ORICON STYLE

2008年04月09日

中 孝介

出会いと別れの季節にぴったりな感動的なバラード!

 3月までおこなわれていたアコースティック・ライブツアーが大盛況、また最近は人気カジュアルブランドのキャンペーンモデルも務め話題となっている中孝介。今年初となるシングル「春」は、出会いと別れの季節にふさわしい、感動的なバラードに仕上がった。

■SPECIAL INTERVIEW

奄美の懐かしい風景を思いながら歌う

──最近は、街角で中さんがモデルになったブランドの広告写真が、かなり目立っていますね。
【中】 そうですか(苦笑)。撮影はジャケット写真を撮るときと同じ雰囲気だったので、そんなに緊張した記憶はないですね。またこういうお話をいただいたら、写真を撮られるくらいだったら、いいかも。

──そんな注目のなか、今年第1弾シングル「春」が完成しました。
【中】 日本には四季があって、季節ごとに感じる空気や匂いって異なるじゃないですか。その中で春は、かけがえのない瞬間や人を思い出したりする季節なのかなって。かけがえのない時間を取り戻すことはできないけれど、思い出を胸にこれからを生きていこうというメッセージを込めた曲なんです。

──聴いていると、昔懐かしい景色が浮かんできて、胸が切なくなりました。
【中】 僕も、曲をいただいた時に、通っていた奄美大島の学校の校舎の片隅や、昔遊んだ自然の風景が思い浮かびました。みなさんも、そういう懐かしい風景を感じていただけたらと思います。

──ピアノとストリングスが印象的なアレンジには、春の景色の美しさと共に、新しい季節が始まることへの期待と寂しさみたいなものが沁み込んでいますね。
【中】 すごくドラマティックなアレンジになっていると思います。曲の始まりはシンプルに、終わりになるにつれ、盛り上がっていくような。

──中さんの声も、これまで以上にドラマティックというか。
【中】 今までの中で、これが最も歌い上げる曲だと思います。とにかく音域が広くて。すでにアコースティック・ライブツアーで披露していたんですけど、この曲を歌い終えるたびに心拍数があがるんです(笑)。

中 孝介が今、卒業したいこととは・・・?

──カップリングには「なごり雪」「旅立ちの日に」のカバーを収録。「春」に通じるせつない系の曲をセレクトされましたね。
【中】 「なごり雪」は、母親が大好きな曲で、幼い頃から聴き親しんでいた曲であり、デビュー前から歌い続けていたもの。メロディーや歌詞はシンプルだけど、温かい気分になれるし、また「春」の世界と通じる部分があるので、収録しました。「旅立ちの日」は、最近になって知った曲なんですけど、「なごり雪」同様、心地よい気分になれた1曲。これを自分が歌ったらどうなるのか?試してみたくてカバーしてみました。

──カバーするにあたり気をつけたことは?
【中】 2曲とも、歌詞のニュアンスを噛み締めながら、感じたことを素直に歌おうとだけ心がけました。  
──また「花」のライブバージョンも収録。
【中】 これは広島の厳島神社でおこなったライブ音源。耳をすますと波の音が聴こえてきたりとか、神社ならではの荘厳な雰囲気が味わえるものになっていると思います。

──そんなシングルを通して感じてほしいことは?
【中】 春は、新しい世界へ飛び込む人も多いと思います。時には思い通りにいかないこともあると思うけれど、がんばってほしいというメッセージを感じてもらえたら。

──曲にちなんで、中さんが現在卒業したいことは?もしくはこれから挑戦したいことは?
【中】 お酒は卒業したいですかね(笑)。別に、誰かにからんだりするワケじゃないけど。飲まなければもっと健康的な生活が送れそうなので・・・。

(文:松永尚久)

■RELEASE

「春」 /中 孝介
発売日:2008/04/09[シングル] 価格:\1,223(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3055
[収録曲]
1. 春
2. なごり雪
3. 旅立ちの日に
4. 花(厳島神社Live Version)

   

■PROFILE

鹿児島県奄美大島出身、在住。26才。

高校生の頃、同年代の女性がシマ唄を歌う姿に衝撃を受け、独学でシマ唄を始める。

2000年、奄美民謡大賞新人賞を受賞。

同年、日本民謡協会の奄美連合大会で総合優勝。

その後、琉球フェスティバルなどライブ活動を重ねる。

2005年12月7日、ミニアルバム『マテリヤ』をインディーズよりリリース。

2006年3月1日、シングル「それぞれに」でメジャーデビュー。

2006年6月28日、シングル「思い出のすぐそばで/真昼の花火」をリリース。

2006年10月11日、ミニアルバム『なつかしゃのシマ』をリリース。

2007年4月11日、シングル「花」をリリース。

2007年7月11日、アルバム『ユライ花』をリリース。

2007年11月14日、シングル「種をまく日々」をリリース。

2008年4月9日、シングル「春」をリリース。

 

■過去の特集

■アルバム『ユライ花』インタビュー
 『いろんな花が集まって完成した待望の1stフルアルバム!!』(2007/07/11)

■上半期話題のアーティスト特集
 『上半期話題のアーティストをジャンル別に徹底解剖!!』(2007/06/27)

■シングル「思い出のすぐそばで/真昼の花火」インタビュー
 『“地上で、最も優しい歌声―――”奄美の至宝、初登場!』(2006/06/14)

▲このページの最初に戻る