ORICON STYLE

2006年08月16日
Ryohei SPECIAL INTERVIEWRyohei SPECIAL INTERVIEW製作秘話やメッセージなど軽快&熱いトークに注目!製作秘話やメッセージなど軽快&熱いトークに注目!
コメント映像 PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

熱くなってもいいんだよ的なメッセージを込めた
――「the LIGHT」はデビュー前からあった曲をベースにしたそうですが。
【Ryohei】
 そう。デビュー前、会社員をやってた時に受けたオーディションのために作ってた曲で、この曲のおかげで今、僕はここにいるんでいつか世に出して感謝の意を伝えたいと思いまして。当時のハングリーな歌詞の世界観を生かして、今ってクールに生きてる人が多いけどちょっと熱くなってもいいんだよ的なメッセージを込めてるんですよ。

――メロディやアレンジの方向性もその世界観から作っていったんですか?
【Ryohei】
 ですね。まずメロディは“Ryoheiコンテスト”っていうのがあって、それに優勝したBREMENっていう若いアーティストが作ったものなんですよ。

――“Ryoheiコンテスト”って??
【Ryohei】
 僕の場合、シングルを出す度にスタッフとそういうコンテストがあって、自分の曲でもそれにエントリーして優勝しないとダメなんですよ。ちなみに僕がエントリーしたメロディは今回、準優勝でカップリングになりました(笑)。

――厳しいですねぇ。
【Ryohei】
 もう闘いです(笑)。でもBREMENのメロディは彼らが今からデビューっていう、これまたハングリーな時期に書いたものでリリックの世界観とすごく合ってたんですよ。で、優勝しちゃいました(笑)。

――確かに優勝しただけあって勢いとインパクトがあります(苦笑)。でもアレンジはRyoheiさんが手がけたんですよね。
【Ryohei】
 実はアレンジもコンテストがあるんだけど、これはやらせてもらいました(笑)。

新曲は、本来あるべき形でできた
――これもまたいいです。シズル感があるというか、炭酸水みたいな発泡してる感じがあってすごく夏っぽい。
【Ryohei】
 おー、うまいこと言いますねぇ(笑)。これは80'sをイメージしてまして、ていうのも僕のガキの頃、父親の仕事の関係でアメリカにいて音楽番組ばっか見てたんで80'sはすごい好きなんですよ。で、今、テクノとUKロックが80'sぽいなと思って、この曲もその感じで作っていったんです。あとメチャメチャ意識したのは夏っぽさで“もうええやんけ、海、行け”ってそんな感じで、とにかく突き抜けるような曲にしたかったんですよ。

――カップリングの「Like This」もズバリ海をテーマにした曲ですもんね。
【Ryohei】
 これはm-floの「Summer Time Love」のアンサーソングというか、姉妹ソングってことで作った曲で、簡単に言うとサーファーが海行くのを正当化してる歌です(笑)。僕もずっとサーフィンやってるんだけど、男はマザコンだから母を求めて海に入りにいくと。でも恋愛もちゃんとしてエデンを探そうゼってそういう内容なんですよ。

――海か彼女か揺れるサーファー男の心境が的確に出てる気がします(笑)。
【Ryohei】
 でしょ?(苦笑)でも、この曲も「the LIGHT」も伝えたいのはたまにはこういう熱い曲で自分の心の叫びを聞いてみればっていう要は例えで。僕自身、今回はジャンルとかにこだわらずまず頭で鳴ってるものを具現化するっていう本来あるべき形でできたんでそういう解放感というか、魂の声を聞いて好きにやってみてもええんちゃう?っていうプレゼンをこの1枚でできればいいなと思うんですよね。

(文:若松正子)
Release
the LIGHT
Ryohei
2006/07/26[シングル]
\1,050(税込)
rhythm zone
RZCD-45405
CDを購入する
日本テレビ系『NNN News リアルタイム』エンタメSPORTSテーマソング
Present
Ryoheiのサイン入りポラを2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
Profile
幼少の頃をアメリカで過ごし、R&B、HIP HOPなど本場の恵まれた音楽環境の中で育つ。
オーディションに合格した事をきっかけに、アメリカデトロイト市にてスティービー・ワンダー・バンドのキース・ジョン他、現役プロデューサーから本場モータウンのR&Bを学び帰国。その際アメリカで制作したデモテープが話題となり、デビューへと繋がる。
2003年6月25日、シングル「Almost There」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。
2003年10月、m-floのシングル「miss you」で、m-flo loves melody.&山本領平としてフィーチャリング参加。
その他、野宮真貴、Heartsdales、hiro等、アーティストのフィーチャリングやコーラスとして参加。
2006年、アーティスト名を山本領平からRyoheiに変え、rhythm zoneに移籍。
2006年3月8日、VERBAL(m-flo)をフィーチャリングアーティストに迎えたシングル「onelove」(日本テレビ系ドラマ『神はサイコロを振らない』主題歌)をリリース。
2006年6月28日、m-floのシングル「Summer Time Love」に、m-floのLovesアーティストとして日之内絵美と共に参加。
2006年7月26日、シングル「the LIGHT」をリリース。
オフィシャルサイト