ORICON STYLE

2006年12月06日
SPECIAL INTERVIEW
Dragon Ash
冬のDragon Ashも最高です!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2.「夢で逢えたら」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

今年の夏も海外をも含めた野外フェスに積極的に登場し圧倒的なステージを披露、“夏フェスの王者”なる称号も言い過ぎではないDragon Ash。夏のイメージが強く、実際に夏フェスが大好きな彼らですが、今回リリースしたシングル「夢で逢えたら」はしっとりとしたラブソング。カップリングの「Rainy」は、『kissmark』のCMソング。テレビでKjのスノボ姿をご覧になった方も多いでしょうが、見事なまでに冬モード。うん、冬のDragon Ashも最高です。

冬を感じさせる1枚
――実に冬を感じさせるものになってますよね。ちょっとびっくり。
【桜井】 まあ、今までこう、冬にシングル出すっていうことがなかったんでね。でも「夢で逢えたら」。出だしの口笛のちょっとした切なさがいい意味?でハマってると思う。リリースタイミングにもバッチリだと思いますね。

――これ、冬の曲を作るぞ、って決めて作ったんですか?
【Kj】 そうです。詞の内容はSteady&Co.の「オンリー・ホーリー・ストーリー」的な感じでやりました。

――ね。ちなみに皆さん冬好きなんですか?
【Kj】 好きっすよ。スノーボードやるし、やっぱ服が楽しいよ。
【BOTS】 4つの季節のなかで何が一番嫌いかっていったら冬。

――なんで?
【BOTS】 寒いから。
【全員】 ・・・・・・(しーん)。
【Kj】 オメーも寒いけどな(笑)。
【全員】 はははは!
【BOTS】 確かに今のは寒かった(笑)。まあ、寒いとかより、陽が短いのがちょっとヤなんだよなー。あ、でも好きな面もあるよ、空気澄んでるじゃん、空キレイだから気持ちいいよ。
【桜井】 おおー。俺は今のテッちゃんが気持ちいいよ(笑)。
【Kj】 ロマンチストだなー。俺は空なんか全然見ねえから。お金落ちてんじゃねえかってずっと下見てっからさ。
【全員】 ははははははは!

――(笑)ウソばっか。じゃあIKUZONEさんは?
【Kj】 ああー!馬場さんが一番嫌いそうだよ、冬。
【IKUZONE】 ん?そうね。でも家のなかは快適だから。
【Kj】 出た(笑)。
【桜井】(笑)出たよヒッキー。

――HIROKIさんは?
【HIROKI】 俺は冬好きっすよ。徹夜でレコーディングしても外が明るくなってないから。
【Kj】 ああ〜、それ分かる!
【HIROKI】 うん、外明るくなってると気分が超落ちるんですよ(笑)。夏とかなんか気まずい。
【桜井】 ははは。酒飲んでてもそうだよね。外明るいと気まずいよ。

――意外とみんな冬好きなんですね。
【Kj】 だってうちのバンド2月生まれ多いからさ。やっぱ2月生まれは冬嫌いにならないよ。

冬の夜にドライブしながら聴いてほしい
――なるほどね。じゃあダンサーチームの皆さん、このシングルをどういうシチュエーションで聴くのをオススメします?
【全員】 千葉!千葉!

――ATSUSHIさんもダンサーでしょうが(笑)。
【ATSUSHI】 僕はいいっす。僕みたいな飲んだくれのろくでなしが語る資格ないっすから。

――・・・逃げた。
【ATSUSHI】 ははは。いいから千葉!
【BOTS】 千葉!言ってやれ!

――・・・じゃあ千葉さん!
【DRI-V】 (笑)はい。・・・冬の夜に。
【全員】 冬の夜に!

――(笑)なんで全員で繰り返すのさ。
【DRI-V】 ・・・大切な人を思いながら。
【全員】 大切な人を思いながら!
【DRI-V】 ドライブとかをしてる雰囲気です。
【BOTS】 DRI-Vだけにってかこのヤロー!(笑)。
【桜井】 はははは。カンペキにまとまったね(笑)。

RELEASE PRESENT

夢で逢えたら
Dragon Ash
2006/12/6[シングル]
\1,260(税込)
ビクターエンタテインメント
VICL-36186
CDを購入する

 

Dragon Ashのサイン入り
ポラを抽選で2名様にプレ
ゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

【着うた】
Dragon Ashの着うた配信中!
携帯にURLを送る

PROFILE

Kj(Vo&G)、IKUZONE(B)、Makoto Sakurai(Dr)、BOTS(Turntable)、DRI-V(Dance)、Hiroki(G)、ATSUSHI(Dance)の7人組。
KjとMakoto Sakuraiは中学からの同級生。
1997年2月21日、ミニアルバム『The Day dragged on』でデビュー。
1999年、高校の同級生であったBOTSが正式に加入。
1999年3月3日リリースのシングル「Let yourself go, Let myself go」がスマッシュヒット。同年5月1日にリリースしたシングル「Grateful Days」は100万枚に迫るヒットとなる。
1999年7月23日、アルバム『Viva La Revolution』をリリース。約175万枚の大ヒット。
2002年1月23日リリースシングル「Life goes on」、3月6日リリースシングル「FANTASISTA」が共に2週連続で1位を獲得。
2003年、Hiroki(G)、ATSUSHI(Dance)、DRI-V(Dance)が加入。現在の7人編成となる。
2005年9月7日、アルバム『Rio de Emocion』をリリース。初登場1位を獲得。
2006年7月19日、シングル「Ivory」をリリース。
2006年9月27日、シングル「few lights till night」をリリース。
2006年12月6日、シングル「夢で逢えたら」をリリース。
オフィシャルサイト

【過去の特集】
■シングル「few lights till night」インタビュー
 『最新シングル「few lights till night」PVフル視聴&動画コメント到着!』(2006/09/27)
■シングル「Ivory」インタビュー
 『1年ぶりのニューシングル「Ivory」を語る!』(2006/07/19)