ORICON STYLE

2008年06月18日
みんなの「そばにいるね」を作りたかった

――「ここにいるよ feat.青山テルマ」をリリースしてから、状況が一変したんじゃないですか?
【SoulJa】 とんでもなかったっすね(笑)。でも自分自身は至って変わりないっす。

――11月にアルバム『Spirits』をリリースしたばかりなのに、またアルバム『SPIRITS X’tended』がリリースされるんですね。
【SoulJa】 いやいや。これは通常のフルアルバムとは違って、ボーナス的なアルバムですから。アメリカのHIP HOPのかたがよくやるんですよ。アルバムを出して少し落ち着くと、その作品にボーナストラックをつけてまたリリースしたり。特典盤という考えかたですね。

――「そばにいるね」も青山テルマちゃんのヴァージョンではなく、Yukieさんと、新たにコラボレ−ションしたんですね。アレンジも違いますし。
【SoulJa】 これにはいろいろな意味があるんです。「ここにいるよ」は自分の曲でしたし、「そばにいるね」はテルマちゃんのために書いた曲。この2つの曲が最初に書いた思惑を越えて、ものすごいデカい曲になったわけで。だったら今度はみんなのための曲をやりたいなと思って。前のヴァージョンとは違うものにしたかったから、一緒にやるシンガーはテルマちゃんとは違う声の人が良かったんですね。Yukieさんの声は楽器として素晴らしいと思ったし、ぜんぜん違う色になるなぁって思った。「ここにいるよ」は男の子がカラオケで歌うことが多いだろうし、最初の「そばにいるね」は女の子が歌うだろうと思うんです。今回はカップルで歌える曲にしたので、2人の思い出の曲にしてほしいなぁっていうのがクリエイター側からの願いなんです。実はこのYukieさんヴァージョンの「そばにいるね」のPVには、うちの親が出ているんです。あといろんなカップルも。カップルっていっても、普通のカップルだけじゃなく、職人と、その愛用の道具とかね。いろんな2人を見せているPVにもなっている。皆様のための曲になっているんですよ。

新しい自分と昔の自分を比べながら楽しめる

――「Sotsugyo」「First Contact」はインディーズヴァージョンが収録されていますが。
【SoulJa】 はい。やっぱりインディーズのときの作品も、気に入っていたりするんですよ。もともとの『Spirits』という作品は、全体をまとめて、レトロなコンセプトで作ってたんです。でも、『〜X’tended』のコンセプトではインディーズヴァージョンのほうがいいなって思ってたし、それがインディーズ時代のものに差し変わったら、自分の音楽性の違う一面が見えてるなぁってものになった。

――元の『Spirits』とこの作品はパラレルワールドみたいですね。
【SoulJa】 そうですね。一緒についているDVDもそんな感じですよ。こっちについているのはPVもインディーズヴァージョンが収録されているから。そういう部分も見比べて楽しんでほしいですよね。現在の新しい自分を見せながらも、昔の自分も見せられる。自分の全体を見せられた作品だと思います。

(文:大橋美貴子)
RELEASE
SPIRITS X'tended

SPIRITS X'tended
SoulJa
発売日:2008/06/18[アルバム] 価格:\3,000(税込)
ユニバーサルミュージック 品番:UMCK-1253
CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう


PROFILE

幼少期からベルギー人で音楽家である母親の影響を受け、バイオリン、チェロ、ピアノを通じ、音楽を学ぶ。
2005年11月1日、シングル「First Contact」をインディーズにてリリース。
2007年2月28日、シングル「DOGG POUND」でメジャーデビュー。
2007年6月20日、シングル「rain」をリリース。
2007年9月19日、シングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」をリリース。6位を獲得。
2007年11月7日、アルバム『Spirits』をリリース。9位を獲得。
2008年6月18日、アルバム『SPIRITS X'tended』をリリース。


過去のインタビュー

■シングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」インタビュー
 『世代もジャンルも超えた“Love Rap”不滅の傑作!』(2007/09/19)