ORICON STYLE

2007年03月20日
秦基博 SPECIAL INTERVIEW
“アコギと歌”で表現された、シンガーソングライター秦基博の本質に迫る!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「僕らをつなぐもの」 配信終了  
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
アルバムのコンセプトは、アコースティックギターと歌を中心にする

――まっすぐに歌を聴かせる、ということに焦点が絞られたアルバムだなと。
【秦】
 アコースティックギターと歌を中心にするっていうことが、アルバムのコンセプトでもあるんです。飾り過ぎず、なるべくシンプルなアレンジで曲を聴いてもらいたいっていう思いがあったので。そのぶん、自分のアコギの表現には気を使いましたね。切なさだったり、楽しさだったり、自分がしっかりイメージするだけで、音色も変わってくると思うので。

――うん、その曲が持っている感情がダイレクトに伝わってきますよね。タイトル曲の「僕らをつなぐもの」は、恋人同士が歩いている映像がゆったりと浮かんでくるバラード。
【秦】
 恋人たちの10分、15分くらいの短い時間を表現してみたい、というところから作った曲なんです。月が照らす夜道を二人が歩いている。家に辿り着くまでのその帰り道の途中には、どんな感情の揺れがあるんだろう・・・っていう。それはきっと、ありふれた光景なんですけどね。

――もちろん、秦さん自身の記憶も入っていて。
【秦】
 そうですね。基本的にどの曲にも自分がで見てきた景色や、そこで感じたことが入ってきますからね。“これとこれを結び付けよう”なんて考えてるわけではないんですけど、割と自然にひとつのストーリーが出来上がるというか。「僕らをつなぐもの」は歌詞を先に書いたんです。その分、感情も伝わりやすいのかもしれないですね。

ミニアルバムを作ったことで、これからはもっと自由にやれると思う

――なるほど。カントリーのテイストが感じられる「季節が笑う」も印象的でした。
【秦】
 この曲はもともと、“スリーフィンガー”(親指、人差し指、中指を使う、アコースティックギターの演奏スタイル)の曲を作ってみようっていうところから始まっているんですよ。あまりにも真正面からやるとカントリーっぽくなりすぎちゃうから、それを自分なりのポップスにできたらいいなって。

――やりたいこと、やるべきことが客観的に見えているというか、すごく正確に自分の音楽を捉えてますね。
【秦】
 ホントはもっと衝動的に書いたほうがいいのかなと思うときもあるんですけどね。“どうしても気持が抑えきれなくて”っていうほうが、ミュージシャンらしいじゃないですか。

――(笑)。でも、そういうタイプではないんですよね、きっと。
【秦】
 そうですね・・・。よく、“ギターを手にしたきっかけは?”って聞かれるんですけど、そんなに衝撃的な出来事はないんですよ。気がつけばそばにあった、というか、家のなかにギターがあって、いつのまにか弾いていただけなので。熱くならないように自分を抑えているわけでもないんですけどね(笑)。曲を作るときは“この思いを伝えたい、同じように感じてほしい”って思っているし。

――そういうモチベーションは、アルバム全体から伝わってきます。
【秦】
 うん、自分のベーシックな部分が表現できたと思っているので。このミニアルバムを作ったことで、これからはもっと色々なことにチャレンジしていけると思うんですよ。アコースティックなものだけじゃなくて、たとえばエレキギターを全面に出したアレンジもいいだろうし。もちろん、曲に似合うっていうことが前提ですけどね。

――やっぱり冷静ですね。
【秦】
 そんなことないですよ。今朝も『ONE PIECE』の最新刊を読んで、ウルッときてたくらいだから(笑)。
(文:森朋之)
RELEASEPRESENT
僕らをつなぐもの
秦基博
2007/03/07[アルバム]
BMG JAPAN
【初回生産限定盤DVD付】
\2,310(税込)
AUCK-18017/8
CDを購入する
【通常盤】
\1,785(税込)
AUCK-18016
CDを購入する
着うた(R)配信
秦基博のサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ>
oricon power next
オリコンと音楽ファン100人が聴いて選んだブレイク期待の要注目アーティスト!!
【オリコンとUSENのコラボレーション企画】
『AE29 週間HITチャート オリコン』番組内でオンエアー!!
USEN440
SOUND PLANET
『305ch oricon』『306ch oricon-Artist Special』番組内でオンエアー!!
モバHO!305ch
モバHO!306ch
【『秦基博のどげんかせんといかん』 放送中!】
オリコンの携帯ラジオ『oricon radio』内の人気番組『Power Next for mobile』のマンスリーパーソナリティを秦基博が担当!
■OA日程
3月31日まで放送中!
■配信キャリア
ドコモ:FOMA90xシリーズのみ
au:WIN端末のみ
ソフトバンク:非対応
■配信サイト
着うたサイト:オリコンスタイル
着メロサイト:オリコンサウンド
情報サイト:オリコン音楽情報
PROFILE
1980年10月11日、宮崎県生まれ横浜育ち。
2004年1月20日、インディーズアルバム『オレンジの背景の赤い静物』をリリース。
2006年7月、『Augusta Camp 2006』にオープニングアクトとして出演し、一躍注目を集める存在となる。
2006年11月8日、シングル「シンクロ」でデビュー。
2007年3月7日、アルバム『僕らをつなぐもの』をリリース。
オフィシャルサイト