ORICON STYLE

2007年07月18日
馬場俊英 SPECIAL INTERVIEW
「スタートライン」は、僕を原点に引き戻してくれる曲
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「スタートライン」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 4月末に念願の大阪城野外音楽堂でのライブを大成功させた馬場俊英。彼が新作「スタートライン 4 SONGS」をリリースする。2年前に発表した名曲の新録バージョンとなる表題曲「スタートライン〜新しい風」について語ってもらった。

自分なりの成功、それぞれのゴールがある

── 一度メジャーのレコード会社との契約が終了し、それでも2005年にメジャーで再始動して、念願だった大阪城野外音楽堂でのライブを大成功させたり。そんな馬場さんの活動自体が、ある種のメッセージになっているような気がするんですが。
【馬場俊英】 そうですね。僕の音楽を聴いてくれるかたのなかには楽曲はもちろん、そこに周辺の活動の様子とか僕自身のチャレンジみたいなものも重ね合わせて共感してくれるかたも多いみたいなんです。

──そういう意味では、ずっと目標として公言していた“野音でピースをしよう”を実現されたときには、たくさんの人が勇気づけられたことでしょうね。
【馬場】 やはり誰もがそうだと思うんですけど、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあるじゃないですか。というか、どちらかと言えば、うまくいかないことのほうが多い(笑)。それがほとんどのパターンだと思うんです。だから僕の活動に重ね合わせやすいのかなと思います。うまくいったり、うまくいかなかったりしながら、それでもがんばっていて。そして、自分なりの成功があるんだっていうことを野音で表現できたっていうか。人には、それぞれのゴールがあるんだっていうことですよね。

──それを身をもって教えてくれるから、たくさんの人の心をつかむことができるんでしょうね。で、そんな馬場さんのニューシングル「スタートライン 4 SONGS」なんですが。1曲目には2005年に発表された「スタートライン」の新録バージョン「スタートライン〜新しい風」が収録されています。リメイクされた理由は?
【馬場】 この「スタートライン」は僕を原点に引き戻してくれる曲のひとつなんです。で、ちょうど野音が終わって、また次の目標に向かっての新しいサイクルがスタートするから、この曲から始めたいなっていう気持ちがあったんです。それと、この「スタートライン」をライブで歌っていくなかで、たくさんのファンのかたが“私は、こういうふうに聴きました”とか“こう感じました”みたいな想いを伝えてくれるようになって。それをフィードバックしてアレンジや歌の表情も少しずつ変わってきてるんですよ。だから改めて音源にしたいっていう気持ちもありました。

この曲から始めたい

──アレンジでコブクロの小渕健太郎さんが参加されていますね。共同作業は、どんな感じで?
【馬場】 2人で時間を合わせてスタジオに入って。一緒に作業していきました。一度レコーディングしてる楽曲だからゼロから作り上げるっていう雰囲気でもなく、いろいろと雑談をしながらアイディアを出していった感じですね。基本的には録り直してるんですけど、でも過去の素材をリサイクルして隠し味にしている部分もあります(笑)。

──それでは改めて、この感動的な「スタートライン」を書かれた当時のお気持ちを教えてもらえますか?
【馬場】 僕の本当に素直な気持ちとして、まず1行目のフレーズが出てきたんですよ。<もうダメさ これ以上は前に進めない>というフレーズです。で、そこから書き始めたんですけど。

──でも最終的には<くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ チャンスは何度でも 君のそばに>と励ましてくれますね。
【馬場】 夢というものを考えるときって、いろいろな視点があると思うんですよ。がんばれば夢は必ず叶う、とか。いつかむくわれるかもしれない、とか。そんなの無理だよ、とか。やめておいたほうがいいよ、とかね(笑)。誰の心の中にも、そのどれもがあると思うんです。僕の中にも全部あります。この「スタートライン」という歌に関して言えば、そういういろいろな気持ちのなかから“がんばれば道は開けるよ、という考えを自分のために選びたいな”っていう想いが元になっています。だから、こういった前向きな歌詞になったんだと思います。

(文:大野貴文)

RELEASEPRESENT

スタートライン 4 SONGS
馬場俊英
2007/07/25[シングル]
\1,260(税込)
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
FLCF-4189
CD購入(Amazon)

馬場俊英のサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
1996年2月21日、シングル「星を待ってる」でデビュー。以降、3枚のアルバムと7枚のシングルをリリース。
2001年、自ら主宰するインディペンデント・レーベル「Up On The Roof Records」を設立。オリジナル曲をリリースするほか、作詞・作曲家としても精力的に活動。
2005年8月3日、シングル「BOYS ON THE RUN 4 SONGS」でメジャー活動を再開。
2006年2月22日、シングル「一瞬のトワイライト/旅人たちのうた」をリリース。
2006年4月12日、アルバム『人生という名の列車』をリリース。
2006年11月29日、シングル「ただ君を待つ/ブルーバード〜僕は夢の影のように」をリリース。
2007年4月25日、シングル「君はレースの途中のランナー」をリリース。
2007年7月25日、シングル「スタートライン 4 SONGS」をリリース。
オフィシャルサイト