ORICON STYLE

2005年06月15日
これまでの“足跡”と新たな一歩を刻む“新章”を同時リリース!
森山直太朗のここまでの仕事を凝縮した1枚(正確には1枚+1枚)である初のベスト・アルバム『傑作撰2001-2005』が完成。出世作「さくら(独唱)」や数々のヒット曲はもちろん、インディーズ時代の名曲「高校3年生」のリミックス、さらには初回特典の“雲盤”に収められた“息吹”に溢れた楽曲群を含め、まさに“足跡”と呼ぶに相応しい充実した出来映えだ。さらに、新たな一歩を刻む新曲「小さな恋の夕間暮れ」も同時リリース。こちらは、懐かしい写真の風景を見るようなほのぼのとしていながらにしてキュンと切なくなる佳曲。“新章”と銘打たれたこの区切りに登場する2つの作品、初夏の一陣の風のように心をくすぐってくれることは間違いない。
PLAY MOVIE
1. コメント映像 play
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
小さな恋の夕間暮れ
森山直太朗
2005/06/15[シングル]
\1,100(税込)
ユニバーサルミュージック
UPCH-5316
CDを購入する
傑作撰 2001〜2005
森山直太朗
2005/06/15[アルバム]
ユニバーサルミュージック
【初回限定盤】
\3,059(税込)
UPCH-9181/2
CDを購入する

【通常盤】
\3,059(税込)
UPCH-1410
CDを購入する
・森山直太朗の最新インタビューはこちら
森山直太朗のサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント!!沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
2002年10月2日、アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でデビュー。
2002年11月27日、シングル「さくら(独唱)」で自己最高の首位獲得。
2003年6月18日、アルバム『いくつもの川を越えて生まれた言葉たち』で3位獲得。
2004年1月10日、シングル「太陽/声」で5位獲得。
2004年3月170日、シングル「生きとし生ける物へ」で9位獲得。
2004年5月26日、アルバム『新たなる香辛料を求めて』で首位獲得。
2005年2月、劇場公演『森の人』では、表現者としても話題を呼ぶ。
2005年6月15日、自身初のベストアルバム『傑作撰 2001〜2005』、シングル「小さな恋の夕間暮れ」を同時リリース。
オフィシャルサイトへGo