ORICON STYLE

2007年01月17日
w-inds. SPECIAL INTERVIEWw-inds. SPECIAL INTERVIEW
PLAY MOVIE
1. コメント映像
PLAY
2. PV「ハナムケ」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 1月17日にリリースされたw-inds.のシングル「ハナムケ」は、タイトルの通り、卒業シーズンには少々早いが、卒業生へのはなむけのバラードだ。新しい世界に踏み出すワクワクした気持ちとは裏腹に湧き上がる、親しい人との切ない別れのシーンを描いた歌詞に熱いものが心にこみ上げてくるようなナンバーになっている。
別れのときに聴いてほしい曲

――<見守ること それしか〜>という言葉が沁みましたよ。もう逢えないけど、でも前を向いて行こうという前向きな切なさのある曲だね。
【慶太】
 すごく理想的な世界ですよね。学校でいう卒業だったとしたら、こんな別れは理想的。僕は中学3年生のときに東京に出て来て、半年も一緒に過ごしていないクラスメイトとの卒業式で、ずっと一緒にいた人と別れるという感じじゃなかったので、こういう思いをしたことがなかったんですよ。だからこそ理想。21才の今となってより“いいなぁ”と思えますね。
【涼平】 今思い出した別れの話があるんですけど、スクールにいたときに、スタッフの中に“音楽がやりたい”って、夢を追いかけるために仕事をやめた人がいたんです。龍一は号泣してたよね。
【慶太】 それは、“君の頬に貼り付いてた一片(ヒトヒラ)の花弁(ハナビラ)”どころではないね(笑)。
【涼平】 うん。みんなあり得ないくらい号泣していて、僕ももらい泣きしたし。
【龍一】 ・・・覚えてない(笑)。僕も泣いたの?
【涼平】 え、あんなに泣いてたのに(笑)。

――卒業だけじゃなく、そういう別れを経験した人にも響く曲だね。
【慶太】
 そうですね。毎日ずっと会っていた人と、翌日からいきなり会えなくなるなんて絶対に淋しいですよね。別れまであと何日っていうカウントダウンが来るわけですよ。
【龍一】 それは淋しいねぇ。そういう瞬間はどんな形であれいつかは訪れるわけだからね。そういうときにこういう歌を聴いて頑張ってほしいです。

成長したところを見せたいと思って

――コーラスワークが凝った曲でもあるよね。
【龍一】
 そうですね。でも割と自由にやったんですよ。コーラスが大変だったのは3曲目の「勿忘草(わすれなぐさ)」。すごく難しかったんですよ。ゆっくりで綺麗なのに意外と強い曲なんですよ。でも、コーラスは強かったらダメで、かと言って裏声を使うと弱すぎる。そのバランスのさじ加減が難しかったなぁ。
【涼平】 今回は僕らのデビュー当時にお世話になっていたエンジニアさんと久々に一緒に仕事をしたんですよ。それも嬉しかったなぁ。
【龍一】 成長したところを見せなきゃと思ってシャキッとした。新たな気持ちになりました。

――へぇ。「Want ya」はライブの雰囲気で。
【慶太】
 バリバリ踊る感じの曲ですね。歌詞もちょっとセクシーで。
【龍一】 w-inds.的にも王道な3曲が集まったシングルだと思うんですよ。やれて良かった。2007年はこのシングルからスタートするけど、更なるステップアップを目指して頑張りたいね!
【慶太・涼平】 うん!

(文:大橋美貴子)
RELEASE
ハナムケ【初回盤】
w-inds.
2007/01/17[シングル]
\1,575(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-02371
CDを購入する
ハナムケ【通常盤】
w-inds.
2007/01/17[シングル]
\1,260(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-02372
CDを購入する
w-inds.Live Tour 2006 〜THANKS〜
w-inds.
2006/12/20[DVD]
\5,250(税込)
ポニーキャニオン
PCBP-51765
DVDを購入する
PRESENT
w-inds.のメジャーを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
メンバーは橘慶太(Vo)、千葉涼平、緒方龍一(共にCho&Dance)の3名。
デビュー前の2001年11月から毎週末行っていたストリートパフォーマンスが話題となり、デビュー直前の2001年3月11日のイベントでは渋谷ホコ天に8,000人を動員。
2001年3月14日、シングル「Forever Memories」でデビュー。12月19日発売のファーストアルバム、『w-inds.〜1st message〜』で初登場首位を獲得、2001年度末は各新人賞を総なめにする。
2005年6月1日、ニューアルバム『ageha』が初登場首位を獲得。
2005年7月9日〜9月11日、全国ツアー『w-inds. LIVE TOUR 2005 “ageha”』を開催。
9月24日・25日、2度目の台湾公演を台湾省・新荘市の新荘体育館にて開催。
2005年8月31日、シングル「十六夜の月」をリリース。3位を獲得。
2005年11月23日、シングル「約束のカケラ」をリリース。6位を獲得。
2006年2月22日、シングル「IT'S IN THE STARS」をリリース。初登場6位を獲得。
2006年3月15日、アルバム『THANKS』をリリース。4位を獲得。
2006年5月24日、シングル「TRIAL」をリリース。3位を獲得。
2006年9月6日、シングル「ブギウギ66」をリリース。5位を獲得。
2007年1月17日、シングル「ハナムケ」 をリリース。
オフィシャルサイト