ORICON STYLE

2007年05月16日
BENNIE K SPECIAL INTERVIEW
BENNIE K SPECIAL INTERVIEW
音楽で巡る世界一周!

彼女たちがそこで発見した青い鳥とは!?
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「『THE WORLD』ダイジェスト映像」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 BENNIE Kがニューアルバム『THE WORLD』でテーマにしたのは世界を巡る音楽の旅。二人はこの作品にどんな諸国漫遊記を描きあげたのか。想像と創造、2つの力に満ちたユニークな1枚にフォーカスする。

世界中のおもしろい音楽に触れてみる
――先行シングル「Joy Trip」を作ったときから、世界中の音楽を取り上げるというテーマを決めていたとか。テーマが壮大すぎて足かせになるっていうことはありませんでした? 
【YUKI】 今回は自分たちの音楽をより広げる“何か”を求めて旅に出るっていう感じだったんですね。世界中のおもしろい音楽にまず触れてみる。それを楽しんで、ちょっとやりすぎたら戻すくらいな(笑)。そういう気持ちでやっていたので毎日旅しているようで楽しかったです。

――作っていくなかで、この国は特に難しかった、新鮮だったというのは?
【CICO】 スイスをイメージした「echo」は、こんなに透明感のある曲って今までBENNIE Kとしてやらなかっただろうなって。自分のなかのずっと開いてない引き出しが開かれたんじゃないかなと思います。
【YUKI】 あと「Matador Love」もめちゃめちゃ情熱的なラブソングで。こういう曲って今までだったらやらなかっただろうなって思う。あと「ワイハ」もこういう流れじゃないと作れなかっただろうなって(笑)。

――アメリカから始まって、ブラジル、イギリス、ロシアなどなど、世界各国を巡った旅は日本をテーマにした「青い鳥」でゴールします。
【CICO】 「青い鳥」っていうのは自分たちの居場所みたいなことを表しているんです。心の拠り所とか、自分たちの心が安まるところとか、戻るべき場所みたいな。アルバムを作るときに旅に出っ放しはないだろうって言っていて。この曲はアルバムのコンセプトにぴったりだったし、「青い鳥」と名付けたことでアルバムのなかで大きな位置を占めたと思います。

現地の匂いもしつつ、自分の匂いも出しつつ
―――ボーカル面では各民族の発声法の特徴をうまく取り入れていますね。アフリカを意識した「SAFARI」でもCICOさんの歌声は裸足で歌ってそうな力強さがあるし(笑)。
【YUKI】 ふたりともその土地の伝統的な音楽が入ったCDはよく聴いていたんです。「Passista de Samba」で私が歌ってるところはボサノバっぽくしたんですけど、ボサノバを歌っている人ってわりとこもった感じの発声が多くてそういうのを意識したりとか。でも、どれも自己流、独学で。現地の匂いもしつつ自分の匂いも出しつつっていうさじ加減でやれればなって思ってました。

――今回はどの曲にもいい意味でバーチャル感があって、だからこそ、想像力に富んだ楽しいアルバムだなと思いました。
【CICO】 ハワイで録音できた「ワイハ」以外、全部バーチャルですから(笑)。そもそも、こういうアルバムを作りたいって言い出したのも「海外レコーディングできるかも」って思ったからだし(笑)。今回はファンタジー色が強いアルバムになっていると思うんです。でも、大人になればなるほど想像力って衰えていくじゃないですか。そういうところを刺激できるアルバムになったと思う。
【YUKI】 ただその土地に行ってレコーディングするという意味ではハワイにしか行けなかったから、せめてもの抵抗じゃないけど、ブラジル料理屋さんとロシア料理屋さんと中華料理屋さんとスペイン料理屋さんには行きました(笑)。食べてるもので「あぁ、こういう具合だ」とか、そんなことを言いながら、おいしいものを食べてたんです(笑)。

(文:猪又孝)

RELEASE

THE WORLD
BENNIE K
2007/05/23[アルバム]
\2,800(税込)
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
FLCF-4180
CD購入(Amazon)
着うた(R)配信

PROFILE
シンガー・YUKIとラッパー・CICOのフィメールユニット。YUKIは中学校卒業とともに渡米し本格的なボイストレーニングを始める。CICOは高校卒業後に渡米。傾倒していたHIP HOPミュージックに没頭する毎日を送るなか、ラップの創作を開始する。そんな2人がL.Aで偶然出会い意気投合して“BENNIE K”を結成する。
2001年1月24日、シングル「Melody」でデビュー。
2004年5月8日、ミニアルバム『ザ・ベニーケー・ショウ』をリリース。収録曲「オアシス」がFM各局でパワープレイを獲得し話題となる。
2004年9月22日、シングル「サンライズ」で10位を獲得、初チャートインにしていきなりのTOP20入りを果たす。
2004年11月4日、アルバム『Synchronicity』をリリース。5位を獲得。
2005年1月〜2月、初のワンマンライブ・ツアー「-Synchronicity-QUATTRO LIVE TOUR ‘05」を東京・名古屋・大阪で行う。
2005年6月8日、「つながる瞬間に。コカ・コーラ」キャンペーンCMソング「Dreamland」をリリース。2位を獲得。
2005年9月21日、シングル「Sky」をリリース。9位を獲得。
2005年9月21日、アルバム『Japana-rhythm』をリリース。1位を獲得。
2006年8月2日、アルバム『ザ・ベニーケー・ショウ 〜on the floor編〜』をリリース。5位を獲得。
2006年11月8日、シングル「Joy Trip」をリリース。5位を獲得。
2007年5月23日、アルバム『THE WORLD』をリリース。
オフィシャルサイト
THE WORLD 特設サイト
「THE BLUE BIRD JOURNEY」