ORICON STYLE

2006年01月25日
RIP SLYME RIP SLYME
ニューシングル「Hot chocolate」 ニューシングル「Hot chocolate」

リップスライムからシングルとしては約1年3ヶ月ぶりのリリースとなる「Hot chocolate」が遂に到着!今作はバレンタイン・シーズンに先駆け、ちょっぴり甘くてホロ苦いナンバーに仕上がった。

5人いるからこそ、そして4人MCだからこそできること

 まずは魅惑的なスネアの音に導かれるような、軽快なイントロにワクワク!PESが手がけた個性的なトラックの上で、4人がワイルドなラップで高揚感を煽り、女の子ボーカルと絡むバースではセクシーにアプローチ。そんなホットでスウィートなニュー・チューン「Hot chocolate」には、現在のリップスライムのアイデアがボリュームたっぷりに詰まっているのだ。
 振り返ってみると昨年はアルバムとしてはベスト盤のみのリリースだったものの、夏はロック・フェスティバルで全国を駆け巡ってきた彼ら。そしてDJ FUMIYAが療養中の現在、4人のフォーメーションによるリップスライムだからこそ生まれる楽曲が、これまた刺激的なのだ。

【ILMARI】  

誰かがやれない時は別の誰かがやるっていう感じで今はやっています。誰かがイニシアチブを取る曲があるからこそ、1曲ごとに違う色が出たりするし。それは5人いるからこそ、そして4人MCだからこそできることですね。

【PES】  

もちろん今回の「Hot chocolate」に関して、他の誰かにプロデュースしてもらおうかなとかも考えたけど。(自分たちでやっても)そんなに変わらないかなと思ったんですよ。時期的にもRYO‐ZとILMARIがTERIYAKI(BOYZ)をやってくれてたから、こっち側は制作中もあんまりケツを叩かれることがなくて良かったな。俺が逆に“このペースで大丈夫!?”みたいなことを言ってたくらい(笑)。みんなでディスカッションしながら作って、楽しくやれましたね。

【RYO‐Z】  

「Hot chocolate」はトラック自体が変わってるし、刺激的ですからね。普通にラップ乗っけてかっこいいだろうなっていうのが直感でありました。

イケイケの 植木等!?

 そしてカップリングはSUのトラックによる「slowdown」。こちらはRYO‐Zいわく「アーリー90'Sな雰囲気の俺たちの得意なBPM」で作られた、SUいわく「イケイケの植木等!?」的な脱力ビートが心地良いナンバー。そして、布袋寅泰とのコラボレートでも既に話題となっている「FUNKASTIC BATTLE」も収録されている。こちらは映画『KILL BILL』のテーマでも知られるHOTEIの「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」とリップスライムの「FUNKASTIC」のBPMを合わせて、同時に鳴らしながら構築されたもの。HOTEIのギター・リフに、噛み付く
ようなトラックとラップが迫力満点!このコラボ、意外な組み合わせと思う人も多いだろうけど、実はDJ FUMIYAも布袋氏の大ファンなのだ。

【RYO‐Z】  

今回のコラボでは制作前に丁度FUMIYAと会う機会があって“こういう風にしたらいいんじゃない?”っていうリズム・パターンのアイデアなんかももらって、それを反映させたりもしたんです。もちろんその後で、布袋さんのギターの写メをFUMIYAに送ってあげましたけど(笑)。

 これは日本初の本格的な“マッシュアップ”というリミックスの手法となるそう。そんな新たなる挑戦も嬉しい今回のニュー・シングル。今年のリップスライムはアルバム制作も予定しているそうで、非常に楽しみな2006年の幕開けとなった。まずは、絶対知ってる!? あの有名なチョコレート・パッケージとのコラボ・ジャケット(初回限定)も楽しいシングル「Hot chocolate」を聴いて、メロメロにメローに、トロトロにトロけてみて!

(文:上野三樹)

PV
PLAY MOVIE

1. コメント映像

PLAY

2. PV「Hot chocolate」

配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

  RELEASE

Hot chocolate
RIP SLYME
2006/01/25[シングル]
\1,200(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCL-10250
CDを購入する

【楽曲情報】
01. Hot chocolate
02. slowdown
03. FUNKASTIC BATTLE 〜RIP SLYME vs HOTEI〜
   (TOYOTA bB CMソング RIPバージョン)

PROFILE

メンバーはRYO-Z(リョージ/MC)、ILMARI(イルマリ/MC)、PES(ペス/MC)、FUMIYA(フミヤ/DJ)、SU(スー/MC)の5名。1993年にRYO-ZとILMARIによりその母体結成。1998年、SUの正式加入により現メンバーとなる。1998年、ファーストアルバム『TALKIN' CHEAP』リリース。
2001年3月22日、シングル「STEPPER'S DELIGHT」でメジャーデビュー。
2002年、シングル「FANKASTIC」「楽園ベイベー」が共に初登場2位獲得、スマッシュヒットとなる。
2002年7月24日、アルバム『TOKYO CLASSIC』で初の首位&2週連続首位獲得。また、同年11月27日、シングル「BULUE BE-BOP」で初の首位獲得。
2003年7月20日、HIPHOP初の5万人規模の野外ライブ『SUMMER MADNESS '03』を東京・昭和記念公園で行う。
2004年、シングル「Dandelion」、「GALAXY」、「黄昏サラウンド」、アルバム『MASTERPIECE』リリース。いずれもTOP5入りを果たす。
2005年8月31日、初のベスト・アルバム『グッジョブ!』をリリース。初登場首位を獲得。
2005年12月7日、企画アルバム『“GOOD JOB!”CHRISTMAS EDITION』をリリース。
2006年1月25日、ニューシングル「Hot chocolate」をリリース。ワーナーミュージック・ジャパン RIP SLYMEサイト