ORICON STYLE

2007年07月11日
PLAY MOVIE  
1.コメント映像 PLAY
 
動画はWindows MediaPlayerで御覧になれます。
今度はソウルをテーマに歌ってみようと思い立った
──まずは、ソウルの超有名曲が小野さんの手にかかるとこうなるんだ!という驚きと発見のある1枚でした。
【小野】
 そうですか(笑)。そもそものきっかけはTBS系TV番組『はなまるマーケット』のエンディングテーマで、「What's Going On」を歌ってみませんか?というお誘いでした。実は、このとき初めてマーヴィン・ゲイとこの曲の存在を知ったのですが――ブラジルで生まれ育って、聴くのも演奏するのもボサノヴァ等ブラジル音楽ばかりで、ほかの音楽に関する知識がまるでなかったんですね。とにかく、彼が歌に込めたソウルと歌詞が素晴らしくて、何度も聴き入ってしまいました。ここ数年、“ボサノヴァで巡る世界の旅”をしていて、去年はアメリカン・トラディショナルをカバーしたアルバムを出したんですが、この曲に出会って、今度はソウルをテーマに歌ってみようと思い立ったんです。

──ソウルというと、独特の節回しやシャウトも特徴のひとつで、ボサノヴァの歌い方とはまったく別物ですよね。
【小野】
 個性的なシンガーが多いので、曲の確かなメロディーをつかむまでは少し難しさを感じました。だけど、次第に自分の言葉へと置き換えて歌うことができ、自分の中の新しいソウルにも出会えた気がします。アルバムに取りかかるにあたって、最初に相談したのが、古くからの友人であるドリ・カイミ。LA在住のブラジル人で、世界中で活躍しているミュージシャンなんですが、彼に「ボサノヴァのフレーバーを加えながら、少しパステルな感じにしたいんだけど」と相談し、「ソウルはベースとドラムのビートとオルガンが効いているけど、ギターをメインにしてみよう」「ストリングス・カルテットを入れてみよう」などとアイディアをもらいつつ、作っていきました。

──ジェイムス・ブラウンの「I Got You」という、熱くて濃い曲をボサノヴァでアプローチするのも大胆な試みだと思いました。
【小野】
 これも、古くからの友人でギタリストのホメーロ・ルバンボが、「すごくいいアレンジを思いついたよ」と、ブラジルの北東部のリズムを加えたアレンジをしてくれたんです。それがとてもメロディーと合っていて、ステキな1曲になったと思います。

人の人生を左右するかもしれないぐらい、生の音楽は素晴らしいもの
──ところで来年はボサノヴァ生誕50周年、小野さんもアルバム・デビュー20年目を迎えますが、何か特別なことは考えているんですか?
【小野】
 ブラジルのアーティストが、もっとたくさん来日するといいですよね。ボサノヴァを作った人たちの中には、ジョアン・ジルベルトを始め、ご健在の方も多いので。ライブは、演奏側と聴く側のバイブレーションがその日の完成度になるんです。その余韻は一瞬にして終わってしまうけれど、二度と戻らないたった数時間が、もしかしたらその人の人生を左右するかもしれない。それくらい、生の音楽は素晴らしいものだと思っています。

──夏から秋にかけては、イベントやライブツアーも控えていますね。
【小野】
 はい。それを終えたら次の“音楽の旅”に出ようと思います。行き先は内緒。楽しみにしてもらったほうがいいじゃない(笑)?

(文:児玉澄子)
RELEASE
Jewelry day
Soul & Bossa
小野リサ

2007/07/11[アルバム]
\3,150(税込)
avex io
IOCD-20215
CD購入(Amazon)
PROFILE
ブラジル・サンパウロ生まれ。
10才までの幼少時代をブラジルで過ごし、15才からギターを弾きながら歌い始める。
1989年、デビュー。
ボサノヴァの神様アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズサンバの巨匠、ジョアン・ドナード等の著名なアーティストとの共演。ニューヨークやブラジル、アジアなどで海外公演を行い成功を収める。
1990年、東京ドームで行われたジョン・レノン・メモリアルコンサートに出演。
1991年3月、アルバム『ナナン』(1990年4月リリース)で日本ゴールドディスク大賞のジャズ部門を受賞。
1995年、サンバとボサノヴァの師であるジョアン・ドナートと共に制作されたアルバム『サウダージ』をリリース。同年6月、ジョアン・ドナートと共に全国ツアーを実施。
1998年7月、ボサノヴァ誕生40周年を記念したアルバム『Bossa Carioca』をリリース。
1999年7月、ボサノヴァの第一人者、オスカー・カストロ・ネヴィスを迎えたアルバム『DREAM』をリリース。同アルバムで、20万枚を超えるヒットを記録。
2000年7月、アルバム『pretty world』をリリース。同アルバムが、台湾でゴールドディスクを獲得。また、初の台湾公演も実現。
2002年3月、ベストアルバム『Ono Lisa best 1997-2001』をリリース。
2007年7月11日、アルバム『Soul & Bossa』をリリース。
オフィシャルサイト
ソウルの名曲をカバーした大胆で楽しいアルバム小野リサ SPECIAL INTERVIERW