ORICON STYLE

2005年06月22日

いかに女の子に手に取ってもらえるかが大事なんです

――ヒット・アルバム後の新曲リリースということで、今はどんな気持ちですか?
【倖田】 やっぱり期待に応えないと、っていうのはありますね。前回のシングル(アルバムからのリカット)がコアな方向に走ったぶん、今回は「real Emotion」とか「キューティーハニー」みたいに、カラオケで盛り上がれそうな楽曲を作りたいと思ったんですよ。そういう意味では、J-POPテイストを狙ったところがすごくあります。でもサウンドがアシッドベースな感じだから、倖田來未のカッコ良さを残しながらも、J-POPな曲が作れたかなって。

――サウンドも歌詞も、これからの季節にピッタリで。
【倖田】 そうですね。元気があって、自然に笑顔になりそうな感じ。歌詞に関しては、ドラマの主題歌(TBS系『コスメの魔法2』)ってことをすごく意識しました。女の子って恋をすると、彼のためにメイクの練習をしたり、ダイエットをしたりして変身するじゃないですか。そういう“女性がキレイになっていく様”を描いたっていう感じです。

――そういう意味でも今回の曲は、より一層女性に共感してもらえそう。
【倖田】 それはいつも意識しますね。ジャケットにしても、衣装はちょっとエッチでメンズ向けになってるんですけど、シチュエーションや表情は女性スタッフが選ぶようにしてるし。いかに女の子に手に取ってもらえるかっていうところが私の中で大事なんですよ。だからカッコいい路線、セクシー路線で行きつつも、女の子にもカワイイって言ってもらえるような作品を作るように心掛けてるんです。

歌って踊って魅せるアーティストって、私のことよ!

――そのカワイイ部分を前面に押し出した曲が、2曲目の「Your Sunshine」ですね。
【倖田】 付き合い始めって、彼氏に何されてもムカつかないじゃないですか(笑)。そういうハッピーな時期を詞にしたんです。

――片思いの詞と、こういうラブラブな詞って、どっちが書きやすいんですか?
【倖田】 もともとは失恋ソングとか未練タラタラソングのほうが書きやすくて、実際そういう曲が多かったんですよ。でも、最近はラブラブな詞も書けるようになりましたね。

――作詞家としても成長したってことですかね。
【倖田】 このシングルで言うと、3曲目の「大切な君へ」なんかは、いい歌詞書いたな〜って思ってるんですけど(笑)。ラブラブな時期を終えた時に、相手のことがかけがえのない存在なんだって気付けた女性の気持ちを描いてて。だからこのシングルは、女性の変わりゆく姿がテーマになってるんですよ。

――確かにちゃんとコンセプトがあって、シングルなのに超ミニ・アルバム的な、聴き応えのある1枚だと思いましたよ。
【倖田】 ありがとうございます(笑)。倖田來未のいいところって、自分で言うのもなんなんですけど、カップリングもいいんですよ! だから2曲目、3曲目にも注目してもらって、その時の心境にあった曲順で聴いてもらえたら嬉しいですね。

――このシングルのリリース後は『a-nation'05』への出演が決まってますけど、今年はどんなステージにしたいですか?
【倖田】 今年も“やってやろうじゃないか”って感じです(笑)。先輩を含めていろんなアーティストが出演しますけど、“歌って踊って魅せるアーティストって、私のことよ!”って言えるくらい盛り上げて、“Coo(クゥー)nation”になるよう頑張ります!!
(文:池村季子)
PLAY MOVIE
1. コメント映像 play
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
Butterfly
倖田來未
2005/06/22[シングル]
\1,890(税込)
rhythm zone
RZCD-45213/B
CDを購入する
Butterfly
倖田來未
2005/06/22[シングル]
\1,050(税込)
rhythm zone
RZCD-45214
CDを購入する
TBSテレビ系ドラマ『コスメの魔法2』主題歌
2000年12月6日、シングル「TAKE BACK」でデビュー。
2002年3月27日、アルバム『affection』で、12位獲得。
2003年3月5日、シングル「real Emotion/1000の言葉」で、自己最高の3位獲得。
2004年2月18日、アルバム『feel my mind』で、7位獲得。
2004年5月26日、シングル「LOVE & HONEY」(映画『キューティーハニー』主題歌)で、4位獲得。
2004年9月8日、シングル「奇跡」で、7位獲得。
2005年1月19日、シングル「hands」で、7位獲得。
2005年2月9日、アルバム『secret』で、3位獲得。
2005年6月22日、シングル「Butterfly」をリリース。
オフィシャルサイトへGo