ORICON STYLE

2005年08月24日

新しい試みや音楽に立ち向かう強さ

 最近のEXILEの活動には、“何だか今までと違うぞ”と思わせる何かがある。今年1月にはベストアルバム3枚を同時リリース、7月には天下のGLAYとのコラボレーションでド肝を抜いたGLAY×EXILEを成功させたのも記憶に新しい。他にもメンバー個々での活動を平行して行うなど、“EXILE”という枠にとらわれないのびのびとした音楽活動があちこちで見受けられる。そんな活動の中で今回8月24日にリリースされるのが「EXIT」。EXILEとしては実に8ヶ月ぶりとなるシングルリリースだ。そう思わせないほど何かと音楽シーンに登場していた彼らだが、今回のシングルではリセットされたような印象を受ける。1つの着地点を得て、“EXILE”としてのこれからのスタートを切るような、そんな大げさなものではないとしても“何かが違う”と思わせるEXILEのパワーが確かにそこにはあるのだ。
 EXILEが、いつもの歌唱力ですっきりと、前向きな歌詞を歌いこなす新曲「EXIT」。出口を見つけたからこそ、得られるもの、失うものを受け止めて、前へ前へと進もうという「EXIT」は今のEXILEにぴったりな曲である。新しい自分を見つけるために孤独を乗り越えなければいけないことを、彼らはすでに体得している。だからこそ、新しい試みや音楽に立ち向かう強さを手に入れることができたのだろう。“売れればいい”という単純な考えにはとらわれずに、“EXILE”としての姿勢やあり方、全ての形を彼らは重要視するようになったのではないだろうか。それが、最近の活動に見られる今までと違う“何か”の根本的なものなのかもしれない。

あらゆる角度から眺め回した彼らだからこそ踏み出せる一歩

 カップリングにはCMでおなじみの「DIAMOND」が収録されている。作詞は今まで等身大の歌詞を書き続けてきた、VocalのATSUSHI。「EXIT」同様、今まで認めることのできなかった自分を認めて、これからの新しい自分へと進もうという前向きな詞になっている。EXILEを一歩立ち位置を変えて、あらゆる角度から眺め回した彼らだからこそ踏み出せる一歩がある、ということを証明した楽曲になっている。
 毎回、オールラウンドな楽曲を見事にEXILEの色に染めてしまえる技は、すでに証明済みとなっている事実だが、その上で新しいEXILE色を加えてしまうという彼らのパワーを感じる今回の「EXIT」。“出口”というよりも“次への扉”とでも呼ぶべきこの作品は、久しぶりに届けられた6人の織りなすEXILEワールドをまた一つ違った角度から見ることができる力作となっている。さまざまなプロジェクトを成し遂げた彼らにしか響かせることができない音楽が今、まさに誕生したと言えるだろう。
(文:田井裕規)
PLAY MOVIE
1. コメント映像 play
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
EXIT【CD+DVD】
EXILE
2005/08/24[シングル]
\1,890(税込)
rhythm zone
RZCD-45236/B
CDを購入する
EXIT【CD】
EXILE
2005/08/24[シングル]
\1,050(税込)
rhythm zone
RZCD-45237
CDを購入する
日本テレビ系土曜ドラマ「女王の教室」主題歌
ニベア花王「ニベアボディ 薬用ホワイトニングストレッチアップ」
CMソング
1999年、HIRO、MATSU、USA、MAKIDAI、SASAの男性5名で結成されたヴォーカル&ダンス・ユニット。
2001年夏にヴォーカルSASAが脱退。このSASAの脱退により、新ヴォーカリストとしてATSUSHI、SHUNの2名が加わり、『EXILE』の誕生となった。
2003年11月6日、シングル「Choo Choo TRAIN」で、2位を獲得。
2003年12月3日、アルバム『EXILE ENTERTAINMENT』で、首位獲得。
2004年6月30日、シングル「real world」では、首位獲得。また、メンバーのソロ企画がスタート。
2005年1月1日、初のベストアルバム『SINGLE BEST』、『SELECT BEST』、『PERFECT BEST』で首位獲得。
2005年7月20日、GLAYとのコラボレーション・シングル+DVD「SCREAM」で首位獲得。
2005年8月24日、ニューシングル「EXIT」をリリース。
オフィシャルサイトへGo
9月24日(土) 国立代々木競技場 第一体育館 OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:キョードー東京 03-3498-9999
9月25日(日) 国立代々木競技場 第一体育館 OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:キョードー東京 03-3498-9999
9月28日(水) 大阪城ホール OPEN 17:00 / START 18:30 お問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
9月29日(木) 大阪城ホール OPEN 17:00 / START 18:30 お問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
10月9日(日) 名古屋市総合体育館レインボーホール OPEN 16:30 / START 18:00 
          お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
10月10日(月) 名古屋市総合体育館レインボーホール OPEN 15:30 / START 17:00 
          お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
10月15日(土) 仙台グランディ・21[宮城県総合運動公園] OPEN 16:30 / START 18:00 
          お問い合わせ:キョードー東北 022-296-8888
10月16日(日) 仙台グランディ・21[宮城県総合運動公園] OPEN 15:30 / START 17:00 
          お問い合わせ:キョードー東北 022-296-8888
10月22日(土) 真駒内アイスアリーナ OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:WESS 011-614-9999
10月23日(日) 真駒内アイスアリーナ OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:WESS 011-614-9999
11月5日(土) 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:キョードー北陸 025-245-5100
11月12日(土) さいたまスーパーアリーナ OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:ディスクガレージ 0180-99-3111
11月13日(日) さいたまスーパーアリーナ OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:ディスクガレージ 0180-99-3111
11月19日(土) 神戸ワールド記念ホール OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
11月20日(日) 神戸ワールド記念ホール OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400
11月26日(土) 石川県産業展示館・4号館 OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:キョードー北陸 025-245-5100
11月27日(日) 石川県産業展示館・4号館 OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:キョードー北陸 025-245-5100
12月3日(土) マリンメッセ福岡 OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
12月4日(日) マリンメッセ福岡 OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
12月10日(土) 広島グリーンアリーナ OPEN 16:30 / START 18:00 お問い合わせ:夢番地(広島) 820-249-3571
12月11日(日) 広島グリーンアリーナ OPEN 15:30 / START 17:00 お問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571