ORICON STYLE

2006年07月05日
Aqua Timez インタビュー初登場!!
映画『ブレイブ ストーリー』主題歌で話題!心に沁みる珠玉のミディアムナンバーが到着!!

PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

小さくて、けれどとても大切な想いを普遍に変えて。「等身大のラブソング」のロングヒットで一躍話題となったAqua Timez。すでに2枚のミニアルバムを発表しているが、意外なことに今回リリースの「決意の朝に」が初シングル。彼らにとっても決意の始まりとなるこの曲を、早速語ってもらおう。
人に笑われるぐらいでいいんじゃないかなって

――表題曲「決意の朝に」は映画『ブレイブ ストーリー』のテーマソングでもあるわけですが、物語から何かインスピレーションを得たりしましたか?
【太志】 実は原作の小説は俺、読んでないんですよね。簡単なあらすじを教えてもらっただけ。知り過ぎると、映画の枠の中だけのものになってしまうじゃないですか。僕は普遍的なものを書きたかったし、それを制作サイドの方達も理解してくれて。


――じゃあ最初にイメージしたものって?
【太志】 イメージしたもの・・・、でも、僕はいつも当たり前のことを書いてるんですよね。壮大なテーマとかはなくて、結局はいちばん傍にいる人、例えば家族や友達を大事にできるかどうかだったりとか。世界とか、壮大なことを歌える自分ではないと思うし、俺が歌いたいのはそういう小さな社会のことなので。それを顕微鏡で見るみたいに、じっくり考えて言葉にするっていうホントにシンプルなことだけを大事にしてて。


――“小学生の 手と足が一緒に出ちゃう行進みたい”って歌詞とか、まさにですよね。
【太志】 そう、それってみんなガキの頃には経験してるようなことで。なんだろう、ちょっとカッコ悪いっていうか、人に笑われるぐらいでいいんじゃないかなって俺は思ってて。世の中はカッコよくなきゃいけないみたいな感じだけど、実はそのほうが楽だしね。だって“笑われるくらいがちょうどいい”って、実は強さがないと言えないと思うんですよ。そのままの自分でいるためには、それだけの覚悟がホントは必要で。でも、そうありたいって思うんですよ。人って何かしらコンプレックスを持ってると思うけど、そういうヤツのほうが強くあろうとするだろうし。あとは負の力をプラスに変える勇気が必要なだけ。その勇気があるかないかなんですよね。


ようやく自分のいる場所がわかった

──皆さんはこの曲を最初に聴いた時、どう思われました?
【大介】 曲調は今までとはちょっと違う感じも受けつつ、詞の内容はいつもの太志らしくしっかりしてたんで、そういうのを上手く引き出せるようなアレンジをしてみようと。
【mayuko】 人間が持ってる悲しい部分もたたえつつ・・・でも前向き、みたいな。そういうところがいつもの太志らしくて、それはイコールAquaらしい曲ということなんですけど。第一印象から大好きでこれは絶対いい曲になる!と思ってやりました。
【OKP-STAR】 僕はもう最初のワンフレーズでグッときてました。で、出来上がったのを聴いたらそのインパクトよりさらに全然インパクトが強くなってるんで、ホントすげえ曲だって。


──Aqua Timezの音楽って、ちゃんと“希望”というものを信じてる音楽だと思うんですよ。
【太志】 もうね、希望以外歌う必要がないんじゃないかって。悲しいことばっかりのこんな世の中なのに、そこでまた悲しいことを歌っても仕方ない。せめて歌でまず自分らの希望を作っていかないと、って。綺麗事じゃなくてホントに思ってて。悲しみを歌ってる場合じゃねえだろ的な気分はありますね。


──この曲がファースト・シングルって、すごく意味を感じます。
【太志】 うん、すごくいいと思いますね。このシングルで俺らを初めて知る人にも誤解なくAqua Timezを伝えられるんじゃないかな。自分達も、ようやく自分のいる場所がわかったというか、この先にいきたい場所がやっと見定められた気がしますし。だからこれからがますます楽しくなるだろうなって。


──この先にはツアーも控えてますしね。届けるものも、逆にお客さんからもらうものも、よりダイレクトになるでしょうし。
【太志】 やっぱり一番の交換の場所ですよね。最初の発信をするのが俺らだってだけで、ライブはみんなで作るものだから。もっともっとライブバンドになりたいね。
【OKP-STAR】 うん、ライブがあるから生きていけるって気がする。
【太志】 あなたが唯一呼吸できる場所だもんね(笑)。
【mayuko】 こっちからもお客さんの顔ってけっこう見えてて。一緒に歌ってくれてたりとか、すごく嬉しいんですよ。同じ感情を分かち合えてる実感というか。


──これから生まれてくる曲も楽しみです。
【太志】 俺らも楽しみ。ホントの意味で、これが第一章の幕開けですね。

(文:本間夕子)
RELEASE
決意の朝に
Aqua Timez
2006/07/05[シングル]
\1,020(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-2844
CDを購入する
LIVE INFORMATION
SUMMER LIVE TOUR 06

8/17(木) CLUB QUATTRO(広島)
8/18(金) Zepp Fukuoka(福岡)
8/20(日) Zepp Osaka(大阪)
8/21(月) Zepp Nagoya(愛知)

8/24(木) Zepp Tokyo(東京)
8/28(月) Zepp Sendai(宮城)
8/30(水) Zepp Sapporo(北海道)

詳しくはこちら
PROFILE

太志(Vo)、大介(G)、OKP-STAR(B)、mayuko(Key)の4人組。
2003年に結成し、東京を中心にライブ活動を行う。
2005年8月24日、1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリース。
収録曲「等身大のラブソング」に注目が集まり、発売から約半年後、アルバムチャート1位を獲得する。
2006年4月5日、ミニアルバム『七色の落書き』をリリース。
同年7月5日、映画『ブレイブ ストーリー』主題歌「決意の朝に」をリリース。

オフィシャルサイト
【過去の特集】
■アルバム『空いっぱいに奏でる祈り』特集
  『ネクストブレイク期待の要注目バンドが遂に登場!』(2005/08/26)