ORICON STYLE

2005年11月30日
TAKUI SPECIAL INTERVIEW TAKUI SPECIAL INTERVIEW
自分に出せてない面があるんだったら、それを出そうと思えた

――「雪に願いを」は、とても美しいウインターバラードですね。
【TAKUI】 今回、佐橋(佳幸)さんにプロデュースをお願いしたんですけど、そのとき、佐橋さんに過去の曲を聴かせてくれないかって言われたんですよ。で、たまっていた曲はいっぱいあったので、デモテープをまとめて聴いてもらったら、その中で12〜13曲、佐橋さんの中で引っかかった。そこから最終的に仕上がったのが、この「雪に願いを」とカップリングの「‘Cause I MISS YOU」だったんです。カップリングはロックな曲にするっていう選択もあったんですけど、せっかく発売も11月なので、だったらもうウインターソングにしよう。そういうことやったことがなかったなら、尚更、ぜひやろうよ、と。僕も、意気込んでやっていますという意味でもそのほうがいいと思ったので、今回は2曲ともバラードという形になったんです。

――これまでのTAKUIさんのイメージとあまりにも違う1枚ですよね。それだけに、すごいチャレンジな印象を受けるんですけど。
【TAKUI】 それは、すごく言われますね(笑)。でも、佐橋さんは様々なジャンルの曲が入ったデモテープを聴いたとき、すごくビックリしたし、同時に、すごくガッカリもしたらしいんですよ。というのは、デモテープでは自分の中に降りてきたもの、浮かんできたものをそのまま作っていたのに、結局、アルバムはロックな曲だけを選んで作ってた。佐橋さんは、それをすごくもったいないと言ってくれたんです。“何で今までこれをやらないでいたんだ!?もともと自分の中にあったものを発表せずにこのままいくよりも、何でも挑戦して、表現していかないと絶対損をする。だから、これをやろう”って、プロデューサーとして、かなり説得されましたね。でも、そのとき自分でも思ったんですよ。もしかしたら、そう言ってくれる人をどこかで待っていたのかもしれないなって。それだけに、もし自分に出せてない面があるんだったら、それを出そう。枠をとっぱらった上でのリリースをしていこうって素直に思えたんです。

――じゃあ、TAKUIさんとしては、本来自分の中にあったものを出しただけなんですね。ただ、そっちの扉を開けるために、佐橋さんが背中を押してくれた、と。
【TAKUI】 そうですね。もちろんアレンジの面でも、佐橋さんはいろいろ教えてくれましたし。「雪に願いを」も、実はもっとロックなアレンジもしてみてくれたんですよ。でも、やっぱり今回のアレンジのほうが合ってた。そういうことも、すごくわかりましたね。

変わる変わらないよりも、いい曲を提示することが重要

――歌い方も、まるで語りかけるようで、今までと違いますよね。
【TAKUI】 そこも佐橋さんにプロデュースしてもらったことのひとつですね。この曲、最初はもっとキーが高かったんですよ。でも、佐橋さんが、人が聴いて一番グッとくるキーを探ってくれた。耳元で歌ってる感じにさせるには、高い声だと無理なんです。それで、こういう歌い方になったし、低い声でもボソボソ言うんじゃなく、ちゃんと語りかけているような言葉を選ぼうって一緒にゼロから作っていった。そういうことが全部合わさって、今までとは違う歌い方になったんだと思いますね。

――素直に、すごくいい曲だと思いますよ。歌もメロディーも歌詞も、とても耳に残りましたし、自然に心に沁みましたから。
【TAKUI】 ありがとうございます。佐橋さんも言ってたんですよ。グッドメロディー、グッドアレンジ、グッドリリックスにかなうものはない。変わる変わらないよりも、いい曲を提示することのほうが重要だよって。僕も、本当にそう思います。だから、この先もそういう音楽を作っていきたいですね。

(文:高橋栄理子)

COMMENT&PV
PLAY MOVIE

1. コメント映像

PLAY

2. PV「雪に願いを」

配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 
RELEASE

雪に願いを
TAKUI
2005/11/30[シングル]
\1,050(税込)
ZETIMA
EPCE-5382
CDを購入する

PRESENT

TAKUIのサイン入りポラを抽選で
2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。
プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。

その他、開催中のプレゼントはコチラ

LIVE INFORMATION
TAKUI presents 年越しスペシャルライブ「REBORN THE COUNTDOWN 05-06」

日程

会場

OPEN / START

お問合せ

12/31(土)

Shibuya O-East

20:00 / 21:00

キョードー東京 03-3498-9999

チケット料金:

\4,800(税込)

チケット発売日:

12月3日(土)

出演:

GAGAALING、SHURIKEN、and more...

PROFILE

1994年、中学卒業と同時に上京。“MAGGIE MAE(マギーメイ)”を結成。
1998年12月27日、ワンマンライブを最後に解散。その後“TAKUI”としてソロ活動を開始。
1999年10月21日、1stシングル「トライアングル」でデビュー。
2000年10月25日、1stアルバム『NUCLEAR SONIC PUNK』をリリース。
2002年6月19日、2ndアルバム『CHUNKY GOD POP』をリリース。同年10月23日、3rdアルバム『SWANKY GOD POP』をリリース。
2004年2月25日、4thアルバム『POWER TO THE MUSIC』をリリース。
2004年9月23日、5thアルバム『VIVAROCK』をリリース。
2005年11月30日、10thシングル「雪に願いを」をリリース。オフィシャルサイト