ORICON STYLE

2008年06月04日
自分にできること、できないことが少しずつ見えてきた

──ニューシングル「虹が消えた日」は、秦さんの音楽性、ボーカルスタイルがまっすぐ伝わってくる曲ですね。
【秦】 はい、まさにそういうことを考えながら作った曲なので。はじまりは映画(『築地魚河岸三代目』)の主題歌だったんです。脚本を読んだり、映画のラッシュを観せてもらって、自分の中で共感できる部分を広げていって。そのうえで、自分らしさを表現できる曲になるといいなって思って。

――オリジナリティを突き詰める?
【秦】 1stアルバム(『コントラスト』)には、あの時点で自分にできることをぜんぶ注ぎ込んだんです。今まで聴いてきた音楽だったり、表現したいことだったり。そういうアルバムをリリースして、“じゃあ、自分らしさって?”っていうことにさらに深く向き合うことになったんですよね、自然と。“これが秦 基博だ”っていう揺ぎないものを提示しなくちゃいけないだろうなって。

――まさにそういう曲になってますよね。ミディアムテンポで、アコースティックな空気とダイナミックなメロディーが同居していて。こういう曲が“真ん中”なんですよね、きっと。
【秦】 自分でもそう思いますね。何も狙ってないというか、“こんな感じにしてみよう”って意図したところが全然ないんですよ。メロディーもそうだし。

――歌詞については?<夢見る頃を過ぎ>っていうフレーズがすごく印象的でしたが・・・。
【秦】 そこはポイントですね、確かに。今までまでは“未知の世界に飛び込んでいく”っていう感じが多かったんですけど、デビューしてから、自分にできること、できないことが少しずつ見えてきて。僕は今27才なんですけど、同世代の友達と話していても、似たようなムードがあるんですよね。

経験は絶対、自信につながっていく

――仕事には慣れてきたけど、自分の限界も見えたり。
【秦】 でも、そこからさらに新しい場所に向って行こうとするときの決心って、すごく強いと思うんですよ。そのあとで得た経験は絶対、自信につながっていくだろうし。そういう決意を歌った曲でもありますね。

――2曲目の「季節が笑う−Bittersweet Lovers−」、3曲目の「Baby,I miss you」は、ツアーメンバーとのセッションが元になってるとか。
【秦】 「季節が笑う―Bittersweet Lovers―」はミニアルバムに収録した曲のライブアレンジバージョンなんです。山本タカシさん(G)から「ラバーズ・ロックにしてみたら?」ってアイディアをもらったんですけど、同じ歌詞、同じメロディーなのに、そこから見えてくる風景がぜんぜん違うんですよね。「Baby,I miss you」はまったくの新曲で、“ライブのときに、気持ちよく体を揺らせる曲があったらいいね”っていうところからできたんです。コードだったり展開だったり、ゼロからバンドのメンバーと話しながら決めていって。そういう作り方は初めてだったから、新鮮でした。

――軸となる曲もあり、新しいトライもあり。意義のあるシングルですよね。
【秦】 うん、そうですね。「虹が消えた日」はこれから先、ひとつの指針になる曲だと思うし。これを基準にして、どこまで振り幅を広げられるかっていうところでしょうね。

――そうですね。でも、ホントに自分のことが見えてますよねえ。「落ち着いてますね」って言われません?
【秦】 言われます。ソンなのかトクなのか・・・たまに“可愛げがない”とか言われますから。可愛くありたいって思ってるんだけど(笑)。

(文:森朋之)
RELEASE

虹が消えた日【初回生産限定盤DVD付】
秦 基博
発売日:2008/06/04[シングル] 価格:\1,575(税込)
BMG JAPAN 品番:AUCK-19040/

CDを購入する(Amazon)着うた配信
このCDについて語ろう

虹が消えた日【通常盤】
秦 基博
発売日:2008/06/04[シングル] 価格:\1,260(税込)
BMG JAPAN 品番:AUCK-19039

CDを購入する(Amazon)

「築地魚河岸三代目」オリジナル・サウンドトラック
秦 基博
発売日:2008/06/04[アルバム] 価格:\2,625(税込)
BMG JAPAN 品番:BVCR-17065

CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう
PROFILE

1980年10月11日、宮崎県生まれ横浜育ち。
2004年1月20日、インディーズアルバム『オレンジの背景の赤い静物』をリリース。
2006年7月、『Augusta Camp 2006』にオープニングアクトとして出演し、一躍注目を集める存在となる。
2006年11月8日、シングル「シンクロ」でデビュー。
2007年3月7日、アルバム『僕らをつなぐもの』をリリース。
2007年6月6日、シングル「鱗(うろこ)」をリリース。
2007年9月26日、アルバム『コントラスト』をリリース。
2008年4月23日、シングル「キミ、メグル、ボク」をリリース。
2008年6月4日、シングル「虹が消えた日」をリリース。

過去のインタビュー