ORICON STYLE

2007年08月29日
玉置成実
玉置成実 玉置成実 玉置成実
PLAY MOVIE  
1. コメント映像 PLAY
2. PV「Brightdown」 配信終了
動画はWindows MediaPlayerで御覧になれます。
やっと好きなことができて、好きなように歌えて最高
――高校を卒業した実感はありますか?
【玉置】
 最近ようやく。『ハイスクール・ミュージカル』という舞台を最近までやっていたんですけれど、それ自体も高校生の話だったから、卒業した感じではなかったんです。でも、その舞台が終わって、ちょっとゆっくりする時間があって、いろんなところに行ったりしたんですね。行動範囲が広がって、今までの生活とは時間の使い方も変わりました。時間に余裕ができて、これまでできなかったことができるので、そういう部分で最近“卒業したんだな”って実感が湧いています。

――今回のシングルは、卒業後第一弾のシングルになるわけだけど。
【玉置】
 早く出したくてしょうがなかったんですよ。アニメ『D.Gray-man』のオープニングテーマ曲として4月から流れていたので。でもミュージカルがあったりして、タイミングなどもあったので、“待つか・・・”と。ファンの方には“いつ出るんですか?”と言われるし、本当にもどかしかったです(笑)。

――しかも、「Brightdown」はロックなので、ものすごく新鮮だった。
【玉置】
 そうなんですよ。私自身、ブラフマンとかグリーン・デイとか大好きだったんですね。でもロックは自分のキャラじゃないと思っていたので、この曲をいただいたときに“やっと表に出る曲でロックができる”と。カップリングやアルバムのなかの1曲としてではなくできるんだと。ここにきてやっと好きなことができて、好きなように歌えて、好きな衣装が着れて、“最高やなぁ”と(笑)。

全体を通じて身近な存在に感じてほしいと思った
――今までもロックとダンスサウンドをくっつけたり、成実ちゃんの趣味は小出しにはしてたんだけどね。
【玉置】
 はい。やっとストレートに出すことができました。聴いている人は新鮮に感じてくれるかもしれないけど、私的にはすごくナチュラルなことだった。これをきっかけにロックを聴くようになってくれたらいいですね。すごくストレス発散にもなるし。今までポジティヴなメッセージが多かったんですけれど、タイトル自体も“光が落ちる”というような意味合いの造語なんです。そういう部分でも今までとキャラが違うし。人間のなかのモヤモヤしたもの・・・いら立ちとか葛藤とか、そういう出していなかった部分を言えてスッキリするんです。完全に“良い子”ではなくて、そういう裏の部分も出すことができて良かったなって。

――そういうほうがリアルだもんね。
【玉置】
 今回、カップリングの「あなた色の涙」「Endless dream」も含めて、女性に聴いてほしいシングルになったと思うんです。目線がガールズサイドというか。ビジュアルにしても、音にしても、「今の玉 置成実とは?」と言われて、共通点が出るせようになったし、今やるべきこと、やりたいこともクリアに見えたし。今までは近未来的なイメージだったものを生身の人間に寄せて、背伸びもしたくないし、無理もしたくない。全体を通じて身近な存在に感じてほしいと思ったので、それができた1枚になったと思います。

(文:大橋美貴子)
Release
Brightdown
【初回生産限定盤DVD付】

玉置成実

2007/08/29[シングル]
\1,890(税込)
ソニーレコード
SRCL-6618/9
CD購入(Amazon)

Brightdown
【通常盤】

玉置成実

2007/08/29[シングル]
\1,223(税込)
ソニーレコード
SRCL-6620
TX系アニメ『D.Gray-man』オープニングテーマ
CD購入(Amazon)
Present
玉置成実のサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
Profile
1988年6月1日、和歌山県出身。 2001〜2002年、『Sony Music Audition』に応募。当時からレベルの高いダンスパフォーマンスを披露し、周囲の注目を集める。
2003年4月23日、シングル「Believe」でデビュー。初登場5位を獲得。
2003年7月24日、シングル「Realize」をリリース。初登場3位を獲得。
2004年2月25日、アルバム『Greeting』をリリース。初登場5位を獲得。3月4日には、同アルバムの海外リリース(台湾・香港・タイ・アメリカ)が決定。4月には、日本人アーティストとして初の『HK Performing Arts Academy』にゲスト出演。また、『SUNRISE&GUNDAM FESTIVAL』に出演。圧倒的なダンスパフォーマンスで観客を魅了する。
2004年3月10日、『第18回日本ゴールドディスク大賞』でニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2004年11月10日、シングル「Reason」リリース。初登場2位を獲得。
2005年5月11日、アルバム『Make Progress』をリリース。自身初の首位を獲得。
2006年5月3日、シングル「Result」リリース。初登場5位を獲得。
2006年6月7日、シングル「Sanctuary」リリース。
2006年7月12日、アルバム『Speciality』をリリース。
2007年8月29日、シングル「Brightdown」リリース。
オフィシャルサイト
【過去のインタビュー】
■アルバム『Speciality』インタビュー
  『“玉置サウンド”全開な“十八番”的アルバム!!』(2006/07/12)

■シングル「Sanctuary」インタビュー
  『新曲にも通じる前向きさの秘訣とは?!』(2006/06/07)
玉置成実 Special Interview 新たな魅力が詰まった新曲は、ロックナンバー!