ORICON STYLE

2005年05月18日
Story
AI
2005/05/18発売
\1,200(税込)
ユニバーサルミュージック
UPCI-5013
CDを購入する



――変な言い方なんだけども、今回の新曲“Story”は「普通にいい曲」で。
【AI】 あーそうだね、もう何も考えずに(笑)。だから歌詞もトラックも、普通に「綺麗だな」みたいな。今回は「かっこいい!」とかじゃないの。

――うん。ヴォーカルも詞もすっとしてて、AI史上最高にシンプルで美しい曲だよね。
【AI】 ありがとうございますぅ(大照笑)。唄う人って、唄ってるとどうしてもハーモニーを入れたくなるんだけど(苦笑)、今回はちょっと我慢して。声1本で唄った方が、詞が伝わると思ったしねー。

――トラックもシンプルでメロが立ってるし、ある意味J-POPっぽくもあってさ。
【AI】 うん。私って元々凄い綺麗なメロディ好きだから、特に昔のJ-POPって意外に好きなの。いろんないいメロディがあって。

――例えば、誰あたりですかね。
【AI】 杏里さんとか槇原敬之さんとか桑田佳祐さんとか――唄い方やトラックを少し変えるだけで、「R&Bやヒップホップの凄い曲になりますよー」ってくらいメロディがいい!(嬉笑)。私が一番びっくりしたのは、井上陽水さんで! ♪飾りじゃないのよ涙はハッハーン、てのを偶然TVで聴いて、「何、この声!?」「この人ヤバいかもしれない」と思ってさ。

――黒だか白だか黄色だか、判別つかないクールなメロと声だもんね?
【AI】 そうそう! ジャンルを超えてる。どこにも当てはまらない感じだもんね。



――そういうAIも「怒濤の何でもあり」女だけどね、ジャンル的にさ。
【AI】 そうだね。たぶん私がこうなってしまったのは(笑)、たまたまLAから帰ってきて、たまたまR&Bが好きで、最近はクラシックでもロックでもジャズでもいろいろ音を採り入れてるからでさー。これからも「面白い」と思ったらバンバンやるし、だから最終的にどうなるかは自分でもわかってないけど。あははは。

――うん。進む道順が途中でどんどん変わってくのって、愉しいもんね。
【AI】 自分でもそういうのが好きかもしれない。人が「え!?」と思うことが大好きなの。たとえばいきなり演歌になったりとか(失笑)、そんなありえないことがもっと音楽でできたら。

――今回も逆にインパクトあるよぉ?
【AI】 あ、そうだねそうだね。でも大変だったなー、この歌詞。詰まった(苦笑)。書きたいことはわかってたんだよ――私達は本の中に出てくる登場人物で、やっぱそれを見てる人がいるわけじゃん絶対。でその人は次のページも知ってるかもしれないけど、私達はわかんないからね(笑)。だけど、「今のそのページのまんまで終わらせないでね」ってことが言いたくて。「1人じゃないから大丈夫」っていうさ。

――具体的な何かを唄ってるわけじゃないからね、今回は。大きい意味というかさ。
【AI】 そう。友達だったり周りの彼氏彼女だったりに、もしか何かあった時の自分の感情を上手く書ければいいなと思って。友達の話とか恋人同士の話とか限定せず、誰でも自分のシチュエーションに当てはめられる曲? 例えば、じいちゃん今日死にました――落ちるじゃないですか。例えば、10年付き合って婚約までした彼氏と別れました――落ちるじゃないですか。誰にでも当てはまる曲を。

――そういう繊細さと大雑把さが上手く同居してるとこが、この人の唄の魅力なんだよね。単にガサツで賑やかなだけじゃないぞ、というね。
【AI】 すいません、ありがとうございますっ(赤面笑)。いやー困ったなー。あははは!
(文:市川哲史)
2000年11月22日、BMGファンハウスよりデビュー。
2002年、Def Jam Japanへ移籍。
2003年1月29日、移籍第1弾シングル「最終宣告」をリリース。
2003年6月25日、シングル「Thank U」をリリース。
2003年7月23日、アルバム『ORIGINAL A.I.』をリリース。
2004年5月12日、シングル「E.O.」をリリース。
2004年6月16日、アルバム『2004 A.I.』をリリース。アルバムチャートで自己最高の3位を獲得。
2004年8月4日、シングル「WATCH OUT!feat.AFRA+TUCKER」をリリース。
2004年12月1日、アルバム『FEAT.A.I.』をリリース。
2005年2月9日、シングル「365 feat. DELI」をリリース。
2005年4月20日、シングル「Crayon Beats」をリリース。東宝配給アニメ映画『クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶブリブリ3分間ポッキリ大進撃』主題歌。
2005年5月18日、シングル「Story」をリリース。
オフィシャルサイトへGo
AIがMCを担当しているORICON.TVがご覧いただけます。