ORICON STYLE

2007年06月20日
MCU SPECIAL INTERVIEW
話題のヒット曲「シーサイド・バイバイ MCU ver.」のPVは必見!!
PLAY MOVIE
1. セツナソングス3部作の本人解説入りPVダイジェスト映像 配信終了
2. PV「omoide MCU Ver.」 配信終了
3. PV「シーサイド・ばいばい MCU ver.」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 着うたでも話題のセツナソングス3部作に、大ヒット映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』のテーマソングのMCUバージョンも収録された、2年ぶりの待望のソロアルバム『A.K.A』をリリース。MCU本人によるライナーノーツに、セツナソングス3部作の本人解説入りPVダイジェスト映像、「omoide MCU Ver.」のPVとスペシャルな内容でお届けします!!

MCU本人によるライナーノーツ

01. シーサイド・ばいばい MCU ver.
 以前出演した映画『木更津キャッツアイワールドシリーズ』のテーマソングで発表した曲のMCU ver.。バイバイを言ったぶっさん(主人公)目線の気持ちを俺なりにKICKしてみた1曲です!!

02. BURN feat.TAS from MADHAND,TSUBOI,KOHEI JAPAN,童子-T
 5MC'Sのマイクリレー。モチーフは、パブリック・エナミーの「バーン・ハリウッド・バーン」。5人とも個性豊かなラッパーなので、予想以上なシットに仕上がりました。

03. SUGAMO-B 弐 feat.Q
 出身が巣鴨の俺、Q(ラッパ我リヤ)、DJ TATSUTA。しかも中学(文京区立第十中学校)も一緒です。テーマは“巣鴨”ズバリこれだけ!!

04. A re-present BMG feat.MCK
 期待の新人ラッパーMCK(現BMG JAPANの副社長)の鋼鉄な処女作。言う事無し!聴いて!!

05. SUMMER CARNAVAL
 夏フェスをイメージして作った曲。ガンガン盛り上がってくれれば幸いです。因みに犬&ネコの鳴き声は僕の女房です。

06. omoide
 セツナソングスシリーズ第2弾。簡単に言えば失恋ソング。細かく言うと、サヨナラを相手に告げる2〜3分前の葛藤。一番胃が痛くなり女々しくなる瞬間の連続を書いてみました。告白する2〜3分前は楽しいのにね(個人差はあります)。

07. nukumori
 セツナソングスシリーズ第1弾。最初はグーだけどチョキ〜パーへと開いてく勇気、そして新たな舞台に向けてガンガン進んで行こうシット。メロディーもどこか懐かしい、癒される感じに仕上げました。だからこそ真剣に聴いてほしい1曲。

08. サヨナラ album extended ver
 セツナソングスシリーズ最終章。こいつも男女の別れがテーマなのですが、別れた後・・・なんだか温かく想い出を振り返る余裕のある感じ。初めから温かい気持ちでいればいいのにね(相手にもよりますが)。

09. 1973
 僕の生まれた昭和48年に起こった出来事を歌ってみました。振り返ってみると時代は繰り返してるんだなーと感じました。そして同い年を集めて(全員RAP未経験)RAPしてもらいました。アコギが気持ちいいです。僕の13〜14才ぐらい上の人をターゲットにした曲になりました(結果的に)。

10. The beginning
 どうしてもアコースティックギターでスタートしたかった曲。神秘的でいて迫りくる感じのビート(ヘビーロックのアルバムの始まりにも似た)、そのうえに悪魔的な鮎貝健さんの声が冴える、チリバツなシット。

11. Hey Johnny
 最初に言っとくとJOHNNYとは俺の事デス。つまりMCU A.K.A JOHNNYとなります。内容はHIP HOP特有な自己紹介でもしとこうかいスタイル。ギター、ゴリゴリトラックの上に俺(JOHNNY)のぶち切れラップ。まさにA.K.Aな1曲にデビルホーンをあげなさい。

12. HERO
 ギソロの泣きがJOHNNY的にかなり気に入っているシット。内容は、不安、恐怖、現実、非現実・・・壊れかけた現代を誰か抱きしめてぶち壊して下さい。

13. Under My Martial Law feat.デーモン小暮閣下
 前例のないHIP HOPチューンと自負しております。デーモン閣下のやばい声にやられました。

14. A.K.A〜僕がいればいいと想う〜
 アルバムの表題曲。最初と最後のメロディーは俺(JOHNNY)が小学校の頃から温めていたもの。誰に何を言われようが、結果、自分と言う存在が自分にあればオーライな感じのシット。なかなか難しいけどね。

RELEASE

A.K.A
【初回生産限定盤DVD付】

MCU
2007/06/20[アルバム]
\3,360(税込)
BMG JAPAN
BVCR-18099/100
CD購入(Amazon)
着うた(R)配信

A.K.A【通常盤】
MCU
2007/06/20[アルバム]
\3,059(税込)
BMG JAPAN
BVCR-11103
CD購入(Amazon)

PROFILE
1973年8月1日生まれ。東京都巣鴨出身。
1997年、マキシシングル「タカオニ/カンケリ」で、KICK THE CAN CREWのメンバーとしてデビュー。
「イツナロウバ」、「クリスマス・イブRap」、「脳内VACATION」等、次々とヒット曲をリリース。また、いとうせいこうらによるユニット“ラジカルガジベリビンバシステム”にインスパイアされ、DJ TATSUTAらとともに“RADICAL FREAKS”を結成し、キャリアをスタート。その後、自らのクルー“東京U家族”をオーガナイズしアルファを見出す。
2004年7月28日、浜崎貴司とのコラボレーションシングル「サーフライダー」で、ソロ活動スタート。
2005年3月9日、THE BOOMの宮沢和史とのコラボレーションシングル「ありがとう」をリリース。
2005年5月11日、ソロアルバム『A Peacetime MCU』をリリースする。
2005年7月20日、浜崎貴司とのユニット“マツリルカ”でシングル「スーパーサマー■バイブレーション!!」をリリース。
2005年9月28日、人気モデル・アリスを迎え“マツリルカ&アリス”でシングル「ラブ・リルカ」をリリース。
2006年11月22日、シングル「nukumori」をリリース。
2007年3月21日、シングル「omoide」をリリース。
2007年5月23日、シングル「サヨナラ」をリリース。
2007年6月20日、アルバム『A.K.A』をリリース。
オフィシャルサイト