ORICON STYLE

2005年08月24日


──この夏は、どんな感じで過ごされてるんですか?
【ユイ】 路上ライヴを始めたんですよ。しかも、それは私たち2人だけで極秘プロジェクトばりにやってるんですけど(笑)。

──どういうこと? スタッフは関知してないってこと?
【ユイ】 そうです。スタッフさんたちは普通に、お客さんとして来てくれてるくらいですね。自分たちで場所を決めて、そこにいる他のミュージシャンの方々に挨拶して。
【ユカ】 看板やチラシも自分たちで作ってね(笑)。

──とっくにデビューしてるのに、どうして路上ライヴを?
【ユイ】 デビュー前にもしたいと思ってた…というか路上ライヴをしてからデビューするものだって思ってたんです。でも、やり始める前にデビューの話を頂いたので、そのままになっちゃって。だけど2人とも、やっぱりやりたかったんで思い切って始めました。
【ユカ】 それに路上で歌うことによって、もっともっと成長できる気がしたんですよ。自分たちの手で歌う環境を作り上げて、そこへ集まってくれる人たちと触れ合うことで、これまで以上に歌や楽器が成長できるんじゃないかなって。

──なるほど。実際に始めてみて、いかがですか?
【ユカ】 たくさんの人が集まってくれて嬉しかったです。
【ユイ】 みんな声をかけてくれたりして優しいんですよ。もちろんRYTHEMの存在を知らない方もたくさんいるわけじゃないですか。だから「この場所で路上ライヴをやっててデビューした人もいるんだよ。だから君たちもがんばってね」って言ってくれたり。

──デビューしてるのに(笑)。
【ユイ】 そうなんですけど(笑)。でも、そういうコミュニケーションが、すごく嬉しかったんですよ。他のミュージシャンの人が歌ってるのを見て勉強にもなりましたし。こういう場所に温かい音楽があるんだなあって実感できました。

──歌ってるとRYTHEMって気づく人もいるでしょ?
【ユカ】 やっぱり「ホウキ雲」とか「万華鏡キラキラ」とか「ハルモニア」とかをやると…。
【ユイ】 この3曲は改めて、たくさんの人が知ってくれてるんだなって感じました。曲がひとり歩きしてるっていうか。
【ユカ】 私たちのことを知らない人でも、その3曲を演り始めると“ん? これ知ってるぞ”みたいな顔をするんですよ。それが面白かったですね(笑)。

──ちなみにニュー・シングルの「三日月ラプソディー」も歌ってるんですか?
【ユイ】 もちろんです。この曲は特に路上ライヴで広めていけたらいいなあと思ってる曲なんですよ。たくさんの人たちと歌うべき曲だと感じているので。

──CDでも最後は大勢のコーラスが加わって、すごいことになってますもんね。
【ユイ】 はい。すごいことにしてみました(笑)。だから路上にぴったりだと思うんです。

──その場でCDを売ったりもしてるの?
【ユイ】 してませんよ。

──そうなの? それじゃあ宣伝にならないじゃないですか。
【ユイ】 宣伝のために路上ライヴをやってるんじゃないんです!

──あ、ごめんなさい(笑)。
【ユカ】 曲を伝えたいっていうのが一番の目的なんで。だから、いい曲だなって思ってもらえれば、それでいいんです。



──では、そんな「三日月ラプソディー」を紹介して下さい。
【ユイ】 これは2人で「ちょっとミュージカルっぽい曲を作りたいね」って話したことがきっかけで生まれました。

──歌詞がセリフの掛け合いになってて、すごく印象的。
【ユイ】 例えばディズニー映画とかって、こういうふうにセリフが歌になって、それで物語を進めていく場面があるじゃないですか。それをJ-POPでやってみたかったんです。
【ユカ】 この曲は今年の2月ぐらいに作ったんですけど。その頃って、いろいろなことをシビアに考えすぎてた時期だったんです。高校生の頃に感じてた“音楽って楽しいね”とか“ハモってるだけで幸せだね”っていう気持ちがなくなりつつあって。で、そんな状況から抜け出したいっていう想いも歌詞には込められてます。

──ファンタジックで楽しい楽曲だけど、その根底には、ちょっとシリアスなテーマが脈打っているんですね。
【ユイ】 苦しみみたいなものって、こうやってファンタジーとして歌うからこそ表現できる気がするんです。ファンタジックにくるめることで私たち自身も、もっと向き合って考えなくちゃっていう気持ちになれましたし。

──後半の〈♪何が大切なのか気付けたのなら/いい事ばかりじゃなくても/ほら強く優しくなれる〉という一節が大好きです。
【ユカ】 ありがとうございます!
【ユイ】 そこが、この歌の本質的な部分だと思います。

──そういえばCDジャケットでは歌詞にある通り2人とも三日月に…。
【ユカ】 乗っちゃいました(笑)。
【ユイ】 三日月に乗るのが子供の頃からの夢だったんですけど、ついに実現しました(笑)。
(文:大野貴史)

 

RYTHEM「三日月ラプソディー」 三日月ラプソディー
RYTHEM
2005/08/24[シングル]
\1,223(税込)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL-1649
MBS・TBS系『世界ウルルン滞在記』エンディングテーマ
CDを購入する

RYTHEMのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント!!
沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ


神奈川県在住の2人組シンガーソングライター・ユニット。ピュアでポジティブなエネルギーに満ちた女子大生。
2002年、Sony Music Auditionで後に4thシングルとしてリリースされる「一人旅シャラルラン」を歌い、見事合格。
2003年5月、「ハルモニア」でデビュー。
2003年11月、3rdシングル「ブルースカイ・ブルー」がNHK連続テレビ小説『てるてる家族』主題歌に抜擢され、話題に。
2004年5月、5thシングル「万華鏡キラキラ」がスマッシュヒット。
2004年6月、1stアルバム『ウタタネ』リリース。
2005年1月、6thシングル「ホウキ雲」がTX系アニメ『焼きたて!! ジャぱん』オープニングテーマとなり、ロングヒット。
2005年8月24日、7thシングル「三日月ラプソディー」リリース。
オフィシャルサイトへGo