ORICON STYLE

2006年08月02日
SPECIAL INTERVIEW 清木場俊介
一歩前へと前進した新曲は、想いが込められた清木場流“応援ソング”!
清木場俊介のスタイルでちゃんといいものができた

――「believe」はサッカー選手たちに捧げる内容の作品であると同時に、清木場さん自身の“今”に重なる内容でもありますよね?
【清木場】
 いや、そう解釈する人もいるかもしれないけど、この曲に限ってはホントにサッカーのためだけに書いてますね。実は今回、難産だった理由はそこにあって。これまで単に“今、僕が伝えたいことのすべて”を唄ってたのに対して、今回はサッカー選手、日本代表に選ばれるであろう人たちに向けて書くっていう前提があったわけです。で、今までの自分だったら“そんなオトナの事情、知るか!”って感じだった気がするんだけど(笑)、なんか最近、思うんですよ。自分の欲求はもちろん満たされたほうがいいに決まってるけど、要求に応えたうえでそれができてこそプロの表現者なんじゃないかって。そんなふうに考えてしまうがゆえにどんどん自分の首を締めてしまって、一時は“やっぱり才能ないのかな?”とか考えてしまったんですけど(笑)。結果、高いハードルを飛び越えられた気がするし、“枠”みたいなものがあるなかで、ちゃんといいものができたと思うんです。しかも清木場俊介のスタイルで。

――応援歌としての条件を満たせたとしても、それだけでは作り手としての満足は得られないわけですもんね。
【清木場】
 うん。やっぱりこういう局面で清木場俊介として選んでもらえた以上、誰が唄ってもいいようなものじゃ駄目だと思ったし。もちろん自分なりのスタイルなんて、そんなに簡単に確立できるものじゃないし、それは自己満足を消化して、乗り越えたうえでやっと手に入れられるものだと思うんですよね。これから10年、20年と時間をかけて、じっくりとそういうものを作っていきたいな、と。今回は特にそうやって自分にプレッシャーをかけていたところがあるんです。やっぱり今まではEXILEという本体があって、どちらにでも転べる自分がいて、ある程度甘えてた部分もどこかにあったと思うんです。でも今は、一切そういうものがない状態。だから気持ち的にはホントに改めてデビューさせてもらったような感覚でもあったし。

理想をカタチにしたもの

――カップリング曲の「僕の毎日」もとても印象的な曲。もしかして、2枚目のアルバムに向けての準備も着々と進んでるんですか?
【清木場】
 今、やりたいことがすごくたくさんあって。たとえばこの「僕の毎日」は“30代後半とかになった頃、ギター1本でこういう曲ばっかりやってみたいな”っていう、ひとつの理想をカタチにしたものですね。実際、曲はたくさんあるんですよ。すでにアルバム2〜3枚分のストックがあって、それを録るだけの状態ではある。でも今は、むしろアルバム制作よりもライブのことを考えてますね。まだ、ほとんど誰も僕のライブを観たことがないわけじゃないですか。だから強引に前に進むことよりも、ちょっと自分自身を足踏みさせて、これまで作ってきた曲をたっぷり聴いてもらうことのほうが大事かなと思うし。地方によってはけっこう小さなライブハウスで唄うことにもなるし、ツアーは本当に楽しみにしてます。是非いろんな人たちに、清木場俊介に会いに来て欲しいですね。

(文:増田勇一)
RELEASE
believe/僕の毎日【CD+DVD】
清木場俊介
2006/08/02[シングル]
\1,890(税込)
rhythm zone
RZCD-45420/B
CDを購入する
believe/僕の毎日【CD】
清木場俊介
2006/08/02[シングル]
\1,050(税込)
rhythm zone
RZCD-45421
CDを購入する
PROFILE
1980年1月11日生まれ、山口県出身。
中学時代から始めたバンド活動を続ける一方で、ギター片手にストリートに出ては弾き語りの毎日。そんな折に地元テレビ局主催のオーディションに参加して見事優勝。たまたま居合わせたavexのプロデューサーの目に止まり“J Soul Brothers”の一員として迎えられる。
2001年、SHUN、ATSUSHI、HIRO、MATSU、USA、MAKIDAIでボーカル&ダンスユニット“EXILE”を結成。
2003年12月3日、アルバム『EXILE ENTERTAINMENT』をリリース。1位を獲得。
2004年6月30日、シングル「real world」をリリース。1位を獲得。
2005年1月1日、初のベストアルバム『SINGLE BEST』『SELECT BEST』『PERFECT BEST』をリリース。1位を獲得。
2005年1月19日、ソロ第1弾シングル「いつか・・・」をリリース。3位を獲得。
2005年8月3日、シングル「さよなら愛しい人よ・・・」をリリース。
2005年10月19日、アルバム『清木場俊介』をリリース。5位を獲得。
2006年3月29日、シングル「人間じゃろうが!/さよならの唄・・・。」をリリース。3位を獲得。
2006年8月2日、シングル「believe/僕の毎日」をリリース。
オフィシャルサイト
LIVE INFORMATION
清木場俊介ライブツアー2006(仮)が、10/21(土)Zepp Sapporoを皮切りに行われる。
詳しくはこちら

【過去の特集】
■シングル「さよなら愛しい人よ・・・」インタビュー
 『音楽を追求したいし、視野を広げていきたい』(2005/08/03)