ORICON STYLE

2005年07月27日
ふんわり包み込むような透明感溢れる歌声&詞世界が印象的だったデビュー曲から一転、胸を激しく揺さぶるようなロック色の強いナンバーをリリースしたas。さまざまな葛藤から生まれたという今回の曲から彼女の新たな可能性を探ってみた。

等身大のメッセージを伝えたい

――2ndはいきなりロックテイストな曲で正直、驚きました。5ヵ月ぶりのリリースですけど、このあいだに何かありました?(笑)
【as】 はい(苦笑)。実は長年の夢がかなってデビューはできたんですけど、毎日仕事していくなかで人にものを伝えることの難しさを改めて感じてしまって…。その葛藤と共に自分の視野の狭さが浮き彫りに見えてきちゃったんですよ。今まではエルトン・ジョンとかスティービー・ワンダーとかバラードを中心とした好きな曲だけを聴いてたんですけど、プロになったからには自分の知らないものも見て聴いて吸収して、視野を広げていかなきゃなって思ったんですよね。で、ディープパープルとかハードなロックも聴いてみたらそれを楽しめる自分がいまして。そこからこういう音楽に積極的にチャレンジしてみたいなって思いが湧いて、今回はそんなとこから始まった制作だったんですよ。

――なるほど。そんなロック色の強い曲に矢野真紀さんの心の奥底を揺さぶるような、深くて濃い詞世界がまたハマってますよね。
【as】 矢野ワールドですよねぇ。矢野さんのこういう世界観が前から好きで今回、私と同じように何が正しいのか日々葛藤して生きてる人達にありのままでいいんだよって等身大のメッセージを伝えたくて作詞をお願いしたんですよ。で、上がってきた詞を見て改めてすごい方だなって。言葉の選びかたも「毒」とか私からは出てこないような強くて尖ってて、ちょっと斜めから見たような言葉が使われてて新鮮でした。頑張れっていうより、包み込んだ上で大丈夫だよって心に寄り添ってくれてる気がしましたね。

――それを歌うasさんの声も別人みたいに太く強い印象でかなり新鮮でしたけど。
【as】 本当ですか? 今までの私とはかけ離れた曲だったんで歌いこなせるか不安だったんですよ。でも出来上がってみたら自分で言うのもなんだけど合ってるかなって(笑)。感情剥き出しな感じで強めに歌ってるんだけど友達の中には“これas?”って気づかない人もいるんですよ。

前を向けそうになった瞬間を表現している

――それ、わかります。それぐらい印象違いますもん。C/Wの「暁」を聴いて、あ、やっぱりasさんだって初めて気づく(笑)。
【as】 「暁」はasらしい曲ですからね。「僕はずっと」がダークな感じならこっちは白っぽいイメージかな。テーマは別れなんだけど、その悲しみをやっと受けとめて消化して、前を向けそうになった瞬間を表現してるんですよ。その心情と夜が明ける時の微妙な空の色がマッチしてたのと、私は空を見るのが昔から好きなんで「暁」っていうタイトルにしました。実は昔から私はちょっとしたことでネチネチひとりで考えちゃう性格なんですけど(笑)、空を見上げて雲とかポカンと眺めてると悩んでるのがバカらしくなってくるんですよね。

――ネチネチ?(笑)。おっとりした感じでそんな風には全然見えないですけど。
【as】 実は貯め込むタイプです(笑)。今は仕事をしながら大学も行っててテストとか重なると生きてる気がしないぐらい忙しくなるんですけど、そういう時はテンパって落ち込んで貯めこんで自爆してます(笑)。マネージャーさんにいきなり電話で“もうダメです”とか言っちゃうんですよ。
――すごいマイナスな自己完結(笑)。7月末からインストアイベントも始まりますけど大丈夫?
【as】 デビューして初めてのライブで楽しみの方が大きいんで多分、大丈夫です(笑)。でもドキドキはしてますよ。とにかく心を込めて、一生懸命歌うので、お近くにお邪魔する際はぜひ、見に来てくれると嬉しいです。
(文:若松正子)
PLAY MOVIE
1.PV「僕はずっと」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
僕はずっと
as
2005/07/27[シングル]
\1,050(税込)
R and C Ltd.
YRCN-10100
CDを購入する
CX系『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』6月〜7月エンディング・テーマ
asの携帯ストラップを抽選で2名様にプレゼント!!沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
現在、都内の大学で芸術を専攻する大学生。
幼少より音楽に囲まれ、特に洋楽に親しんで育つ。
14歳、史上最年少で横須賀の米軍基地でライブを行ったのを皮切りに、徐々に歌の世界へと足を踏み入れ、詞を書きためる。
夢であった“シンガー”になるという決意のもと、一念発起しオーディションを受験。路上ライブの敢行など一気に活動をスタート。その存在は都内を中心とする学生よりクチコミで広がっていき、徐々にその存在が認識されるようになる。活動中に得たファンからの熱い支持を受け、10数本の学園祭へ出演を果たす。
2005年2月23日、シングル「タイムカプセル」で、待望のメジャーデビュー。
2005年7月27日、シングル「僕はずっと」をリリース。
オフィシャルサイトへGo
『asおでかけLIVE2005夏編〜宿題は早目に〜』 (ミニライブ&サイン会)

7/27(水)  START 17:30 / OPEN 18:00 渋谷ZERO GATE B1「LA FABRIQUE」
        ※チケット配布店:タワーレコード渋谷店/HMV渋谷/SHIBUYA TSUTAYA
7/29(金) ららぽーと船橋 1F センターコート(イトウミュージックシティららぽーと店) START 16:00
7/30(土) 大宮宮原ステラタウン メローペ広場 (WAVE大宮宮原ステラタウン店) START 17:00
7/31(日) HMV新宿SOUTH START 14:00
7/31(日) HMV横浜VIVRE START 17:00
8/6(土)  上新電機ディスクピア日本橋店 6F イベントフロア START 14:00
8/20(土) キャナルシティ B1F サンプラザステージ (HMVキャナルシティ) START 16:00
8/21(日) 「明日なる」ショッピングセンター内「明日なる!広場」 (イマジン) START 17:30
8/27(土) イオンショッピングセンター浜松志都呂店 1F セントラルコート (HMV浜松店) START 14:00