ORICON STYLE

2006年05月10日
plane SPECIAL INTERVIEW

1. コメント映像

PLAY

2. PV「飛行機」

配信終了

3. PV「グランドライン」

配信終了

4. PV「桜はまだ咲いている」

配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

自分の中で決めてたエリアを越えたメッセージを書けた

――これまでも音楽を聴き手に“届けたい”という気持ちは強かったと思うんですけど。今作に関してはそこから一歩踏み込んで、届けた相手に“作用したい”という気持ちが伝わってきました。
【菊地佑介(Vo&G)】
 それはあるかもしれないですね。前のシングルで「どう思う?」っていう曲を書いた時に、今までだったらあんまり書かないような歌詞でも共感してもらえるんだなっていうのが分かったし、より自分を出せるようになって。自分の中で決めてたエリアを越えたメッセージを書けた気がしますね。そこから今作の「ついておいで・・・」っていう曲などにも繋がってきてて。いつも“もう2度と無い”と思う恋愛を繰り返して、理想と現実は違ってたりもするけれど、それでも幸せはちゃんとあるんじゃないのかなって思ってることとか。だから単にハッピーな曲って、無くて。自分自身の生き方や恋愛観が濃く反映されたと思います。

――“自分を出していこう”っていう気持ちが、曲全体、バンド全体の熱気に繋がってると思うんですが。
【菊地】
 そうですね。そこが僕らが普段からセッションで曲を作ってる良さだと思うんですよ。毎日“今こういうことを歌いたくて”っていう話をしなくても、例えば<愛の戦士>って言葉が出てきた時に、そこにどんな意味が込められているのか全部じゃなくても分かってくれてるんですよね。
【久光正昭(G)】 うん、ほんとに自然体なんですよ。4人が4人の考えてることで音を出しても、結構上手いこといくんです。
【神本圭祐(D)】 このアルバムを作りながら“菊地くんが大人になったなー”とは感じましたけどね(笑)。

自分の気持ちをCDにしてゆっくり届けたい

――聴き手に“1人じゃないよ”って歌いかけてたり、ちょっと強引なほどのラブソングがあったりする今作ですが。今後どういうバンドでありたいですか。
【木田佳文(B)】
 planeの曲を聴いて人生がちょっと変わっちゃうこととかもあったり、そういうことを考えると大切にしなきゃいけないなって思うんですよね。ライブで演奏することとか、そういうところでも責任感って大事にしたいなって思います。
【神本】 バンドがどこに向かってる、とかじゃなくてplaneでひとつのジャンルを作り上げて行ってる感覚なんですよね。
【久光】 僕らの音って、特殊なんですよ。“こんなんやってるバンドおらんな”って思う。後で聴いてみると“そこでそのフレーズ?”っていうようなこととか、よくやってるんですけど。だけど凄く自然にやってることなんですよね。この4人しかできないものを、もう10年以上やってきてるんで。だからそれがまだまだ進化し続けるんだなと思います。

――そうですね。キャリアがあるぶん、ファースト・アルバムなのに既に貫禄があるというか(笑)。
【菊地】
 今あるベースをこれから壊すこともできますしね。今回みたいにアレンジャーさんに入ってもらって一緒に曲を作り上げていくこともできるし、その辺にもこだわりがないんです。

――では最後に『Slow Express』という印象的なタイトルについては。
【菊地】
 “速達/特急”って意味のある“Express”っていう言葉が、何かいいなあって思ってて。調べてみたら“表現する”っていう意味もあったんですよね。自分の気持ちを表現して相手に分かってもらいたいからこそ、きっと手紙もメールも世の中に存在してるんだなと。僕らの場合はそれをCDにしてゆっくり届けたい、この『Slow Express』というタイトルにはそんな気持ちが込められています。

(文:上野三樹)
RELEASE

Slow Express
plane
2006/05/10[アルバム]
\2,800(税込)
トイズファクトリー
TFCC-86195
CDを購入する

【楽曲情報】
01. 飛行機
02. バックバーナー
03. グランドライン
04. 夏の終わり
05. 優しい人に会えたなら
06. 秋


07. ついておいで…
08. virtual world
09. 桜はまだ咲いている
10. 波
11. ランダム

PRESENT

planeのサイン入りポラを抽選で
2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントは
コチラ

LIVE INFORMATION

Slow Express TOUR 2006
詳しくはこちら

 
PROFILE

菊地佑介(Vo/G) 1980年7月22日生
木田佳文(B) 1980年8月8日生
神本圭祐(Dr) 1981年2月5日生
久光正昭(G) 1980年7月17日生

大阪府出身、中学の同級生である4人により、1996年に結成。
2004年4月14日、ミニアルバム『laundry』をインディーズよりリリース。
2005年6月22日、ミニアルバム『seat22』でメジャー・デビュー。
2006年5月10日、1stフルアルバム『Slow Express』をリリース。
オフィシャルサイト