ORICON STYLE

2006年05月24日
GAKU-MC / 桜井和寿(Mr.Children)
スペシャルコラボレーションの新曲に迫る!
1. PV「手を出すな!」 配信終了
2. コメント映像 PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 
SPECIAL INTERVIEW
日本を代表するラッパー・GAKU-MCとMr.Childrenのボーカル・桜井和寿によるスペシャルなコラボレーション・ナンバー「手を出すな!」。今作は、GAKU-MCが司会進行役を務めるサッカー番組『サッカーアース』のイメージソングだ。
“桜井イズム”に刺激されて、俺も手を抜かねえぞ!って
――もともと、GAKUさんと桜井さんは、プライベートで草サッカーをするくらい仲がいい関係だとか?
【GAKU】 ひょんな事から一緒にサッカーをするようになったんですけど、僕はもともと大ファンだったし、サッカーマンとしての桜井君を見ていても努力の人!って感じで、遊びのゲームでもすごい真剣にやるところにも僕は本当にリスペクトできて・・・。この人の作る音楽がいつもはつらつとしているのは、どんな状況でも手を抜かないからだろうなって思っているんですよ。そんな“桜井イズム”に刺激されて、よっしゃ!俺も全てにおいて手を抜かねえぞ!って言いながら、今回のシングルのタイトルは「手を出すな!」なんですけども(苦笑)。

――この曲は実は2年ぐらい前からあった作品だとか?
【GAKU】 そうなんです。“サッカーの曲を書いてるんだけどラップを入れてもらえないかな”って電話がきたのが2年ぐらい前で。それからアレンジや歌詞が変わったりしながら完成した曲なんですよ。ジャンルは違えど、それぞれがそれぞれのポジションで自分の持っている力を最大限に出してやるぞ!って感じとか常に前向きなスピリットとかソウルとか・・・もうね、本当に刺激的で楽しいレコーディングだった。自分の持ち場に関して譲れねぇぞっていう自分の中の闘争心や情熱をめちゃくちゃかきたてられましたね。モチベーションがぐっと上がりましたよ。

――「手を出すな!」は、サッカーをモチーフにした詞でありながら、日常の色んな場面や戦争のことに対して“手を出すな!”というメッセージが刻まれてる。
【GAKU】 最初、桜井君から“手を出すな!”っていう言葉が出てきた時は、スゲエ!ってなりましたね。サッカーには“ハンド”という手を使ってはいけないルールがあるし、スポーツって競技してる人に対して僕らはどんなにファンであっても直接口を出す事はできないでしょう?世の中にはどうにもならない事っていっぱいあるし、うまくいかない事だってたくさんあるけれど、「手を出すな!」にこめられたメッセージは、皆の生活の中にもちゃんとあって、それこそ自分の持ち場をしっかりやれよ!っていう事なんだなって僕は思ったんですよ。歌詞の中にある“ピッチ”っていう言葉は、自分の職場だったり人生だったり。応援歌であり反戦歌でもあるこの曲を、たとえば試合に出る前の選手がロッカールームで聴いてくれたり満員電車に乗る前にヨシ!って気合を入れるために聴いてくれたら、すごく嬉しいですね。僕もステージに出る前に聴いちゃうかも。
まさに“マスター・オブ・セレモニー”!
――さて、GAKUさんは、4月から『サッカーアース』の司会進行役を務めていらっしゃいますね。

【GAKU】 MCってもともと“マスター・オブ・セレモニー”の事だった!って最近あらためて気づきまして(苦笑)。そうか!この番組の中の自分のポジションはまさに“MC”なんだな、と。今までラッパーとしてステージに立ってやっていた“MC”とこの番組の“MC”は、場所は違えど同じなんだと思いましたね。僕が楽しんで、その場所に来てくれた人や番組を観ている人達が楽しんで、そこで一つになれるのなら、それこそが本当の“MC”なんだなって。

――ところで、GAKUさんの予想では今回のワールドカップ・ドイツ大会の優勝国はどこですか?
【GAKU】 日本と言いたい気持ちが7割、やっぱりブラジルじゃねえかなって気持ちが2割、でもこういう時って開催国のドイツなんだろうなって気持ちが1割・・・。これで100%なんだけど、それじゃあ面白くないからアフリカの国が優勝しちゃうんじゃないの!?なんて気持ちもあって。結局は予想できないって感じですね(笑)。
(文:松浦靖恵)
RELEASE
手を出すな!
GAKU-MC / 桜井和寿(Mr.Children)
2006/05/31[シングル]
\1,200(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89173
CDを購入する
PRESENT


GAKU-MCのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
桜井和寿 (Mr.Childrenのボーカル&ギター)
1970年3月8日生
O型

1989年、Mr.Children結成。
1992年5月10日、ミニアルバム『Everything』でデビュー。
1994年、シングル「innocent world」で第36回 日本レコード大賞を受賞。以後、「Tomorrow never knows」 「名もなき詩」 「HERO」 「Sign」など数々の大ヒット・シングルを世に送り出す。
2006年5月10日にリリースしたDVD『MR.CHILDREN DOME TOUR 2005“I ♥ U”〜FINAL IN TOKYO DOME〜』はDVDチャート総合1位を2週連続で獲得。
同年7月5日には待望のニュー・シングル「箒星」(TOYOTA『トビラを開けよう』キャンペーンCMソング)をリリース予定。

GAKU-MC
1970年10月6日生
O型

1990年、幼なじみのDJ、ROCK-TeeとYOGGYと共に“EAST END”結成。
1994年、市井由理をゲストに迎えた“EAST END×YURI”が誕生。デビューシングル「DA.YO.NE」は爆発的なヒットを記録。
1998年、ソロ活動スタート。
2000年2月19日、アルバム『word music』をリリース。
日本ヒップホップのブレイクの礎を作ると同時に自らもフロントマンとして一線で活動している。
サッカーにも造詣が深く、2006年4月から日本テレビ系『サッカーアース』の司会を担当。そのテーマソングとしてMr.Childrenの桜井和寿と制作したシングル「手を出すな!」を同年5月31日にリリース。
「手を出すな!」スペシャルサイト