが流れて、斬新です。
【中】 この曲はもともと、奥田民生さんのトリビュートアルバム(『奥田民生・カバーズ』)のためにカバーしたものなんですけど。シタールの音色とかが、ワールドミュージック風な響きになっていて、すごく面白い仕上がりになっていると思います。

──この曲に続く、いしわたり淳治さん(exスーパーカー)が作詞した「ありがとうという名の少年」も、歌詞の世界が独特。
【中】 僕が物語を歌ってみたい、といしわたりさんにお願いして作っていただいたものなんです。“ありがとう”としか言えなかった少年が、ある日自分の欲しいものを手に入れた時に“ありがとう”を言えなくなってしまう、という物語なんですけど。自分はそうなってはいけないな、と思いながら歌っています。  

 

人や自然との“絆”を大切にしながら、いい歌を作っていきたい

──他の楽曲も、照れくさいけど、きちんと言葉に出して伝えたい、大切な感情について歌うものが多い気がします。
【中】 感謝や愛情の気持ちを素直に言葉にするのって、なかなか難しいことですよね。僕自身もそうなので、だから歌にして伝えているところはあります。このアルバムを通じて、そういう気持ちを呼び起こしてほしいですね。

──中さん自身、このアルバム制作を通じて感じた<絆>はありますか?
【中】 デビュー以来、僕はずっと“絆”の大切さを歌ってきたんだなって思いました。今後も、人や自然との“絆”を大切にしながら、いい歌を作っていきたいです。

(文:松永尚久)

 

■RELEASE

絆歌【初回生産限定盤DVD付】
中 孝介
2008/10/01[アルバム] 価格:\3,675(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3148/9
このCDについて語ろう!CD購入(Amazon)
絆歌【通常盤】
価格:\3,060(税込) 品番:ESCL-3150
CD購入(Amazon)

   

■PROFILE

鹿児島県奄美大島出身。

高校生の頃、同年代の女性がシマ唄を歌う姿に衝撃を受け、独学でシマ唄を始める。

2000年、奄美民謡大賞新人賞を受賞。同年、日本民謡協会の奄美連合大会で総合優勝。

その後、琉球フェスティバルなどライブ活動を重ねる。

2005年12月7日、ミニアルバム『マテリヤ』をインディーズよりリリース。

2006年3月1日、シングル「それぞれに」でメジャーデビュー。

2006年6月28日、シングル「思い出のすぐそばで/真昼の花火」をリリース。

2006年10月11日、ミニアルバム『なつかしゃのシマ』をリリース。

2007年4月11日、シングル「花」をリリース。

2007年7月11日、アルバム『ユライ花』をリリース。

2007年11月14日、シングル「種をまく日々」をリリース。

2008年4月9日、シングル「春」をリリース。

2008年9月3日、シングル「絆/夏夕空」をリリース。

2008年10月1日、アルバム『絆歌』をリリース。

■過去の特集

■シングル「絆/夏夕空」インタビュー
 『今の時代だからこそ感じて欲しい“絆”について語る!』(2008/09/03)

■シングル「春」インタビュー
 『出会いと別れの季節にぴったりな感動的なバラード!』(2008/04/09)

その他、中 孝介の特集&インタビュー 一覧は こちら!

▲このページの最初に戻る