ORICON STYLE

2008年02月20日
BENNIE K SPECIAL INTERVIEW
小栗 旬主演『貧乏男子 ボンビーメン』主題歌
「モノクローム」に込めた思いを語る!
本当の自分に気づけば何かが変わる

――「モノクローム」はBENNIE K初のドラマ主題歌ですが、これは書き下ろしですか?
【CICO】 はい。第1話の台本を読み、ドラマチームの想いも聞かせていただいて書きました。
【YUKI】 ドラマの背景に社会問題があることを感じるのと同時に、主人公の人間性というか、頑張ってるんだけど世の中についていけないようなところに共感したんですよね。で、私の歌詞はそこにフォーカスして書いてみよう、と。

――明るくハジケるというより、ジワジワとくるミディアムテンポの曲ですけど、それだけに歌詞がすごく耳に入ってくる。どんな思いを表現しようと考えたんですか?
【CICO】 第1話を読んで、主人公と周りの人たちの関係が気になったんですよ。利用される人がいて、利用する人がいるっていう。競争社会と言われる今の世の中で、勝ち組と負け組がいて、人を利用して勝ち残っていくことが容認されている。なんでそうなんだろう?って、すごく考えちゃって。もちろん、意図しなくても知らないうちに誰かを利用し、蹴落としているのかもしれないけど、少なくともそれに気付ければ、何かが変わっていくんじゃないか、と。ただ、それをそのまま書くんじゃなく、逆の立場から書いてみたんです。

自分らしく生きなきゃ自由になれない

――心の虚しさをブランド物を手に入れることで癒したり、勝ち負けにこだわったり、心を閉ざして投げやりになったりするCICOのラップパートですね。その逆説的な表現がすごく印象的ですよ。
【CICO】 きっと誰もが人を信じたり愛したりすることが大事だと分かっていると思うんですよ。でも、素直にそうできない世の中なのかもしれない。だったら、そんなものは要らないって逆説的に表現することで本当に大事なことが浮かび上がったらいいな、と思います。

――心の影のようなものが一貫して流れる、BENNIE Kのシングルとしては異例な曲だけど、最後に解放される感触があって、サスガです。
【YUKI】 ありがとうございます。きっと、心が渇いたり、惨めな気分になったりすることって多いと思うんですけど、それでも自分が大切にしているものをもって自分らしく生きていきたいじゃないですか。そうしなきゃ自由になんてなれないと思うし、諦めずにいけばいつか報われると信じたい。だから、聴いた人が何かを感じて、自分を振り返るきっかけにでもなったら嬉しいな。“なんかうまくいかねぇ!”っていう時に、この曲でストレス発散してくれてもいいし(笑)。

――カップリングには思いっきりハードなロック「Speak no Evil」も入っているし。
【YUKI】 あ、これこそストレス発散にしてみては?(笑)。
【CICO】 あと、2 BACKKAとやった「HOME」も入っているし、3つの違うタイプのBENNIE Kが聴けると思いますよ!

(文:染野芳輝)
RELEASE
モノクローム

モノクローム
BENNIE K
発売日:2008/02/20 [シングル] 価格:\1,000(税込)
フォーライフ ミュージックエンタテイメント 品番:FLCF-4221

CDを購入する(Amazon) 着うた配信
このCDについて語ろう
PROFILE

シンガー・YUKIとラッパー・CICOのフィメールユニット。YUKIは中学校卒業とともに渡米し本格的なボイストレーニングを始める。CICOは高校卒業後に渡米。傾倒していたHIP HOPミュージックに没頭する毎日を送るなか、ラップの創作を開始する。そんな2人がL.Aで偶然出会い意気投合して“BENNIE K”を結成する。
2001年1月24日、シングル「Melody」でデビュー。
2004年5月8日、ミニアルバム『The BENNIE K Show』をリリース。収録曲「オアシス」がFM各局でパワープレイを獲得し話題となる。
2004年9月22日、シングル「サンライズ」で10位を獲得、初チャートインにしていきなりのTOP20入りを果たす。
2004年11月4日、アルバム『Synchronicity』をリリース。5位を獲得。
2005年1月〜2月、初のワンマンライブ・ツアー「-Synchronicity-QUATTRO LIVE TOUR ‘05」を東京・名古屋・大阪で行う。
2005年6月8日、「つながる瞬間に。コカ・コーラ」キャンペーンCMソング「Dreamland」をリリース。2位を獲得。
2005年9月21日、シングル「Sky」をリリース。9位を獲得。
2005年9月21日、アルバム『Japana-rhythm』をリリース。1位を獲得。
2006年8月2日、アルバム『ザ・ベニーケー・ショウ 〜on the floor編〜』をリリース。5位を獲得。
2006年11月8日、シングル「Joy Trip」をリリース。5位を獲得。
2007年5月23日、アルバム『THE WORLD』をリリース。3位を獲得。
2008年2月20日、シングル「モノクローム」をリリース。

【過去のインタビュー】
■アルバム『THE WORLD』インタビュー
  『音楽で巡る世界一周で彼女たちが発見した青い鳥とは!?』(2007/05/16)

石野卓球プロデュースでテクノに初挑戦