ORICON STYLE

2006年08月16日
夏の特別企画
上半期ブレイクアーティストに迫る!
いきものがかり
SPECIAL INTERVIEW
いきものがかりに5つのしつもん NEXT PAGE
 くっきりといつまでも耳に残って消えないメロディ。瑞々しく景色や感情を彩る言葉、そして歌。邦楽の心地よさをこの音楽は改めて教えてくれた。デビューシングル「SAKURA」がいきなりのスマッシュヒット、続く「HANABI」も好調ないきものがかり。“日々是成長”の現在に迫ります。

【吉岡】 今はライブがすごいですね。いろんなイベントに呼んでいただいたりしてて。
【水野】 ここ1週間くらいは特に。今朝、仙台から帰ってきたんですけど、福井、厚木、大阪、仙台と4日連続でライブやったりしてて。
【吉岡】 厚木は“鮎まつり”という地元で1番大きなお祭りで、花火が上がる日にライブをしたんですよ。しかも本編終わって、花火が打ち上がった瞬間にアンコールで「HANABI」を演奏するっていう。初めての経験でしたね。“♪HANABI〜”って歌いながら花火指差したりして。お客さんには木陰に隠れて花火はよく見えなかったらしいんですけど(笑)、すごく感動しました。

――スケジュール的にはキツそうですが、いろんなところでライブをするのは楽しいでしょう?
【吉岡】 うん、やっと楽しくなってきました。個人的にはMCとかで思い悩む部分もあって。一時期は“ちょっとライブ怖いな”って思った時期もあったりしたんですけど。
【山下】 ようやく慣れてきたかなって。やっぱりメジャーデビューしてからの場数は全然少なかったですし。インディーズの頃とはまた別物だし、東京や地元以外でライブやるなんてほぼ初めてのことだから。

――各地でダイレクトにお客さんの反応を見てどうでした?

【山下】 みんな、曲を知ってくれてるのがすごいなって。
【水野】 思うよね。一緒に歌ってくれてたりするし。タイトルコールせずに演奏しても「SAKURA」なんかは最初の歌いだしでもう・・・・・・。
【吉岡】 “ウワー!”みたいな、すごい歓声上げてくれて。「SAKURA」や「HANABI」は、みんな振り返ってくれるっていう。
【水野】 初めての場所なのにそういう反応もらえるから、すごい嬉しくて。
【吉岡】 CDにも負けないいい演奏を聴かせたいって思いますしね。

――そういう経験を得ながら日々成長してるなっていう実感はありますか?
【水野】 ありますね。自分達の力がまだまだ全然足りないってこともわかるし。一歩一歩を踏みしめて、進んでる感じはすごくします。
【山下】 ホントもっともっと、って思いますよ。いい曲を作ってCDも出したいし、ツアーを重ねてどんどんホールのような大きな会場でもやれるようになりたいし。僕ら、ホールとか似合ってると思うんですよ(笑)。

――それ、珍しいですね。最近はライブハウスにこだわるバンドが多いけど。

【山下】 だって、おばあちゃんとかにも観てほしいけど、ライブハウスだとどうしても呼べないじゃないですか。
【水野】 老若男女楽しめるっていうのが自分達の理想でもありますしね。「HANABI」がアニメのタイアップになったこともあって、小学生くらいの子もどんどん僕らのことを知ってくれてるみたいで、ライブにも親御さんと一緒に来てくれてたりするんです。家族連れで来れるライブっていいなと思って。

――なるほど、年齢性別関係なく楽しめるって、いきものがかりならではの魅力かも。でも「SAKURA」「HANABI」と順調にヒットして、じゃあ次は、と考えた時にプレッシャーを感じたりはしませんか?
【山下】 う〜ん、プレッシャーはないかな。
【水野】 俺もないです。いい曲を、っていうのはいつも思ってるけど。
【吉岡】 2人にないなら私もない(笑)!今、プリプロをしてる曲が何曲かあるんですけど、どれもかなりキャッチーで。みんなに好きになってもらえるだろうなって曲がいっぱいあるんですよ。だから不安はないですね。2人がそういう曲を作ってくれて、あとは私がそれをしっかり歌えば大丈夫って思える。

――新曲がますます楽しみなんですが。

【水野】 はい、実は10月にニューシングル「コイスルオトメ」のリリースが決定しました!(一同拍手)。
【山下】 もう廃盤なんですけどインディーズで一度リリースしたCDに入ってた曲で。
【吉岡】 3枚目のシングルはこの曲にしたいねって言ったんですよ。そしたら嘘みたいなんだけど同じタイミングでファンの方からも“あの曲の音源はないんですか?”“CDほしいです!”って声が届くようになって。ライブでもずっとやってきてて、今また、バンドとしてよりよく表現できるようになったから、そう言ってもらえるんだと思うんですけど。

――成長の証としても楽しみな1曲ですね。
【水野】 ホントぜひ楽しみにしてください!
【吉岡】 名曲です。キュンとしちゃいますから!
(文:本間夕子)
COMMENT&PV
PLAY MOVIE
1. コメント映像
PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
PRESENT
いきものがかりのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
RELEASE

SAKURA
いきものがかり
2006/03/15[シングル]
\1,223(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-2803
CDを購入する

HANABI
いきものがかり
2006/05/31[シングル]
\1,223(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-2823
CDを購入する
LIVE INFORMATION
いきものがかりの みなさん、こんにつあー!!2006
11/10(金) 札幌KRAPS HALL
11/12(日) 仙台HooK
11/13(月) 新潟CLUB JUNK BOX Mini
11/17(金) 名古屋ell.FITS.ALL
11/19(日) 大阪HEP HALL
11/21(火) 福岡DRUM SON
11/30(木) 渋谷O-WEST
その他、詳しくはこちら
PROFILE
吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G&Vo)、山下穂尊(G&Har)によるスリーピースバンド。
1999年2月、高校の同級生だった水野と山下によって結成。
水野・山下が小学1年生の時、一緒に“生き物係”をしていたことからバンド名が決まる。
同年12月、同級生の妹である吉岡が加入。地元である海老名・厚木を中心にライブ活動を行う。
2006年3月15日、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。
『DENPO115』CMソングに起用された「SAKURA」は大きな反響を呼ぶ。
同年5月31日、2ndシングル「HANABI」をリリース。初登場5位を獲得。
オフィシャルサイト