ORICON STYLE

2006年12月06日
SPECIAL INTERVIEW
Aqua Timez
バラエティ豊かな初のフルアルバムに迫る!!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

シングル「決意の朝に」「千の夜をこえて」を含む全14曲入りの1stフルアルバム『風をあつめて』をリリース。バラエティ豊かな曲調&温かい詞世界は、あなたのハートを揺さぶりまくること間違いなし!

アルバムでは、いろいろなアプローチができた
──1stアルバム『風をあつめて』の完成おめでとうございます。キャリア初のフルアルバムになるんですよね?
【太志】 そうです。これまでにミニアルバムは2枚リリースしていますけど、でもフルは初めてですね。

──完成しての現在のお気持ちは?
【OKP-STAR】 まずは発売日に間に合ってよかったな、と(笑)。11月の初めまで作業をしていたので、ちゃんと12月6日にリリースできるのかどうかって、かなりドキドキだったんですよ。内容的には“はい、これがAqua Timezですよ”って言えるような作品に仕上がったと思います。こういう曲もやるけど、でも実は、こんな曲もやるんです、みたいなことをいちいち言葉で説明しなくても、このアルバムを聴いてもらえば一発でわかってもらえるっていう。
【大介】 制作期間が本当にタイトだったんですよ。だから、よく完成したなぁって、なんか他人事のように思いますね(笑)。レコーディングを進めながら同時に新しい曲を作っていったようなところもあったので。
【mayuko】 その反対に「歩み」とか「いつもいっしょ」とか「白い森」のような路上時代から演ってた曲も収録することができて、嬉しいです。音楽のジャンルとして考えると、それぞれの曲ごとにバラバラではあるんですけど、結局は、それがAqua Timezなんだっていうか。5人が好きなことをやったらこうなった、というか。とにかく、いろいろな側面があるアルバムなので、様々な楽しみ方をしてもらえるんじゃないでしょうか。
【TASSHI】 これまではパソコン上できっちりアレンジを固めてから録ることが多かったんです。でも今回はスタジオで、その場でアレンジを組み立てて即レコーディングする、みたいな状況だった曲もあって。そういう瞬発力で勝負する感じの作り方をしたにもかかわらず、ちゃんと納得のいく作品に仕上げられたので、そのへんは満足しています。楽曲によっては一発録りに近い感じで録ってるんで、そのバンドグルーヴも楽しんでほしいですね。
【太志】 本当に、いろいろなアプローチができたなぁ、と。マスタリングが終わって聴き返して、それを強く思いましたね。

“ダメでもいい”というのは大きなテーマ
──曲調はバラエティに富んでいるけれど、しかし、ちゃんと統一感もあって。それは歌詞によるところも大きいような気がします。ほとんどの曲で“憂鬱や悩みや問題を抱えている主人公がなんとかして新しい一歩踏み出そうと奮闘している”といった状況が歌われていますよね?
【太志】 僕が歌えることって、それしかないんじゃないかなぁって思っていて(笑)。結局は自分のことを書くしかないですからね。いろいろな種類の人生を歌うことはできないわけで・・・だから自分の状況が、きっと、そういう感じなんでしょうね。

──悩んだり迷ったりすることが昔から多いの?
【太志】 はい。人から“そんなに悩まなくていいんじゃないの?”とか言われることがあるくらい。悩まなくていい方法があるのなら教えてほしいですよ(笑)。そのへんは性格なんでしょうね。

──「ハチミツ〜Daddy,Daddy〜」の中の<完璧じゃなくていいよ>という一節をはじめ“不器用でもいい。うまく振る舞えなくてもいい。ダメでもいいんだよ”といったメッセージが繰り返し登場するように感じたのですが。
【太志】 そうなんですよ。その“ダメでもいい”というのは僕にとって大きなテーマなんです。かつては僕も完璧を目指さなくちゃいけないっていう間違った考えをしていた時期があって。でも完璧さなんて目指してたら、どんどん神経がすり減っちゃうんですよね。そんなものは人間には無理なんですよ。そういうことを、いろいろな本を読んだりして学んで。ある本には“素晴らしいものを作ろうっていう目標はいいけど、でも完璧なものを作ろうとすると人間は病気になる”みたいなことが書いてあって、それで少し気持ちが楽になったりもしました。

──そういうところから「決意の朝に」の<生きてゆくことなんてさ きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ>という名フレーズが誕生したわけですね。
【太志】 はい。でもね、ほんと、そのくらいでいいと思うんですよね。完璧で優れた人間しか褒められないなんて、すごく息苦しいじゃないですか。別にダメな部分があったって、いいんですよ。
(文:大野貴史)

RELEASEPRESENT

風をあつめて
Aqua Timez
2006/12/06[アルバム]
エピックレコードジャパン
【初回生産限定盤DVD付】
\3,360(税込)
ESCL-2906/7
CDを購入する
【通常盤】
\3,059(税込)
ESCL-2908
CDを購入する

 

Aqua Timezのサイン入りポラを抽選で2名様に
プレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

PROFILE

太志(Vo)、大介(G)、OKP-STAR(B)、mayuko(Key)、TASSHI(Dr)の5人組。
2003年に結成。
東京を中心にライブ活動を行う。
2005年8月24日、1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリース。
収録曲「等身大のラブソング」に注目が集まり、発売から約半年後、チャート1位を獲得する。
2006年4月5日、ミニアルバム>『七色の落書き』をリリース。
2006年7月5日、映画『ブレイブ ストーリー』主題歌「決意の朝に」をリリース。
2006年11月22日、映画『劇場版 BLEACH MEMORIES OF NOBODY』主題歌「千の夜をこえて」をリリース。
2006年12月6日、アルバム『風をあつめて』をリリース。
オフィシャルサイト

【過去の特集】
■シングル「千の夜をこえて」インタビュー
 『勇気をテーマにした温かいミディアムチューン!!』(2006/11/22)
■シングル「決意の朝に」インタビュー
 『初登場!話題の「ブレイブ ストーリー」主題歌に迫る!』(2006/07/05)
■アルバム『空いっぱいに奏でる祈り』特集
 『ネクストブレイク期待の要注目バンドが遂に登場!』(2005/08/26)