ORICON STYLE

2007年10月17日
いきものがかり
SPECIAL INTERVIEW
新曲のテーマは結婚!自分が結婚したら・・・!?
play movie
1. コメント映像 PLAY
2. PV「茜色の約束」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 夏気分満載の前作に続いてのシングルは、深まる秋にピッタリの作品。大きな愛がにじみ出る「茜色の約束」。自分を見つめ直すような「心一つあるがまま」。優しく歌いかける「月夜恋風」。濃い内容の1枚だ。

茜色の約束」は、聖恵の兄貴の結婚式で歌いました

いきものがかりの写真――「茜色の約束」は内容的にもすごく深い愛の歌ですね。結婚式に似合いそうだよね。

【山下】 実はこの前、聖恵の兄貴の結婚式で歌いました。
【吉岡】 そう!お嫁さんが号泣(笑)。
【水野】 もともとテーマが結婚でしたからね。僕ら自身、具体的に結婚を考えたこともないから、リアリティがなくて、テーマを与えられてみないと書かないなぁと思って書いてみたのがきっかけです。結婚のことを考えているうちに想像が膨らんだんです。

――自分が結婚したらって想像?
【水野】 うん。結婚って何だろう?ってところから考えて。一見ハッピーなことだけど、やがてはどっちかを看取らなければいけない。長年連れ添った最後には“死”が待っているって考えたら重いですよね?僕らにしても、別れや死ってものをこれから経験していくって考えて、当たり前のことだけど、いま目の前にあるものを大事にしたり、目の前の大事な人の手を繋いでおこうとか、本当に当たり前のことを再確認していく感じで書いていきました。
【吉岡】 最初に歌ったとき、歌詞に“死”が描かれているので、そこに追いついてない自分がいたんです。だから仮歌でさえ何度も歌い直したんですよ。好きで好きでたまらなくて、一生一緒にいたいっていうまっすぐな女の子が出てくる歌もありますけど、この曲のキャラクターはもうちょっと違う。成熟していて、地に足の着いた考えを持っている人の歌なので、そこに追いつくのが大変でした。気持ちを入れすぎても空回りしちゃうし、必死の思いでレコーディングを終えて。最近ライブでは、自分のものとして歌えるようになったんです。
【水野】 人間関係はもろいものだと思うんです。離れようと思えばいくらでも離れられる。圧力がかかればポロッと壊れる。僕らだって、今まで解散する機会だって何度もあったのに、今、一緒にいるってことは3人が一緒にやることを選んできたからで。繋いでおこうって意志を持つかどうかで、それから先に続くかどうかに繋がる。ちゃんと自分の意志でその人を繋いでおこうっていう歌ですね。

ひとつの作品としてのバランスがとれた1枚

――「心一つあるがまま」も染みる曲ですね。
【山下】 自己肯定の歌です。みんな自分を肯定できるかどうかで悩んで、日々繰り返すわけじゃないですか。自分が自分であることっていう当たり前のことなんで、みんなわかってることなのに、誰かに何かを言われると「そうなの?」って思って流れてしまったりもするじゃないですか。でも、自分も含めつつ、あなたが思っていることで正解なんだよってことが言いたくて。ここで書いておかないといけないって思った。5年後くらいに廃れた心になったときにこれを読み返して、こういう気持を思い出さなきゃって。

――収録曲最後の「月夜恋風」がこのシングルをより秋らしいイメージに仕上げているよね。
【山下】 今、次の作品の曲もたくさん作ってるんですけど、この曲はその流れでできたんですよ。秋の夜長、リラックスできる曲。「茜色〜」「心一つ〜」に比べると日常の些細な幸せを歌った曲なので、最後に穏やかに落ち着いてもらえるんじゃないですかね。この3曲って、かなりバランスがいいですよね。曲調の緩急もつけられて、ひとつの作品としてのバランスがとれた1枚になったと思います。
(文:大橋美貴子)
RELEASE

茜色の約束
いきものがかり
2007/10/24[シングル]
\1,223(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3012
CDを購入する(Amazon)
PRESENT

いきものがかりのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
LIVE INFORMATION
ニューシングル発売記念ライブ『あかねいるの約束ライブ』
10月23日(火) 東京都・原宿KDDIデザイニングスタジオ
詳細:http://www.oricon.co.jp/pj/k-stu/
『ONE HEART LIVE CIRCUIT 2008』
1月12日(土) 埼玉県・所沢市民文化センターミューズマーキーホール
お問い合わせ:ミューズチケットカウンター 04-2998-7777

1月20日(日) 群馬県・安中市松井田文化会館大ホール
お問い合わせ:安中市松井田文化会館 027-393-4400

1月27(日) 茨城県・日立市民会館
お問い合わせ:日立市民会館 0294-22-6481

2月3日(日) 神奈川県・秦野市文化会館大ホール
お問い合わせ:秦野市文化会館事業協 0463-81-1211

2月17日(日) 千葉県・東金文化会館大ホール
お問い合わせ:東金文化会館 0475-55-6211

PROFILE
吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G&Vo)、山下穂尊(G&Har)によるスリーピースバンド。
1999年2月、高校の同級生だった水野と山下によって結成。
水野・山下が小学1年生の時、一緒に“生き物係”をしていたことからバンド名が決まる。
同年12月、同級生の妹である吉岡が加入。地元である海老名・厚木を中心にライブ活動を行う。
2006年3月15日、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。『DENPO115』CMソングに起用され大きな反響を呼ぶ。
2006年5月31日、シングル「HANABI」をリリース。初登場5位を獲得。
2006年10月18日、シングル「コイスルオトメ」をリリース。
2006年12月6日、シングル「流星ミラクル」をリリース。
2007年2月14日、シングル「うるわしきひと/青春のとびら」をリリース。
2007年3月7日、アルバム『桜咲く街物語』をリリース。
2007年8月8日、シングル「夏空グラフィティ/青春ライン」をリリース。
2007年10月24日、シングル「茜色の約束」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「夏空グラフィティ/青春ライン」インタビュー
  『青春群像を描いた夏らしい新曲は、話題のTVアニメソング!!』(2007/08/08)
■アルバム『桜咲く街物語』インタビュー
  『想いが詰まったドラマティックな待望の1stアルバムが完成!』(2007/02/28)
■シングル「SAKURA」インタビュー
  『「SAKURA」「HANABI」が大ヒット!彼らの素顔に迫ります!!』(2006/08/16)